« 【叡電】元田中駅の戦前の旧駅の跡 | トップページ | 【叡電】初夏の風景&草花シリーズ2009 その7 »

2009.06.29

【叡電】初夏の風景&草花シリーズ2009 その6

夏至を過ぎ、すでに夏本番という暑さになってきましたので、このシリーズも、今回は、ちょっと目先を変えて、線路脇の点景にレンズを向けてみました。なにぶんはじめての試みなので、まともな写真になっていませんが、ご容赦のほどを。
*
903_39
スカートに押しつぶされそうになっている「サフランモドキ」の花
行きに、電車の窓から見かけたときは存在感があったのですが・・・・
*
724_14
電車に撥ね飛ばされそうなヒマワリの花
キワドイ瞬間でシャッターが降りてくれました(^^ゞ
*
Safuran_modoki01
花のアップです。(元田中~茶山間)
*
901_48
まるで、廃線跡のような風景(^^ゞ
草のよく生えているところと、ぜんぜん生えないところがあるのは、不思議です。やはり土壌(?)によるのでしょうか。 (茶山駅付近)
*
711_25
お地蔵様がずらりと並んでおられます。この付近は近年開発工事が絶え間ないので、土中から出てきたものをお祀りしているのでしょうか。
ちなみに、この付近の地名は「一乗寺地蔵本町」といいます。
*
pinboke_entry

« 【叡電】元田中駅の戦前の旧駅の跡 | トップページ | 【叡電】初夏の風景&草花シリーズ2009 その7 »

コメント

運行頻度の高い路線でも、線路に草が繁茂している場所があります。路盤の土が上がっている場所なのでしょうか。まさに点在、という感じでありますよね。

あまり伸びすぎると、草を巻き込んで車輪がスリップする危険があるので刈り取ったり、除草薬を撒いたりするのでしょうけれど、今のところほったらかし見たいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】初夏の風景&草花シリーズ2009 その6:

« 【叡電】元田中駅の戦前の旧駅の跡 | トップページ | 【叡電】初夏の風景&草花シリーズ2009 その7 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ