« 【京阪】ルーブル美術館展&七夕伝説 | トップページ | 【京阪・叡電】今日の小ネタ »

2009.07.04

【本】瀬戸内源氏54帖 やっと読み終わりました(^^ゞ

昨年の暮れから読み始めた、瀬戸内寂聴訳の源氏物語54帖全10巻ですが、やっと読み終わりました。

ちょっと変わった読み方で、光源氏が亡くなってからの話が始まる「匂宮」からはじめて、宇治十帖へ進み、ここで書き出しの桐壺の巻へ戻って、須磨・明石までは、一ヶ月余りで読めたのですが、ここからが大変です(笑)

世に、「須磨帰り、明石返し」という言葉があるように、このあたりまでは比較的短編で、物語の進むスピードも速いので、なんとか読み続けられるのですが、この先まだ40巻も残っていて、しかもひと巻で、文庫本一冊になるようなボリュームのある巻きもあり、また物語のテンポも遅くなって・・・・・と、ギブアップ(笑)される方が昔から多かったようです。

私も、最初ペースが速かったのは、寒い時期で外歩きが出来にくいので、本を読むのに好都合だったのと、パソコンを子供に占領されて(^^ゞ 、本を読むしかヒマをつぶす機会がなかったのが大きいです。
春になって暖かくなり、また2台目のパソコンを買って、取り合いもなくなって、読むスピードが落ちてきました。

梅雨時に入り、また外出がままならない日々が続き、やっと「幻」まで読み終わることができました。
紫の上と死別し、ふぬけのようになった源氏が最後に、光輝くような姿を皆の前に現して、一代記を終わるところは感動しました。

前にも書きましたが、何か中途半端の感じで終わっている宇治十帖に比べて、起承転結があるように思われ、源氏の死後から読み出して、死別で終わったのは、正解かなというのが感想です。

正直なところ、読み疲れしました(^^)。でも、すぐとはいいませんが、もう一度じっくりと読んでみたいところです。
*
Genji2
碁を打つ空蝉と軒端荻の親子を覗き見する源氏
pinboke_entry

« 【京阪】ルーブル美術館展&七夕伝説 | トップページ | 【京阪・叡電】今日の小ネタ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】瀬戸内源氏54帖 やっと読み終わりました(^^ゞ:

« 【京阪】ルーブル美術館展&七夕伝説 | トップページ | 【京阪・叡電】今日の小ネタ »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ