« HP更新のお知らせ(恭仁宮と当尾の石仏) | トップページ | 【京阪】宵々山 »

2009.07.12

【叡電】今月の表紙写真の今昔 (三宅八幡-八瀬遊園)

本館の表紙写真の場所とまったく同じところではありませが、数十メートル離れたところで、今昔の写真を撮ってきました。
*
Top_200907_deo202_2
1974年7月撮影 デオ202
711_27
2009年7月撮影 デオ711

当然ですが、背後の山並みと急勾配の路盤はまったく変わっていません。でも手前の田んぼは休耕地になり、35年前の場所(下の写真の左手数十メートル横)は民家になって、線路は見えなくなっています。田んぼのあぜ道も立派な舗装道路になってます。
*
711_28
昔の写真の面影がないかと線路沿いを探してみると、錆びたトラス柱に木枕木、近景は雑木林に遠景の比叡山と、その雰囲気を残したところを見つけました。
これで、電車が京都バスカラーの722号(名義だけですが、昔の202号の車籍を引き継いだ車です)がくればサイコーですね。
しばらく通ってみます。
*
711_29
pinboke_entry

« HP更新のお知らせ(恭仁宮と当尾の石仏) | トップページ | 【京阪】宵々山 »

コメント

定点撮影は色々なことを発見できますね^^。
若かりし頃は気ままに撮っていましたが、今思えばもっとシャッターを切っておくべきだったと感じてしまいます。

こんにちは。
ここ数年のデジタルカメラの普及までは、「写真」は結構「金」のかかる趣味でした。
なかなか、しょうもない被写体に、貴重な一コマを費やすのは、勇気が要りました(^^ゞ

三宅八幡~八瀬遊園間。
私は電車のことは分かりませんが、お写真を拝見して、1974年と2009年でそれほど景色が変わっていないことが嬉しかったです。

そういえば、八瀬遊園は今も健在?
それこそ五年生のころ、SK君と二人で、鉄条網みたいなところから「忍び込み」ました(わるー!)。
SK君て、だれか分かる?

そういえば、話題にするのを忘れていましたが、前外相の前原誠司氏は、私の弟(1962年生)の同級生。
つまり、われわれが五、六年のときに一、二年。
下級生の教室掃除の際、間違いなくすれ違っていますね。

笠井君へ

返事遅れてごめん。昨日の晩は飲みすぎちゃいました(笑)
さて、八瀬遊園は数年前に閉鎖になりました。いまは遊園地の敷地が会員制のホテルになってます。(エクシブ八瀬)
S君はたぶん誰だかわかるけど、公開のブログではバラすのはやめときましょう(^^ゞ

前原さんの事務所は、修学院の駅前にあって、いまでもときどき実家に戻ってきます。子供の日のお祭りでは法被着て、おみこしを先導してましたよ。
うちの妹が同級生でした。

えっ。てことは、貴君の妹様は私の弟の同級生ということに!
「カサイムツヒトって覚えてる?」と聞いてみてください。
ご記憶にないでしょうね。というのは、彼は三年生に上がる際、北白川小学校へ転校しましたので。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】今月の表紙写真の今昔 (三宅八幡-八瀬遊園):

« HP更新のお知らせ(恭仁宮と当尾の石仏) | トップページ | 【京阪】宵々山 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ