« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月に作成された記事

2009.09.30

HP更新のお知らせ「和歌山電鐡のたま電車」をUpしました。

本館の我楽多写真館に、この前の5連休に行ってきた、和歌山電鐡のたま駅長とたま電車・おもちゃ電車・いちご電車の写真をアップしました。
今回は、写真をプリクラ風(笑)飾り立ててみました。
もちろんオーソドックスな列車写真もあります。

お気軽にお立ち寄りください。
下の改札口から本館へ戻り、我楽多写真館へ進めます。
*

Itakiso_stn02a
フェンス越しに見た、伊太祈曽駅。ホームは石積み、軒飾りの付いた屋根、転轍機のだるまと時代を感じさせるアイテムがたくさんあります。駅裏は一面の田んぼであぜ道には真っ赤な彼岸花が咲いてました。
30分毎にやってくる電車の前後はたま駅長見物の観光客の歓声が聞こえますが、合間の時間は、静寂そのものです。
*
pinboke_entry

2009.09.27

【京阪】淀駅高架化と八幡市駅4番線廃止

ダイヤ改正から2週間たちましたが、遅まきながら淀駅と八幡市駅の現状を見てきました。
*
Yodo_stn01
撤去された下り線と仮ホーム (池上踏切から京都側を見る)
*
Yodo_stn02
撤去された下り線 (池上踏切から大阪側を見る)
*
Yodo_stn03
高架化された下り線を通過する特急(8006F)。京都方には引上線が設置されているので、パッと見には、複線区間と錯覚します(笑)
*。
Yodo_stn04
下り3番線に到着する2813ほかの普通淀屋橋行き。これに乗って八幡市まで一駅移動します。
*
Yawatashi_stn01
使用停止になった、八幡市駅4番線。レールはもう真っ赤に錆びています。4番線側の乗車目標や掲示類もすべて消されています。
*
Yawatashi_stn02
下り線の分岐部分のレールもすでに撤去されています。
*
Yawatashi_stn03
上のHM付き特急の最後尾のアップです。「京都岡崎」と書かれています。
右は、4番線使用停止のお知らせ。
*
Yawatashi_stn04
放生川踏切から見た駅構内の様子です。急カーブのホームとカントのかかった線路がよく分かります。
*
Yawatashi01
時期違いですが、4番線まであった頃の様子です。(2008年4月)
pinboke_entry

2009.09.26

【JR西】久しぶりの阪和線撮影

和歌山電鉄行きの行き帰りに、ひさしぶりに阪和線を撮影してきました。家族サービスの合間なので、駅撮り&お手軽お立ち台ばかりですが、ご覧ください。
*
Hanwa09
オーシャン色の117系、初めて見たような気がします。最初はこれに乗り継いで紀州鉄道も訪ねるつもりだったのですが、「家族もたま駅長を見たい!!」と言い出したので、紀勢線はまたの機会に延期です(^^ゞ
*
Hanwa10
旧新快速カラーの113系も天王寺口までやってくる列車が激減して、ひさしぶりのご対面です。
*
Hanwa03_3
雄ノ山峠を下るくろしお18号。このお立ち台は昔から有名ですが、はじめて登ってきました。今は公園の一部になってベンチや遊戯施設が建っています。海の中に突き出しているのが関空の滑走路です。右手から手前に高速道路が走って、アングルを狭めてしまってます(^^ゞ
*
Hanwa04_2
103系のモーター音は、223系や283系と比べてかなり高く、和泉砂川駅、和泉鳥取駅とあえぎながら急勾配を上ってくるのがよく分かります。
*
Hanwa06_2 
Hanwa07
Hanwa08
9月下旬の午後4時過ぎは、すでに谷あいでは薄暗いです。トンネルが続くのでヘッドライトを点した電車が行き交います。この駅の回りは桜並木で有名ですが、これからの紅葉の時期も楽しめそうですね。今度は紀州鉄道とからめて来たいです。
*
pinboke_entry

2009.09.24

【叡電】フレーム切手『京都洛北叡山電車の旅』

オリジナルフレーム切手『京都洛北叡山電車の旅』が左京区内の郵便局限定で発売されています。あまり記念切手を集めたことがないので知らなかったのですが、たまたまラジオの番組で取り上げてて、連休明けで郵便局が開くのを待って買って来ました。
*

Kinen_kitte01a
ご覧のように、なかなかツボを押さえたデザインになってます。デト1001まで取り上げられているのは、ちょっとマニアチックですね。

発売方法など詳しくは、郵便局のHP
pinboke_entry

2009.09.22

【和歌山電鐡】駅長タマを見てきました。

和歌山電鐡のタマ駅長を見に行ってきました。
Wakaden02
Wakaden03
いやはや、聞きしに勝るモテモテぶり、京阪神はもとより遠く名古屋・東京方面からも新幹線や自家用車で、この和歌山のローカル線の終点駅を目指す人が、引きも切れません。
家族連れや鉄道ファンはもとより、若いカップルや学生さんのグループ、OLさんに、おじさん・おばさんも「かわぃぃ~」とか「タマちゃんこっち向いてぇ」とか言ってカメラの放列です。
下手な芸人よりよっぽど集客力があります(笑)。鉄道会社としては、まさに「たまさまさま」といったところでしょう。スーパー駅長の称号を貰ったのもうなづけます。
*
Wakaden05
Wakaden04
Wakaden06
さらに、あの水戸岡鋭治氏のデザインの「いちご電車」「おもちゃ電車」「たま電車」のエクステリア、インテリアのすごいこと(@_@)
これは、単なる客室テザインというより、まさに「おもちゃ箱をひっくり返したような」という表現が当たっているすごい乗り物です。
*
Wakaden01
全部のデザインを写してきたわけではありませんが、和歌山駅に停車中のたま電車の座席で想像してみてください。
*
pinboke_entry

2009.09.21

【叡電】叡山線系統に臨時列車運転

今日は、叡山本線系統に臨時列車が運転されています。
午後3時半現在で、定期列車の5分~10分の続行で、2列車確認しました。定期列車の時刻変更は無いようです。また、駅の掲示や案内は気がついた範囲では、一切ありませんでした。
*
723_16
出町柳駅2番ホームに停車中の臨時「八瀬・比叡山口」行き。3番ホームの鞍馬行きと、画面には写っていませんが、1番ホームの定期列車の3本が並んでいます。
*
712_22
元田中駅での臨時列車同士のすれ違い。上りの712号は、光って見えませんが「臨時」の方向幕と「出町柳-八瀬・比叡山口」の行き先表示版を掲示しています。
723号と幕と板の内容が逆転してるのが面白いです。
*
723_17
修学院駅へ折り返してきた臨時列車。増発されるだけって、かなりの乗客があります。
*
712_23
修学院駅に到着する、臨時列車。この写真では方向幕と板の関係がよくわかります。
事前にアナウンスの無い本線系統の臨時列車を見たのは久しぶりです。お盆の特別ダイヤのデオ700型の連結運転は見逃した(^^ゞ だけに、この行先板付き電車を見られてホッとしてます。それにしてもみなさん情報が早いですねぇ。修学院駅でも私の他に、2名もギャラリーが居られました(笑)
それに比べて、途中駅では、地元の人は電車の来る時間をだいたい覚えているので、臨時列車に乗ってくる人が少ないのが対照的です。
pinboke_entry

2009.09.20

【叡電】午後のえーでん

今日も抜けるような青空が広がって、絶好の行楽日和です。叡電も、鞍馬方面のハイキング客を満載して走ってます。
今日のお散歩は、チャリで、午後から出動です。
*
Syusyako21

とりあえずは、車庫の回りを一周して、運転中の電車を調べます。ヌスビトハギが紫の花を咲かせています。半分くらいはすでにひっつき虫になっています。子供の頃はズボンにいっぱい付けてよく親に怒られました(^^ゞ
*

711_30
工場棟の扉が開いているので、「また京都バス塗装車が減るのかなぁ」と思って近づいてみると、711号車が入場中でした。新塗装第1号として登場(2005/10)以来はや四年が経過して、再塗装の時期を迎えたようです。
*
815_36
まだ刈り取っていない田んぼを求めてまた、岩倉まで来ました。一枚だけ黄金色の田んぼを見つけました。モロ逆光の悪条件ですが、画像ソフトで修正すると秋の午後らしい感じになりました(^^)v
*
901_58
木野駅のSカーブです。ここも完全にお日様と睨めっこです。
今度は、油絵風に仕上げてみました(^v^)
*
811_36
精華大前付近で、ススキヶ原を見つけました。
フィルムカメラ時代は、逆光のススキヶ原の撮影は、なかなか難物だったのですが、今はテキトー(^^ゞに写して、帰ってからパソコンで、慎重に(笑) 調整すれば、秋の風景写真のイッチョ上がり!! 便利な時代になりました。
*
pinboke_entry

2009.09.19

【叡電】今朝の叡電

秋の5連休が始まりました(^o^)
天高く馬越える秋空に誘われて、朝飯前の散歩に行ってきました。
*
723_14
酔芙蓉が、朝から真っ赤な顔をしています。
*
901_57
手前の白い花は、今朝咲いたもの、夕方には赤くなってしぼみます。後ろを通る電車も真っ赤です(^^)v
*
813_18
今年こそは、黄金の波をわたる叡電を写そうと田んぼへ出かけましたが、また数日遅れで刈り取られてしまってました(^^ゞ
あぜのヒガンバナとツユクサがきれいです。
*
723_15
811_35
731_25_2
野草の花の写真は、カメラ目線とぼかし具合が難しいです。今年はローアングルで狙ってみました。
刈りたてのたんぼのフガフガした土の上で中腰で撮影するのはしんどいです(^^ゞ 三脚を立てられれば良いのですが、場所柄ちょっと無理なので・・・・

去年の今頃の作品はここ。
一昨年のはここ。 ←まだデジイチを持ってなくてコンデジで撮影です。
*
pinboke_entry

2009.09.18

【京阪・叡電】10/3 鴨東線開業20周年イベント開催

京阪の鴨東線が来る10月5日にめでたく開業20周年を迎えます。
京阪・叡電の駅ポスターやホームページによれば、記念式典や記念グッズの発売などのイベントが予定されています。

主なものは、
・京阪電車と叡山電車に「記念ヘッドマーク」を掲出 10/01~11/01
・記念ヘッドマークの交換式 10/03 10:00から
・鴨東線開通20周年記念グッズ(入場券、メダル)を発売 10/03 9:00~
などです。

当然、行く予定をしていたのですが、なんと当日は子供の学校の運動会しかも子供の出る種目は、午前11時前後、9時からの記念切符の発売は問題ないとしても、10時からのHMの交換式は、ちょっときついですね(^^ゞ
*
200710_demachi01
この写真は、本館のトップ写真集の2007年10月に既出ですが、開業初めての週末の出町柳駅の様子です。コメントも再掲しておきます。

1989年10月5日、京阪鴨東線(三条-出町柳)が開業し、洛北と京阪沿線が直結しました。昭和初期以来、何度も計画され一時は工事に着手したこともありましたが開通には至らず、地元では幻の電車とまで陰口を叩かれ続けていました。それがバブルの恩恵(?)を受けて、とうとう平成に代替わりした年にやっとつながったのです。
市電の廃止で鉄道ネットワークから切り離され、バスや地下鉄にお客を奪われ、「いよいよ田舎電車もこれまでか?」と思わせるほどの乗客減少に悩んでいた電車が、急に息を吹き返し、平日は通勤・通学に、休日は観光鉄道にと、復活するきっかけになりました。以後、電車の新造、施設の改良と発展していくのはご存知の通りです。
200710_demachi03 開業初日は平日で駆けつけられませんでしたが、次の週末を利用して東京から帰省しました。写真をみるとみな長袖に上着を羽織っています。当日の新聞を読んでみると「鴨東線開業・叡電も週末で大賑わい」という記事と並んで「寒気団が日本列島をおおい各地でこの秋最低の気温」という記事が出ていました。納得です(^^♪
写真は、昼過ぎの出町柳駅です。2番ホームにはデナ21の2連が止まっています。行灯式の行き先表示機もなつかしいです。拡大写真をみると良くわかりますが、まだ岩倉以遠が単線の時代で「岩倉」「宝ヶ池接続」など今ではみられない行き先が出ています。地下の京阪ホームでも3000系の特急が巾を利かせていました。
(1989/10/09)
ここから、お願いです。

もし、学校行事を優先ということになって、イベントに参加できなくなったときに、記念切符の買出しと、イベントの記念撮影をお願いできる方を募集します。
ただし、グッズの郵送費のみ当方で負担いたしますが、交通費、食事代等は応募者にてご負担ください。
と、いう虫の良い条件を飲んでいただける奇特な方がおられましたら、メールくださいませ<m(__)m>

*
pinboke_entry

2009.09.15

新幹線公園へ行って来ました。(お父さん編)

子供たちの目には、新幹線も電気機関車も、「でっかいプラレール(^^)v」といったところですが、お父さんの目には、当然なつかしの保存車両として映ります。
*
0_kei01
デッキに張られた昭和59年10月改正の東海道山陽新幹線時刻表。この車両は昭和59年10月27日に廃車されたそうなので、現役最後のダイヤです。
まだ「のぞみ号」はもちろん100系も走ってなくて、掛川、三河安城、新尾道、東広島、厚狭などの駅名もありません。
*
Ef15_01
EF15-120号機の運転台。 実は、電気機関車の運転台に入ったのは初めてです。SLは梅小路でいくらでも見られるのですが、旧型電機の保存車で車内に入れるところは少ないようです。
*
Ef15_02
機械室の様子。廊下はかなり狭いです。運転中はかなりの騒音だったんでしょうねえ。
*
Ef15_03
運転席の背後の壁は木製です。機関車というと鉄の塊のような印象がありますが、廊下の床も壁も木材が使われています。昭和20年代製なので、半鋼製でも当然なんですけど意外な気がしました。
*
Ef15_04
線路脇から写真を撮っているぶんにはあまり気になりませんでしたが、旧型機関車の作業環境は、あまり良好とはいえなかったのを初めて知りました。利用者はもちろん運転・保守の担当者も新型に置き換えられたときは「ホッ」とされたのでしょう。
いまだに、古い車両を大切に使われている鉄道各社のみなさんへ感謝しなければいませんね。
*
pinboke_entry

2009.09.13

新幹線公園へ行って来ました。(家族連れ編)

大阪の摂津市の新幹線鳥飼基地の近くにある、「新幹線公園」に行ってきました。
*
Shinkansen_koen01
モノレールの南摂津駅で降りて、しばらく歩くと新幹線の鳥飼基地の前を通ります。ちょうどC28編成が留置線に入ってくることころが見れました。ちなみにこの基地の名前は、「大阪第一車両所」とばかり思っていたのですが、この夏から「大阪仕業検査車両所・大阪修繕車両所」に分離・名称変更されたそうで、看板類がすべて書き直してあるのが目に付きました。
*
Shinkansen_koen02
大阪貨物(タ)駅のコンテナの山を横目にみながら数百メートル歩くと公園に着きます。0系新幹線とEF15の2両が保存されていて、どちらも第2、第4日曜日に公開されます。
初期の0系の広窓から貨物駅をみると東海道線の西浜松か東静岡付近を走っている気分になります。
*
Shinkansen_koen03

今見ると、陳腐で簡素(失礼)なアコモですが、子供心には「夢の超特急」に見えました。
*

Shinkansen_koen04
運転台の装置も、最近の電車にくらべてアナロク゜っぽいですね。運転台にも灰皿があるのが時代を感じさせます。
*
Shinkansen_koen05
こちらは、EF15の運転台。貨物駅をバックにシチュエーションも満点です。マスコンのハンドルは意外と重くて長い貨物列車を引っ張っている気分になれます。
(お父さん編へ続く)
*
pinboke_entry

2009.09.11

HP更新のお知らせ「我楽多館に山科大カーブ」を掲載開始

本館の我楽多写真館に、先週末の山科大カーブの俯瞰写真をアップいたしました。
たまたま通った「東京メトロ10000系」の甲種輸送列車なども載せてますが、基本的には、オーソドックスな遠望写真ばかりです(^^ゞ
これは、管理人の好みですのでご了解ください<m(__)m>

下の改札口から本館へ戻り、我楽多写真館へ進めます。
*

Yamashina02
山科駅のホーム京都寄りに穿たれた「安祥寺隧道」。地元の人は「マンポ」と呼んでいます。それにしても大正時代の建造物でもまだレンガが主要な躯体資材として使われていたのですね。あるいは、目に見えるところだけに装飾用として使われたのかもしれませんが?
このあたりの真相は鉄道工学史の本を探せば出ているのでしょうが、文系の管理人にはさっぱり見当がつきません(^^)
*
pinboke_entry

2009.09.09

水都大阪2009 灯りプログラム

大阪中之島公園一帯で開かれている、「水都大阪2009」の灯りプログラムを見てきました。
*
Suito_osaka02
難波橋からみた、会場の様子です。写真が小さいので見にくいですが、歩道のうえに竹のアーチを渡し、そこに金属製の短冊をぶらさげて光のトンネルを作ってあります。
*
Suito_osaka03
会場の入り口に鎮座する廃品(?)で作った「金チヌ」のオブジェです。
*
Suito_osaka04
アート船「ラッキードラゴン」 夜なのですでに寝ているようですが、昼間は鎌首を上げて、川面を見下ろし、さらに 火を噴くバフォーマンス を見せてくれます。
*
Suito_osaka05
木製のオブジェのライトアップ
*
Suito_osaka06
真っ暗な川原に無数に立つ「かざぐるま」のオブジェ。ちょっと不気味です。
*
Suito_osaka07
これも廃品のペットボトルで作られたドラゴン。昼間は家族連れを対象とした、廃品オブジェの工作教室も開かれるそうです。
*
Suito_osaka08_2
極めつけはコレ!! 京阪天満橋の船着場に浮かぶ、巨大なアヒル君。オランダの若手アーティストF.ホフマン氏の作品「ラバーダック (Rubber Duck)」だそうで、高層ビルをバックに夜空に浮かび上がっています。高さ9.5m×幅8mという巨大な子アヒルのオブジェです。

イベントは、10月12日まで続くので、今度は明るい時間帯に見てみたいです。
詳しくは、「水都大阪の公式HP」へ*
*
pinboke_entry

2009.09.08

【叡電】初秋の岩倉1号踏切付近

7月に梅雨晴れの「岩倉1号踏切」付近のレポートをお届けしましたが、田んぼも色ついてきた頃合いなので、週末にまた見に行ってきました。
*
901_56
田んぼは見事に色つき、なんと案山子が立っていました。まわりの田んぼは、みんなビニールテープやナイロンネットで、鳥除けしているのに、ここだけ案山子とは珍しいです。
電車の乗客も目ざとく見つけて「あっ、かかしだ!」とつぶやいてるかもしれませんね(^^)
*
802_20
この日は、カンカン照りになったり、急に太陽が雲に隠れたりで、非常に撮影しにくい日でした。
*
903_48
岩倉川の川べりに半ば野生化したキバナコスモスが風に揺れていました。オレンジのきららによく似合います。
*
801_18
花は揺れるし、電車も動くし、ちょっとどこにピントが合っているのかわからない写真になってしまいました(^^ゞ
*
802_21

先ほど鞍馬へ上っていった802号が戻ってきました。40分なんてあっというまです。暑いので、コンビニによって涼んで帰ることにしましょう(笑)
*

pinboke_entry

2009.09.06

【京阪・叡電】今日のスナップ(三条・出町柳・修学院)

昨日の、山科撮影会の行き帰りのスナップです。
*
Syugakuin03
一番電車の発車を見送るおばさん。
近所の方が早朝から駅の掃除をされています。朝早く出かけるたびに頭の下がる思いがします。 
Sanjyo04a
Demachi23a
京阪各駅の案内所のイラストステッカーが「お月見」バージョンに変わりました。
(上:三条駅、下:出町柳駅)
Demachi11
叡電出町柳駅のパンフレット置場が充実(?)しています。沿線案内はもちろん、嵐電、近鉄、京阪、大阪モノレール、阪急、阪神、南海各社のパンフが置かれています。
Syugakuin02

極めつけは、えーでんの車内で見かけた「鉄子」さん(^^)
出町柳で電車を撮影されてるのを見て、「へぇ~、ええカメラ持ったはるわ。」と思って見たのですが、発車するとすれちがう列車やはては、運転席の機器や運転士さんの操作する手元までアップで撮影(^v^)

今朝の、ネットニュースで『フツーの女子に 「鉄子」が急増殖中』との記事が配信されてますが、この方は、筋金入りの「鉄人」さんかも?
*

pinboke_entry

2009.09.05

【JR西】山科大カーブの東京メトロ甲種輸送と国鉄色

朝はかなり涼しくなってきましたが、それに連れて日の出もどんどん遅くなっています。6時台の列車を撮影できるのも、次の5連休がぎりぎりなので、早起きして山科へ行ってきました。
*
Yama0623_kosyu
実は、ぜんぜん下調べしてなかったのですが、今日は日立笠戸から東京メトロの甲種輸送が東上する日でした。5月頃から何度か行こうと思ってたのですが、雨だったり、起きれなかったり(^^ゞで、延び延びにしてました。ラッキーです。ギャラリーは3名、散歩のひとも足を止めて見物してました。その中のひとりが「故障した電車が車庫へ引っ張られていくのか?」と言ったのが面白かったです。見方によっては、そうも見えますね(^^)

構図はばっちり決まりましたが、一瞬風のイタズラか、夏草が画面に入り込んで機関車を撫でたのが惜しいです(~_~)
*
Yama0703_117
Yama0824_113
Yama0833_rai3
その後は、もともとの予定の国鉄色の113系、117系、485系をメインに撮影しました。3月の改正前に比べて、国鉄色はだいぶん減っています。ラッシュ時の113系はすべてカフェオレ色との混結、485系の雷鳥も一本だけ、EF66、EF81もJR貨物色ばかり来ました。

「何時までも来ると思うな国鉄色!!」 「昭和も遠くなりにけり(^_^;)」です。
*
この他の釣り物は、編集して本館の我楽多写真館にアップしますので、後ほど、ご覧ください。
*
pinboke_entry

2009.09.04

【叡電】ほか6私鉄が「全国登山鉄道パーミル会」結成へ

ネット配信の京都新聞の記事叡山電鉄のHPによれば、叡電をはじめ急勾配の路線をもつ6私鉄が、「全国登山鉄道‰(パーミル)会」を4日に結成して、山岳鉄道の魅力を発信して乗客誘致に乗り出すそうです。

他の参加社は、大井川鐡道、箱根登山鉄道、南海電気鉄道、神戸電鉄、富士急行です。
箱根登山や大井川の井川線となれば、さすがに「登山鉄道」のイメージですが、他の4線は、急勾配はあるがそれが、集客手段になるとは思っても見ませんでした。この先、どんなイベントがあるかわかりませんが、たとえば、急勾配の途中で電車を止めて、角度計で傾きを測ったり、坂道発進を体験するツアーなんか面白いかも(笑)
*
813_17
50パーミルの急勾配を登るデオ813+814 貴船口~鞍馬間。
併走する鞍馬街道の十王橋から撮影。
橋はほぼレベルになっているので、傾きがよくわかります。2両編成の前後30mでは1.5mの差が生じます。運転士さんの足元が車掌さんの肩先くらいになる勘定ですね(*_*)
*
pinboke_entry

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ