« 【京阪・嵐電】鴨東線開業カード&帷子ノ辻駅記念乗車券 | トップページ | 洛北・曼殊院の早やもみじ »

2009.10.26

左京区の鉄道展

日曜日に、左京図書館で開催中の、「左京区の鉄道展」を見てきました。
鉄道友の会京都支部の協力で、左京区の鉄道の今昔の写真展示やHOゲージの車両展示と運転会があります。
*
Sakyo_tethudo01
市電東山線や京福電鉄時代の叡電の貴重な写真展示です。
著作権の関係もありあまり鮮明な接写写真をお見せできないのが残念です。
*
Sakyo_tethudo02
こちらは、左京区内を走る(走った)電車の1/80模型です。
下段手前から、叡電デト1000型、デナ1型、21型、500型、デオ300型、600型、700型、800型、京阪8000系、京阪2600系、京都市交10系、京都市電1800型他。
中段は、叡電900型と京都バス、叡電八瀬駅の開業当初の様子です。
*
Sakyo_tethudo03
会議室では、HOの運転会も開かれます。午後から一般公開ですが、午前中の試運転の様子を見せてもらってきました。単線の築堤上を走るデオ721の姿は、鞍馬線の急勾配区間をよくイメージされてます。
*
40nendai_tethudo_fuukei_2 他にも、鉄道図書を集めたコーナーもあり、普段なかなか手の出ない高価な(笑) 写真集や資料集を何冊か借り出してきました。

中でも、J.WALLY.HIGGINSさんの「発掘カラー写真 昭和40年代の鉄道風景 東日本編、西日本編」はすごいですね。まえに、昭和30年代のシリーズを見ましたが、その時は、「昔の写真」といった印象でしたが、40年代は、まさに「自分たちの時代」という感じで一気に見てしまいました。自分で乗ったり写真を撮ったりしたものはもちろんですが、雑誌やテレビで身近に見られた私鉄電車たちの鮮明なカラー写真は、国鉄車両に偏った(失礼)編集が多い中で、私鉄ファンとしては見逃せない一冊でした。

西日本編は、巻頭が京都市電、その次が京福叡山線・鞍馬線、続いて京阪電鉄と京都人はうれしい配列です。表紙写真が名鉄7000系なのは、編集者の白井明氏に敬意を表しているのでしょうね(笑)
*
pinboke_entry

« 【京阪・嵐電】鴨東線開業カード&帷子ノ辻駅記念乗車券 | トップページ | 洛北・曼殊院の早やもみじ »

コメント

 こういう地元に根付いたイベントは良いですよね。模型もすばらしいものが並んでいますね。
 写真集、仰るように自分の生まれる以前の時代はまったく未知の世界で感動がありますが、子供の頃に見た電車は時代を共有したという想いが溢れてくるので、これはこれで感動しますね^^。

子供のPTAの行事と重なって、せっかくの貴重な資料や模型が並んでいるのに、顔見知りの方に挨拶するだけでソソクサと帰らなければならなかったのが、ちょっと残念です。

図書館の催しだけあって、鉄道図書はいくらでも並んでて読み放題なのがうれしいです。こちらも借りすぎて、帰りのカバンが重かったです(^^ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 左京区の鉄道展:

« 【京阪・嵐電】鴨東線開業カード&帷子ノ辻駅記念乗車券 | トップページ | 洛北・曼殊院の早やもみじ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ