« 【叡電】線路際に秋らしさを探して | トップページ | 【叡電】今年の火祭り臨もデオ700の出番なし? »

2009.10.18

上賀茂神社の笠懸神事を見てきました。

上賀茂神社の笠懸神事(いわゆる流鏑馬(やぶさめ))を見てきました。
平成17年秋に、なんと800年振りに復活し、今年が4回目だそうです。射手は鎌倉の武田流弓馬会のみなさんです。詳しくは「弓馬会のHP」
*

Kasagake01 Kasagake02

(左)秋晴れの馬場の様子です。
(右)本殿で神事を終えた、神職や射手の一行が馬場に登場します。これから見物人を含めた一行のお祓いや馬場を清める行事などが続きます。流鏑馬は神事であってレジャーではないと解ってはいるのですが、いつもなかなか馬が走らなくてイライラします(^^ゞ
*

Kasagake03_2 Kasagake04

(左)奉行役が矢と的を改め、射手に一本づづ矢を与えます。
(右)まずは、下見を兼ねて並足で馬場を往復します。
*

Kasagake08_2  Kasagake05

(左)いよいよ騎射のはじまりです。まずは竹矢来に囲まれた的を狙う遠笠懸です。
六人ひと組で、三つの的を狙います。うまく的に当たると、歓声が上がり、太鼓が鳴り響きます。

(右)地面に低く立てられた的狙う「小笠懸」です。うまく的に的中した瞬間を下とあわせて3枚並べます。
*

Kasagake06 Kasagake07

*

pinboke_entry

« 【叡電】線路際に秋らしさを探して | トップページ | 【叡電】今年の火祭り臨もデオ700の出番なし? »

コメント

馬は馬でもこっちの馬ですね。
別の方の馬も的中しましたが、後味の悪いことこの上なしです。

流し撮り、良いですねぇ^^。
関西に比べて関東は目だった神事が少ないです。

>> なにわさんへ

こちらは的中したら見物人は、的のカケラをもらえます。(ただし有料) 射手に賞品が出るのかは聞き漏らしました(笑)

>> りばてぃさんへ

座った場所が的がよく見えない場所で、写しづらかったです(^^ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上賀茂神社の笠懸神事を見てきました。:

« 【叡電】線路際に秋らしさを探して | トップページ | 【叡電】今年の火祭り臨もデオ700の出番なし? »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ