« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月に作成された記事

2009.11.29

HP更新のお知らせ

毎度ご覧いただきましてありがとうございます。

本館の「ミニギャラリー」に叡山電車の四季2009(春夏編)と題しまして、今年の春先から夏の終わりにかけて撮影しました花と叡電のコラボレーションの写真をまとめて少し大きな画像で、展示いたしました。

ブログや掲示板で既出の写真がほとんどですが、スナップではなくアートととして(笑)鑑賞に堪え得る自信作ばかり(←ウソです(^v^のも、一・二枚は、混じってますのでご覧いただき、ご感想など賜りましたら幸いです。

下記のバナーより本館へ進み、新着情報から「ミニギャラリー」へお進みください。
*
*
Siki2009_01
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.11.28

円空・木喰展と枳殻邸散策

美術館「えき」KYOTOで開催中(11/29迄)の「円空・木喰展」を見に行ってきました。
チケットは早々に手配していたのですが、なかなか行く機会が無くて最終日の前日に滑り込みです(笑)
*
Enkuu_kokujiki
円空仏は、岐阜や愛知県を中心に、木喰仏は京都府や新潟県などから出展されています。

円空様は、一言でいうと「荒々しい」仏様。
以前に亜熱帯気候さんに紹介していただいた、名古屋の荒子観音の千躰仏も木製の厨子とともに展示されています。思った以上に小さな仏様ですが、一体一体にたしかに魂が宿っていて、けっして木屑ではないことが見て取れます。

一方の木喰さまは、一言でいうと「柔和」。傷ついたり磨り減ったりしている仏様の説明に、「昔は近所の子供たちがおもちゃにしたので、傷ついた。」と書かれているのをみて、「庶民とともに生きた木喰さまのお姿は、子供には敬して遠ざける存在ではなく、自分たちの遊び相手と映ったに違いない。」と逆に感動を覚えました。

次の18切符のシーズンには、ぜったい円空さま、木喰さまをこちらから再訪に伺おうと決めてきました。
*
Ramen_std
さて、食事をしてすぐ帰るつもりだったのですが、たまたま入った店で店員さんの手違いでとなりの席のオーダーが間違って運ばれてきて(^^ゞ 3人席に5人分の料理が運ばれて来る椿事に遭遇。
「作ってしまったので、よろしければお召し上がりください。」とのことで、これも仏さまのお恵みと喜んで頂きました(^^)

とうぜん満腹になって、「ちょっと腹ごなしに散歩して帰ろう。」ということになり、近くの枳穀邸に入りました。
*
Kikoku_momiji2009_11
ここは平安神宮の外苑や神泉苑と並ぶ、京都市内中心部では珍しい池泉回遊式の名園です。丹楓渓と名づけられた紅葉の林では血汐のような赤が印月池に生えています。池のやや左手に逆さ京都タワーが写り込んでいるのにも注意!!
*
Kikoku_momiji2009_12
同じ場所を池の反対側から写したところです。これが京都駅から数分。ビルやマンションや幹線道路に囲まれた市街地とはとても思えませんね。

京都観光の最後、新幹線に乗る30分前に楽しめる、取って置きの穴場です。
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.11.24

赤山禅院のもみじ祭 数珠供養

もみじ連休の最終日は、朝方は薄曇りでしたが、午後から良い天候になったので、赤山禅院の「数珠供養」を参拝してきました。
*
Sekizan_momiji2009_01
修学院駅からの参道は、赤山や曼殊院へいく観光客やカメラマンが続いています。
*
Sekizan_momiji2009_05
本堂横の地蔵堂のもみじ。木洩れ日が玉のようになって、印象的な写真が取れました。
*
Sekizan_momiji2009_04
もみじの下には、三十三観音様が並んで居られます。
*
Sekizan_momiji2009_06
神仏混淆の名残で、境内には仏殿があったり、神殿や鳥居があったりします。この鳥居は、都七福神のひとつ福禄寿さまをまつるお社です。境内の池には初夏にはモリアオガエルが泡の卵を産み付けます。
*
Sekizan_momiji2009_08
法要に参列して、最後に比叡山の大阿闍梨さまにお加持を授けていただき、お印の数珠までいただきました。

それなりの写真も何枚か撮れて、気持ちよく帰ってきました。
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.11.23

鞍馬街道&大原街道 もみじ散策

電車とあわせて、できるだけ見栄えのする木を見つけては、シャッターを切ってきました。
*
Kurama_momiji2009_02
鞍馬川の渓谷にて
*
Yase_momiji2009_01
八瀬公園の高野川河畔にて
*
Yase_momiji2009_05
三宅八幡宮境内にて
*
Yase_momiji2009_07
三明院の宝塔にて

いづれも無料スポットですが、やはりある程度はお金を出さないと良い紅葉はみられないのかも(^^ゞ

今朝も天気予報では、「晴れ」と言ってますが、「薄曇」のすっきりしない空です。東山も北山ももやに覆われて、山裾しか見えません(^^)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.11.22

【叡電】いよいよ紅葉連休に突入!(その2)

午後は、叡山線系統を見て回りました。
と、いっても、もみじ撮影は三宅八幡~八瀬・比叡山口、叡山ケーブルにほぼ限定されますが。
*
2009_yase_momiji01
2009_yase_momiji02
修学院駅を出ると、すぐに注意信号で徐行運転。遠くの宝ヶ池駅の場内信号は当然、停止です。
「こら、鞍馬線の発車シーンが車内から撮れるぞ。」と一番前に行くと、八瀬からの列車も信号待ち中。珍しい、本線と鞍馬線の上り列車どうしの並びをゲットできました。
このシーンは、増発時には撮れるチャンスが多いのですが、いつもは踏み切りか高架橋からの撮影で、車内から間近に撮ったのは初めてです(^O^)
*
2009_yase_momiji03
八瀬駅前のもみじも少しくすんだ感じ。ケーブル駅への橋のたもとのサクラの木が狂い咲きか秋も咲く種類なのか、ピンクの花を一面に付けているのが面白いです。
ケーブル線のもみじも赤かったり、青かったりと、まだら模様です。
比較的赤くなっている枝を捜して一枚。
*
2009_yase_momiji05
これは、ホテルの前庭の植木を写した物です。さすがに手入れされていて、真っ赤になってます。自然の木々もみんなこれくらいだと、うれしいんですが(^^)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.11.21

【叡電】いよいよ紅葉連休に突入! ですが・・・・・・・

いよいよ、叡電沿線も紅葉の三連休に入りました。連年どおり沿線のもみじを撮影に朝から駆け回ってきましたが、今年は(個人的ですが)予想がはずれて(^^ゞ
あまり紅葉の色付きがヨロシクありません。

少し早いのか、それともこのまま散ってしまうのか、なかなか見極めは難しいですが、いずれにせよ、現時点ではさっぱりワヤです(笑)

しかも明日・あさっては雨の予報、くるしいです(^_^;)
*
2009_kurama_momiji01
まずは、定番の貴船口のカーブから、着いた瞬間に「あちゃあ~~、こらあかんわ!!」という感じ。それでも折角来たので数カット撮影。
*
2009_kurama_momiji05
野生(?)の柿の木が実をいっぱい実らせているところを見つけて、また数本撮影。このポイントは何度も歩いているのですが、いままで見逃してました。たぶん青葉の時期は、背景の緑に埋まって、気づかないのでしょう。(二ノ瀬~貴船口間)
*
2009_kurama_momiji10_2 
貴船口と並ぶ名所の二ノ瀬のポイントもこんな感じで、ぜんぜん撮る気になりません。
*
2009_kurama_momiji13
もう帰ろうか、思って駅に戻る途中に、はじめて入る細道を発見。暫らく行くと、こんな感じの良いポイントが見つかりました。この付近は撮りつくしていると思ってただけに意外でした。谷あいで日が差さず、まだ紅葉は青々としています。もう一・二週間してからまた来ようと思ったところで、昼食のため一旦帰宅。

(午後の部へ続く)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.11.17

鷹峯のもみじ散策

今日は、振休が取れたので、鷹峯の紅葉を見に行ってきました。

自宅から鷹峯へ直通するバスは無いので、仏教大学前から鷹峯へ向かう旧街道の急坂を登っていきます。この付近は蕎麦の薬味で有名な辛味大根をはじめ、かぶらや大根の野菜栽培が盛んです。バス通りの民家でも、裏の畑で作っている野菜の無人販売コーナーがあったり、湯葉や漬物や手作り醤油の店など、野菜に関する店も多いです。

鷹峯には、光悦寺、源光庵、常照寺などの紅葉の名所がありますが、まずは、吉野太夫ゆかりの常照寺からお参りすることにしました。
*
Takagamine_momiji2009_01
有名な吉野門です。吉野太夫が自費で寄進したといわれてます。
*
Takagamine_momiji2009_02
このお寺は初めてお参りさせてもらったのですが、境内が広いのはびっくりしました。茶室が数多く建てられています。
*
Takagamine_momiji2009_03
吉野太夫好みの「吉野窓」を通して色ついた紅葉が透けて見えます。心憎い演出です。
*
Takagamine_momiji2009_04

続いて、お隣の源光庵に参りました。ここは10年以上前、まだネットがパソコン通信だった頃に、オフ会で来て以来です。

床の間を背にしてドッカと座り、きれいなお庭を眺めていると、普段のイライラも消し飛んで、心が洗われるようです。

座敷内での撮影を制限するお寺が多いですが、ここは三脚を立てたりフラッシュを光らせなければ、撮影は自由です。でも薄くらい室内と明るいお庭の両方に露出を合わせるのは手持ちでは無理ですね(^^ゞ
*

Takagamine_momiji2009_05
Takagamine_momiji2009_06
このお寺の一番の見所は、やはりこの「悟りの窓」と「迷いの窓」でしょう。なかなか悟りきれない凡人に、達磨様も愛想を尽かして居られるようです(^^)

鷹峯には、まだまだ紅葉の名所はたくさんあるのですが、あまり見すぎると印象が薄れるので、二ヶ所だけにとどめて帰ってきました。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.11.15

今熊野から東福寺へもみじ散策

この週末は、土曜日は午後から、日曜も朝から3時まで出勤という変則勤務で疲れました(^^)

それでも、休日出勤の気安さで、土曜の午前中に東山のもみじを楽しんできました。
まずは、三条駅で、京阪3000系の記念切符を購入、5分前に到着して列は7人目、当然すぐに買出しは終わって、9:04発の列車で東福寺へ向かうことにしました。七条の手前で、「いきなり東福寺へ行っても混雑してるだけ」と思い返して、途中下車しました。
三十三間堂や博物館へ向かう人並みを追い越して、東山七条の交差点を南へ曲がると今熊野のJR跨道橋へでます。ちょうど定刻より10数分遅れ?で、サンダーバード6号らしき列車が京都駅に到着するところでした。
線路を越えると、新熊野神社です。境内はちょうどもみじが見ごろになっています。観光神社ではないので、静かです。
**
Higashiyama_momiji2009_01
11月23日の火焚祭(新嘗祭)に向けて社殿には、新穀の稲穂が供えてありました。
*
Higashiyama_momiji2009_02
近所の方が熱心にお参りされてました。私も今年も良い紅葉写真が撮れる様に祈ってきました。

商店街をすこし歩くと、泉涌寺道の交差点です。ここから山手へ登っていくと、泉涌寺です。まだ朝早いのにさすがに紅葉の名所だけあって、お参りの人は多いです。夜間ライトアップがあるので、参道には灯籠を模した電灯が並んでいますが、光らない電飾は、まさに昼行灯でちょっと興ざめです(^^ゞ
要所には警備員やお寺の関係者が立って、道案内されてますが、ひとりひとりに挨拶されて、こちらは非常に気持ちが良いです。

10分ほど坂道を登ると泉涌寺と今熊野観音の分かれ道にでます。どちらへ行こうか迷いましたが、今熊野観音では、本尊の御開帳とのことで、こちらへ参ることにしました。
*
Higashiyama_momiji2009_03
参道の赤い橋ともみじがマッチしています。谷あいのうえ、雨上がりで薄暗く、よい色調に撮れなかったのがちょっと残念です。
*
Higashiyama_momiji2009_04
山門をくぐって境内に入ると、もみじをバックに弘法大師さまがお迎えしてくださいます。すれ違うひとが口々に「今日のお参りは良かった。」と話しながら帰っていくのを聞くにつれ、期待が高まります。

本堂に入ると、ちょうど御開帳の説明が始まるところでした。本尊の十一面観音様は弘法大師作と伝えられ普段は秘仏で、お前立ちを拝むのですが、11月いっぱいは内陣から間近に拝むことができます。本堂の中の欄間も御開帳にあわせて修復され、金ぴかに輝いています。燃えるような紅葉とあわせて、まさに極楽浄土に来たような美しさです。
この観音様は、とくに「頭の病気」に霊験あらたかだそうで、「いまさら賢くなりたいとは思いませんので、せめて今の水準を維持できますように・・・」と祈ってまいりました(^^)
**
Higashiyama_momiji2009_05
本堂から見た、境内の様子です。ピンぼけ写真ではわかりにくいでしょうが、実際はもっと美しいです。息を呑む美しさです。
*
Higashiyama_momiji2009_06
本堂から、多宝塔を望む。 青葉の時期も赤と緑のコントラストが素敵ですが、紅葉の真紅とお堂の寂びた朱色がまた良く合います。
仕上がった写真を見ると、「もみじをシャープにして、お堂をボカしたほうが良かったたかなぁ。」とも思います。プロの写真家はこのようなところでは、「露出を変えて何枚も撮れ。」と教えてますが、普段、電車ばかり写してると、つい早や撮りの癖が付いてて困ります(^^ゞ

帰りも同じ道を通るのも芸がないので、月輪御陵を通って、日吉ヶ丘高校から東福寺へ回りました。この道も普段は地元のひとと通学の高校生しか行き違いませんが、さすがにこの日は地図片手の観光客も多く歩いてました。
*
Higashiyama_momiji2009_07
さて、この時期間の東福寺は「もみじを見るのか、人ごみを見るのか?」といわれるほどの混雑ですが、雨模様にも係わらず、駅からの参道はひとでいっぱいです。しかも塔頭寺院といわず、駐車場といわず、空き地があればみやげ物店や屋台が軒を連ねて、ちょっと興ざめです。
それに、通天橋から本堂を参拝するには、拝観料を取られるので(^^ゞ 臥雲橋から通天橋を見上げるだけにしてきました。
*
Higashiyama_momiji2009_08
それでも、ひとの途切れる瞬間を待っていると、洗玉澗を臨む、観光ポスターのような構図も撮れないでもないようです。構図はそれなりに決まって満足してますが、できれば秋晴れの日に写したかったです(^_^;)

ここの帰りも混雑する東福寺駅を避けて、ひとえき大阪よりの鳥羽街道まであるくことにしました。この帰り道は人はすくないですが、逆にタクシーや観光バスの通路になっていて、車が頻繁に通り、写真に集中していると車にはねられそうになりって閉口します。

*
Higashiyama_momiji2009_09_2

塔頭の桂昌院のお庭を塀越しに写したものです。物凄い人手の本堂より、小さな塔頭寺院のほうが、禅寺らしい風情を楽しめるところが多いように思います。檀家でもないと中々入りづらい雰囲気のところもありますが、「頼もぅ~!」「どおれぇ~」と、雲水が禅問答する感覚でお願いすると、拝観させてもらえるところも多いので、一度山門を潜られては?
*

pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.11.08

新日本空手道西日本大会を観戦

子供の通っている空手道場の西日本大会が岡崎の武道館で開催されるので、応援に行ってきました。

この大会は、K1マッチの流れを組む顔面への突きと、空手本来の足蹴りを組み合わせたルールのため、なかなか迫力があります。

最初は、小学生の部からはじまり中高生、学生・一般の部と進むのですが、学生・一般クラスになると、テレビでよく見る「K1マッチ」さながらの格闘が繰り広げられ、広い武道場もコーチの指導と観客の声援と審判のけん制の声が交じり合って、まるで機械工場のなかにいるような騒がしさです。

うちの子は、初出場のため一回戦のみの「ワンマッチ」試合に出ましたが、おかげさまで2:1の判定で勝つことができました。

両親とも、運動神経ゼロ(^^ゞの家系から、武道を習う子供に育ったのか親ながら不思議です(笑)
*
Karate01
Karate02
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.11.07

【叡電】今日の叡電 宝ヶ池駅の小菊

宝ヶ池駅構内の小菊がそろそろ満開なので見てきました。
去年は、夏場に刈り取られてしまい残念なことをしましたが今年は、きれいに咲きました。ただ草丈が一昨年より低くて、柵が邪魔でまたまたアングルに苦労することになりました(^^ゞ

まずは、叡山線ホーム側の黄菊と白菊から。
*
722_27
白菊と黄菊の横を通ってホームにすべり込むデオ722号
*
723_20
黄菊をはさんでデオ723と722が出会います。
*
732_11
黄色と紫色の小菊に見送られて発車するデオ732。
以上3両が本日の昼間のメンバーです。若葉色のすれ違いも見られましたが、ホーム上で並び残念ながら菊花とのコラボは撮れませんでした。
*
802_25
続いて鞍馬線側です。デオ802+852号を菊花とコスモスにからめて見ました。
*
901_60
3番ホーム側には紫色の菊花が咲きます。その横を観光客を満載したデオ901+902が発車していきます。
*
903_53
本館の表紙写真とおなじ構図でまた写してみました。(デオ903+904)

最近お医者さんから「メタボ予防のためせいぜい歩きなさい。」と忠告されているため(^^ゞ このあと、深まり行く秋を探して岩倉駅まで散歩しました。
*
Iwakura_momiji2009_01
岩倉駅前のお寺で、こんな秋景色を見つけました。10年ほど前までは小山の上にあるお寺の山門からすばらしい叡電の俯瞰写真が撮れたのですが今は家が建て込んで線路を確認することさえ難しくなってます(T_T)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.11.06

HP更新のお知らせ

小出しの更新で申し訳ありません。

続いて、私鉄写真館に関東甲信越ローカル私鉄巡りとしまして「総武流山電鉄 1984年」を掲載いたしました。

今でも、都内近郊からぶらっと行けるローカル線としてファンには隠れた人気路線ですが、今から四半世紀も前は、西武の旧型車をはじめ戦前製の古参車も現役で活躍していました。

つくばエキスプレスの開業で乗客減に苦しんでいるようですが、奮起を望みたいところです。
Nagarey03
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.11.03

HP更新のお知らせ

毎度ご覧いただきましてありがとうございます。

本館の「切符館」に京阪鴨東線開業記念乗車券と開業20周年記念入場券をセットで展示いたしました。

どちらも、かなり大きな切符で、実物大では画面からはみ出しますので(笑)ご鑑賞の折にはご注意くださいませ。
*
Demachi_hekiga02
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

【本】水戸黄門の食卓 小菅佳子著

急に寒くなってきました。先週の土曜日は、25度を越える夏日だったのに、一転して木枯らし第1号が吹く、寒む雨の祝日になりました。

10月中は忙しくて、帰りの電車も寝てばかりいましたが、やっとゆっくり本が読めるまでリラックスできるようになってきました。

Mito_koumon 今日、ご紹介する「水戸黄門の食卓-元禄の食事情 小菅佳子著 中公新書版」は、テレビなどでもとりあげられて有名になった、「本で始めてラーメンを食べたのは、水戸黄門さまだ。」というエピソードの原作です。

黄門様が日立太田の西山荘に隠居されてから隠居所の隣のお寺の住職が、黄門様の日常を書き綴った「日乗上人日記」と水戸家九代藩主の徳川斉昭公が綴った水戸家の料理手帳ともいうべき「食歳録」、その他、江戸時代に発行された料理や食材についてかかれた書籍をもとに、黄門様の食卓を再現しています。

これを読むと、テレビの「この印籠が目に入らぬか!!」のイメージとは、すこし違った、でもなかなか人間味のあふれた光國公の日常が浮かび上がってきます。

目次を拾うと、若き日は遊び人だった黄門さま。
うどんが大好物で、ラーメンをはじめて食してみるという好奇心の塊のような殿様。
お酒は斗酒なお辞さずの大酒のみで、それでいて甘いものにも目が無い(笑)。
ニンニクやニラといった香辛料もお好みで、自ら畑を耕して野菜を作り、漬物を漬けたり。
常陸の海から上がる、クジラやマンボウやアンコウも召し上がり、これからの季節はシャケの塩焼きを楽しまれたり。
なんと牛肉や猪肉も焼肉やすき焼きにして召し上がっています。

お殿様ともなると、目黒のさんまではありませんが、いく人もの毒見を経て、熱いのか冷たいのかわからないような料理を召し上がっていたもの、いうイメージがありますが、さすが天下のご意見番は、豪快な食生活を謳歌されておられたようです。

また黄門様の食卓を通して元禄時代の食文化一般も概観することができます。
食欲の秋の最後の一ヶ月を飾る一冊にいかがですか(笑)

↓ 日立電鉄を撮影に常陸太子へ行ったときに見学した西山荘 (S59.09)
*
Seizanso
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.11.01

【叡電】今日のフルメンバー(^^)

昨日は、えいでんまつりでイベント列車の走るコースや時間帯はギャラリーが多そうなので、わざとその区間を外して撮影してきました。
先ずは、もみじのトンネルの区間の下見から。
*
801_19
二ノ瀬の鉄橋にさしかかる801+851号。赤いのはサクラやカシの木ばかりのようです。
*
801_20_2 
静原へ向かう道と並走するところへ下ってきた801+851号。
811_38
813_20
同じ場所の811+812と813+814号です。今日(11/1)で鴨東線のHMの取り付けも終わりなので、マークのよく見えるポイントで写してみました。
*
724_16
午後は、えいでんまつりの会場ちょっと見てから、いつもの修学院~一乗寺間の線路際の花壇で撮影しました。
コスモスはだいぶん丈が伸びたので、すこし引いて流してみました。(724号)
*
903_52
真紅に近いムラサキのコスモスは、赤きらら(901+902)によく合います。
*
712_24
802_23
白い花の名前がよく分からないのですが、葉の形からキンポウゲ科のような気もします。(712と802+852)
*
731_26

朝顔はアメリカアサガオのようで、日本朝顔に比べて図太く(笑)線路脇のフェンスを占領しています。(731号)

以上、10月31日の叡山電鉄昼間のフルメンバー3形式13両の勢ぞろいでした(^^)v

pinboke_entry

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ