« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月に作成された記事

2009.12.31

今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

今年も、きょう一日限りとなってしまいました。
月並みですが、月日の経つのは早いものです。

振り返ってみますと、景気の影響かあまり遠出が出来ませんでした。
その代わり足元の叡山電車をじっくりと写すことが出来ました。
正月休みには、秋冬編をまとめますので、乞うご期待!!

さて、来年はなにをテーマに写しましょうか?
今年は草花でしたが、乗客や街行く人をからめても撮りたいとも思ったりしてますが、昨今は肖像権の問題がうるさいので(笑) 躊躇してもいます。

最後になりますが、この一年、ご愛読ありがとうございました。
来る年が、皆様にとってよき年でありますよう祈っております。

それでは(^^)/~~~
*
Kurama03
来年の干支は寅、初詣は鞍馬山へどうぞ
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.12.28

【叡電】出町柳駅の改装工事が終わりました

12月の上旬から工事中だった、出町柳駅の改装工事が終わりました。今朝の出勤時は、まだ囲いがしてあったので、「年内に終わるのかいな?」と思ってましたが、無事に、仕事納めに間に合いました。
*
Demachi13
素通しのガラス仕切りになりました。今までの鉄柵に比べて、非常に明るくて逆にイメージが違う感じです。
Demachi13a
Demachi13b
団体出入り口の仕切りドアには、かわいい犬のイラストが張られています。
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.12.27

【伊賀鉄道・近鉄】へ行ってきました

やぶおさんのお供で、伊賀鉄道と近鉄の赤目付近へ撮影に行ってきました。
とりあえずは、速報です。
*
Kansai_sen01
予定どおり、関西線木津回りで伊賀上野へ向かいました。18切符のシーズンに入ってますが、車内はガラガラ18切符愛用者より普通に大阪・奈良方面から伊賀地方へ移動する一般客の方が多いように思いました。

写真は、笠置駅を発車直後の様子です。
Eさんへ、こんどはサクラの時期に笠置温泉へ花見に行きましょう(笑)
*
Iga_tethu01
比土駅を発車する「新型車200系」。でもなぜか101号+201号の車番なのがよくわかりません?

うえのさんへ、天気予報どおり三重県に入ると急に晴れて昼頃には山間部でも暖かかったです。

りばてぃさんへ、ご覧のように東急1000系は大変身しました。ステンレスカーのイメージはあまりありません。
*
Kintetu01
午後からは、奈良三重県境の赤目渓谷へ回りました。やはり山間部は日の陰るのが早くて、冬の斜光線の逆光と日陰と日向のコントラストとの戦い(笑)でした。

それでも、列車本数はかなり多いので、失敗しても何回もトライできるので安心です(^^ゞ

最後になりますが、一日お付き合いいただいた、やぶおさんありがとうございました。明日も良い作品が撮れることを祈ってます。
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.12.25

27日に伊賀鉄道と近鉄赤目口付近に撮影に行きます

急ですが、27日(日)に、このサイトの常連さんでもあります、やぶおさんのお誘いを受けて、伊賀鉄道・近鉄赤目口~三本松~室生口大野付近の県境付近へ撮影に行くことになりました。

京都から上野市まで、一番早いのは、近鉄特急で伊賀神戸経由ですが、わざと回り道して、出町柳→丹波橋→新祝園・祝園→木津→加茂→伊賀上野→上野市と乗り継いで行こうと思ってます。

キハ120型に置き換わってからの笠置付近は初めてなので、ひさしぶりに木津川上流の景色を楽しみながら、伊賀忍者の里へ向かいたいと思います。
*
Kiha120_01
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.12.23

年賀状書き

今日は、暮れの西陣散策の予定でしたが、雨が降ってきたので、取りやめ、家でおとなしく年賀状を書いてます。(パソコンで作るので「書く」というのもおかしいですかね?)

今年から賀状ソフトを「筆ぐるめ」に変えたので、勝手がちがって最初は戸惑いましたが、やはり市販ソフトは、使いこなすと便利ですね。

両親、義弟夫妻、我が家の3家族分、約250枚くらいが一日で出来てしまいます。ただ、プリンタがヘボいので、せっかくのイラストや写真がなかなか葉書に再現されなくて、ちょっと残念です(笑)
*
01 
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.12.20

ジオラマカフェ・バー デゴイチに行ってみました。

祇園新橋に出来た、ジオラマ カフェ・バー デゴイチに行ってきました。

古美術店やお茶屋さんなど京都らしい町並みが続く、一角の2階にお店はありました。予約をしておいたので、店長さんが入り口で待っていてくれました。まず目に付くのは細長い店内いっぱいに作られたジオラマです。
*
Cafe_d51_01
昭和30年代後半から昭和40年代前半、ダイ改歴でいうと「サンロクトー」から「ヨンサントー」の間くらいの国鉄全盛時代の雰囲気です。
*
Cafe_d51_02

最初にシステムの説明をうけて、実際にパワーパックを操作してみました。写真は、他の方が運転されているものですが、ゴハチ+20系が京町屋を背景に鉄橋(?)を渡っていくところです。
*

Cafe_d51_03
夕方5時から、Nightタイムになります。室内の照明が落とされて、ジオラマに照明が入ります。操車場の鉄塔のサーチライト、夜汽車からもれる明かり、駅のランプ 懐かしい雰囲気です。

もうちょっと余韻に浸っていたかったですが、これからは大人の時間、子供づれは退散することにしましょう(笑)
出来れば、ここで「関西鉄仲間新年会」でもやりたいですね。
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.12.19

【京阪】光のルネサンス号 

大阪の中之島地区で開催中のイルミネーションのイベントへの集客用に、京阪に臨時快速特急「光のルネサンス号」が運転されました。(20・23日も運転予定)
日没後の運転なので、走行写真はあきらめて、祇園四条駅で停車中を写してきました。
*
Renaissance03
下りの「快速特急」は定期列車では見られないので貴重です。
でも、肝心の種別とはとマークが、飛んでしまって残念です(^^ゞ
*
Renaissance02
この行き先表示は、画像ソフトでなんとか文字を浮かび上がらせることができました。ピンク色のLEDは、デジカメと相性が悪いようです?
*
Renaissance01
快速特急なので、樟葉と枚方市は止まらないことをさかんにアナウンスしてました。車内はほどほどの乗車率のように見えましたが、はたしてどの程度、京都から見に行く人があったのでしょうか?
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.12.16

【京阪】小ネタ2題 「京阪電車検定」と「イコカ定期」

(ネタ1)
昨晩、掲示版で、「嵐電が来年3月に開業100周年を迎える。」という話題を出しましたが、京阪も一ヵ月遅れの来年4月に開業100周年を迎えます。

その京阪電車の公式サイトにある、「開業100周年記念サイト」の中の「京阪電車検定」にトライしてみました。

「10問コース」と「17問コース」があり、どちらも全問正解すると、賞品として8000系または3000系の壁紙がダウンロードできます。

正直言って、なかなかの難問もあります。
「京阪の初代社長の名前は?」
「大阪地下線トンネルの入り口に書かれた文字は?」
「三代社長の岡崎邦輔は何大臣になった?」
いずれも4択ですが、すぐにわかりますか(笑)

暇な方はいちどチャレンジしてみてください。
*
Keihan1920
(ネタ2)
今朝の京都新聞に、「JR西と京阪の「イコカ連絡定期」を来年5月からJR西の窓口で発売開始する。2011年には、京阪の窓口でも発売開始する。投資額はJR西が6億円、京阪が定期券発売機の更新もあって10億円。当初は京阪線との連絡のみで大津線は除く。」
との記事が出ています。

また、14日付けの日経新聞では、「JR西とスルッとKANSAI協議会は、IC乗車券分野での包括提携で合意した。両者は、互いの技術で新サービスを開発できないかも検討する。」
との記事も出ていました。

京阪が、夏頃から急に、スル関カードの発売に慎重になったので、この手の話は近いかな? と、思ってましたがいよいよ発表になりました。

現状は、イコカとピタパは普通乗車券機能は相互乗り入れ可能ですが、スル関各社局の自動改札機機能の性能がまちまちで、定期券機能の相互乗り入れは現状できません。
そのため、普通の磁気定期券を買うか、JRと他社線の定期を別々に買うかしかなくちょっと不便です。そのため、ピタパ定期券の売れ行きは、イコカに比べてかなり良くないのも事実です。(クレジットカードと同時に申し込まないとピタパが買えないのも難点のひとつ)

在阪大手私鉄グループでは、京阪・南海・近鉄はJRとの親密度が高く、阪急・阪神系は、そうではないように思われます。京阪を皮切りに、まずは親密3社から次に、公営地下鉄の順に、相互乗り入れが進むのではないでしょうか?

この不景気を受けて、お互いに乗客の奪い合いをするより、手を握れるところは握って、すこしでもサービスアップして集客しようという鉄道各社の経営戦略の現われなのでしょう。

JRの戦略いかんによっては、この先ピタパ(スル関)グループの再編成もありうるかも????
*
Icoca_2  
お帰りは、このバナーから pinboke_entry 本館へどうぞ。

2009.12.14

御堂筋イルミネーション

大阪のキタの年末を彩るイルミネーションの「御堂筋イルミネーション」と「光のルネサンス」が始まりました。

どちらも京阪淀屋橋駅が散策の起点となるので、会社の帰りにちょっとだけ寄り道して、淀屋橋のイルミネーションを見てきました。
*
Midoshiji01
淀屋橋交差点の「ウェルカムメッセージ」
Midoshiji02
高麗橋三丁目交差点付近
Midoshiji03
高麗橋三丁目交差点付近 
Midoshiji04
道修町三丁目付近
Midoshiji05
平野町三丁目付近
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.12.12

西陣散策

年二回の子供の空手の昇級試験に付き合って、これも恒例の西陣暮れの散策にいってきました。

まずは、道場のある千本中立売から東へ。正親(せいしん)小学校前には、源氏物語ゆかりの地として「大内裏大蔵省跡」の立て札が立っていました。学校名自体も平安京の正親町(おおぎまち)小路に由来するそうです。

中立売智恵光院の交差点を北に折れて、今出川通り方向に進みます。この付近はちょっと昔は西陣織の織屋さんや問屋さんがいっぱい並んでいたのですが、子供の頃の見覚えのある町並みは、ごくフツーの住宅街に変わって、わずかに2・3軒の織物屋さんが見つかるだけ、ちょっと寂しいです(ToT)

それでも、今出川通りの交差点まで来ると、西陣織成館からやってきたと思われる着物を着た一団と遭遇、観光客の着物変身ツアーのようです。
みなさん、憧れの京おとこ、京おんなになって満足そうに歩いてらっしゃいますが、ふだん着物を着慣れていないので、失礼ながら京都人の目には「仮装行列(^^)」に見えてしまいました。
*
Nishizin01
一団をやり過ごすとすぐに「首途(かどで)八幡宮」です。この変わった名前の神社には、義経伝説が残っています。興味のあるかたはネットででも調べてみてください。
ここも、いまはマンションやオフィスビルに囲まれています。ちょっと小高い築山の上にある本殿に登ると、西陣の瓦屋根の民家がうねうねと続いていて、高みの見物気分になれたのですが・・・・

土曜で休業の店が多いですが、この付近はまだまだ西陣織の店が目につきます。オフシーズンにゆっくりと見て歩こうという観光客とも、時々すれ違います。大宮寺之内のたんきり飴の店で折り返して、猫寺に向かいます。たんきり飴は今で言う「ノド飴」なのですが、これもかつて糸くずの舞う仕事場ではたらく機織職人さんは、ノドをやられることが多く、これを舐めながら仕事をしたそうです。今なら「職場の粉塵防止規則違反」で労基署からすぐお咎めがくるところでしょうが(^_^;)
*
Nishizin02
猫寺は、正式には浄土宗称念寺といいます。ここにも「ネコの恩返し」の説話が残ってます。割と有名な話なのですが知らない人は、また調べてみてください(^^)v
さすがにネコのお寺だけあって、愛猫のお守り(鈴付き)やペット供養のお知らせも出ていました。
個人的には、ワンワン派なので、お守りは買いませんでしたが、にゃんこ派にはうれしいかも? 写真の立派な松もお寺の自慢です。

織成館までくるとちょうどバザーをやってました。上賀茂付近の農家から届けられた野菜や果物が並んでましたが、持って歩けないので泣く泣くパス(>_<)

さらに西に向かうと、千本通りに出ます。大通りに面して釘抜き地蔵さまが奉られています。このお寺は正しくは石像寺といいます。境内には苦難を抜き去ってもらおうと願掛けされた大きな五寸釘と地獄の閻魔様が下を抜く時に使うようなペンチのような釘抜きが
並んでいます。次々と熱心にお参りにこられた方が絶えません。みなさんお百度でお堂の前を回ったり、仏さまに直して欲しいところを撫でたりして拝んでおられます。いくらネット万能時代とはいえ、いや、このようなギスギスした世の中だからこそ、素朴な信仰に心の拠りどころを求める人は多いのでしょう。

*
Nishizin03
千本通りを越えて、上七軒に入りました。ここは色街ですから、いまでの職人町とガラット雰囲気が変わります。と、いっても「ネオンきらきら」の飲み屋街とはちがい優雅な遊びどころです。もちろん私のような安サラリーマンが気軽に遊びに行くところではありませんが(笑)
いよいよ明日13日は「事始め」。花街の迎春準備が始まります。そして25日の終い天神に向けて忙しくなっていくことでしょう。

もう少し散歩したいところですが、また空が曇ってポツリポツリと降って来ました。出発点に戻らないといけません。

道場に着くと、無事に昇級試験を終えて、新しい緑帯をもらった息子のうれしそうな顔が待ってました。

この続きは、23日の天皇誕生日の「空手道場の餅つき大会」にすることとしましょう。
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.12.11

祝!! 5周年 (^o^)

早いもので、ブログを書き出してから5周年が来てしまいました(^^)v

飽きっぽい性格の割には、よく続いたものだと感心しています。
あまり時事ネタを追わず、手を広げず、地味な地元ネタを拾っているのが長く続けられている理由なのかもしれませんが。

それにしても、この5年間でネットを取り巻く環境は大きく変化しました。ブロードバンド通信が一般化し、デジカメが普及し、ケータイも電話機からこれ一台で仕事も趣味も家事もこなせるような万能機器になりました。

ブログの仕様そのものも大きく進化して、使い勝手が非常に良くなりました。最初の頃は、ブログ=電子日記といった感じで、ちょっとメリハリを付けようとしても、もうHTMLとかスクリプトの知識がないとお手上げでした。今は、ワープロ感覚で見栄えのよいサイトが作ります。

もちろん、最後はコンテンツ勝負ですからやっぱりネタがつまらないとどうしようもありませんが(^^ゞ

5周年にあわせて、京阪の5555号車を狙っていたのですが、とうとう捕まらず(^^ゞ
時期はずれですが、夏ごろに写した写真でご勘弁を<m(__)m>

これからもご愛読のほどよろしくお願いします。
*
5555_02
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.12.10

祇園にジオラマカフェ・バー「デゴイチ」が12日開店

今日の朝日新聞の朝刊に「京都・祇園に本格的な鉄道ジオラマカフェ・バー「デゴイチ」が12日開店」との記事が載っています。

詳しくは、お店のHP

私の知る限りでは、この手のお店は京都市内では見かけないような気がします。実は、「鉄道」は大好きなのですが、「鉄道模型」と「アルコール」はあまり強くないので、鉄カフェ系の店には、この方入ったことがありません(^^ゞ ので、知らないだけかもしれませんが・・・

祇園なら家から電車で30分以内だし、しかも毎日の通勤で通るルート。開店直後のラッシュ時間帯が終わった頃を見計らって、のぞいて見たいと思ってます。

出来たら、新年会でも開きたいですね(笑)
*
D511_01
お帰りは、このバナーから pinboke_entry 本館へどうぞ

2009.12.09

【京阪】光のルネサンスの宣伝

今朝から、出町柳駅に大阪中之島で開催の「光のルネサンス」の宣伝パネルシートがお目見えしました。
写真のように2m四方はありそうな大きなものです。改札口から出る方向に字が書いてあるので、主に帰宅途中のひとをクライアントにしているようです。

地上へ上がった叡電改札口前にも、立て看板が立ち、電車にはヘッドマークを付け、車内放送でも、たびたび宣伝しています。

土日祝には下りの臨時快速特急(樟葉・枚方市は通過)「光のルネサンス号」も運転されます。出町柳発 17:14 中之島着 18:16 という時刻なので走行写真はちょっと無理そうですが、もともと地下の京都市内線区間なら昼でも夜でもあんまり関係ありませんけど(^^ゞ

今までは、どちらかというと大阪のローカルイベントといった感じでしたが、今年は、京都市内からの集客にもかなり期待しているようです。


詳しくは、京阪のサイトへ
*
Demachi26
3005_03

pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.12.05

HP更新のお知らせ

毎度ご覧いただきましてありがとうございます。

本館の「我楽多館」に「京洛のもみじ2009」と題しまして、今年のもみじ狩りの成果を、まとめて展示いたしました。

今年は、夏は猛暑にならず、秋も涼しくなるのは早かった割には、晩秋になっても中々寒くならず、そのため楓樹の照りはここ数年でも最低レベルの黄葉や茶葉ばかりの惨憺たる状況でした。

不景気も手伝ってか、例年よりもみじ見物の人波も少ないように感じたのは、私だけでしょうか?

まあ、愚痴はコレくらいにしておきますので(笑)、ここで帰られずに下記のバナーより本館へ進み、新着情報から「我楽多館」へお進みください。ご高覧後には、感想など賜りましたら幸いです。


*
*Top_momiji2009

pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

【デジカメ】性能が高ければ、うまく撮れるの????

今日(12/05)の朝日新聞の土曜版に「新旧初心者向けデジタル一眼レフの比較」という記事が載っています。

これは、土曜版の連載記事の「でじかめワンポイント」の著者が、コンデジからデジイチへアップグレードを考えている読者に対して、「やっぱりデジイチは入門機といえども高い、もし使いこなせなかったら勿体無い。そんな読者には手軽な中古機がお勧め。」と中古機の選び方や注意点をアドバイスしてくれているものです。

その記事に中で、2・3年前くらいの機種なら性能も現行機種と遜色ないし、メーカーは高画素数を競っているが、あるプロの写真家の話しとして「プロが仕事に使う場合でも、600万画素もあれば十分だ。」というところが共感できました。

たしかに、最近のカメラ雑誌や写真集を見ると、カメラやレンズの高機能(特に自動露出補正や手ぶれ防止効果)を煽り立てる(失礼)記事やキャプションが目に付きます。

もちろん、コンテストの入賞は、プロは飯のタネ、ハイアマチュアも自慢のタネ(^^)でしょうから、良い機材を選ぶのは当然かもしれませんが、まったくの趣味で写真を撮る人間にそこまで必要があるのでしょうか?

写真は、最終的には見て楽しむものですから、道具に凝るのも良いでしょうが、ベストアングルを探して、考えて、決める努力が大切なような気がします。

露出やカメラぶれはあるていど機械的に補正可能でしょうが、構図は、ぱっとカメラを向けると、勝手にベストアングルでレンズがズーミングしてくれて、場合によっては前後左右にも微調整して(笑)というような夢のカメラが実現(すでに研究所レベルあるいは知らないだけで発売も? )されれば別ですけど・・・・・
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.12.02

【叡電】出町柳駅で何か工事中

出町柳駅で、昨日から工事がはじまっています。昨日は仕切り柵にバリケードを作り、今日は、写真のように仕切り柵をきれいに撤去しました。

何も工事の内容を知らせる掲示はありませんが、「出町柳駅に観光案内所を設置する。」という新聞記事を9月頃に読んだ覚えがあるので、もしかするとその事務所作りかもしれません。

(京都市産業観光局の広報文は下記↓参照)
http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/cmsfiles/contents/0000069/69279/ekinaka.pdf

(追記) 本日(12/3)工事内容を示す張り紙がされ、それによるとやはりリニューアル(張り紙では「美装工事」と表現)のようです。
年末までには工事が終わるようなので、リフレッシュされた構内で新年を迎えることになるようです。
*

Demachi12
Demachi12a
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2009.12.01

【京阪・叡電】今日から12月

今日から12月、月並みですが今年もあと一ヶ月になってしまいました。

「年ごとに季節感が失われていく。」といわれますが、今年は不景気の影響で、クリスマスツリーや電飾があまり見られません。

もう少しすると飾られるかもしれませんが、「エコロジー」の叫ばれる昨今では、
☆☆ ネオンキラキラ ☆☆ は、逆効果なのかもしれません。

新聞では「逆に電飾を消して月明かりやキャンドルライトでムードを盛り上げる商店街がある。」という記事もみました。

京阪では、ことしも「おけいはんツリー」が登場しました。少し前までは、電車にもサンタさんやツリーのイラストが描かれて楽しませてくれましたが、やはり手間がかかるのか見られなくなったのは残念です。

叡電も秋ダイヤが終わって、通常ダイヤに戻りました。まだ紅葉はみられますが今日から叡山ケーブル・ロープウェイは春まで冬眠です。来年は寅年、虎は鞍馬寺の毘沙門天のお使い。散り紅葉の絨毯とあわせて年賀状用のトラを撮りに行こうかな(^^)
*
Demachi25
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ