« 【阪急】6300系本線運用おなごり乗車(その1) | トップページ | 【阪急】6300系おなごり乗車(その2) »

2010.02.23

【LRT】新今電会が解散へ

京都新聞のネットニュースに「新今電会が解散へ」という記事がでています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100222-00000034-kyt-l26

「新今電会」は、正式名を「京都・今出川通りにLRT実現を推進する会」といい、その名のとおり、今出川通りにLRTを走らせることを目指している市民団体です。

記事にもあるように、一時は市当局や鉄道会社、沿線住民も巻き込んで、活発な意見交換や調査活動をやっていました。
私もシンポジウムに参加したり、実証実験のモニターに応募したりしましたが、最近は活動も停滞気味だったようです。
結局、市の財政難を理由に、実現の目処がたたないとの結論に達したようです。

個人的には、「市役所の勝手で市電を廃止しておきながら、何かと理由をつけて復活(市の言い分は市電の復活ではなく、新軌道系交通システムの新設だそうですが)を言い出すのは納得できない。
貴重な税金を使ってまでやる仕事ではない。完全な民間会社がリスクを取った上で電車を走らせるなら大賛成だが。」
というスタンスです。

この先、京都市内にLRTが新設される可能性はほとんどゼロとは思いますが、「どこかの誰かがやってくれないかなぁ。」という甘い考えも、頭の隅っこにはあるのですが(笑)

お遊びで作ったLRTの開業後の今出川通りのイメージ図を再掲しておきます。
緑濃い、京都御所と同志社のキャンパスの間を快走するLRT、車内にそよ風が吹き込み観光客も学生さんも気持ちよさそうです。(上)
上京総合庁舎前付近の狭隘区間をすり抜けるLRT、道路改築等で紛糾し、路線新設の一番の難所でした。(下)
*
Lrt01b
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【阪急】6300系本線運用おなごり乗車(その1) | トップページ | 【阪急】6300系おなごり乗車(その2) »

コメント

京都の今出川に、LRTはいらないかもしれないですね。バス路線も充実している上、急行バス(102系統)も走っているし・・・

でも、御池通りに地下鉄がなければ、LRTを作るのも良いかも・・・

今出川通りの道幅から考えて、全線複線は厳しいでしょうね。電気バスとかハイブリットバスを導入する方向で検討してはどうかと思います。

市街地は全てテーマパークだと市民も観光客も得心して、深夜(23時~5時)以外の自家用車使用禁止までいかないとだめでしょうね。

欧州のLRTを無秩序に導入してもだめですよ。

 なかっちょさんの意見の通りだと思います。LRTが全ていいという盲目的なスタートを切るから、大阪堺のようになってしまうのです。充実したバスネットワークをいかに良いものにしていくかを真剣に考えるべきだと思います。

>> なにわさんへ

なにわさんの提案を受け入れるのはほとんど不可能でしょうが、本当に自家用車が必要なのかは、真剣に考える時期が来ているのかもしれませんね。

>> りばてぃさんへ

京都は、バスの系統も非常に複雑で、市民でもあまり行かない場所では迷ってしまうことがあります。乗り継ぎ制とかゾーン運賃制を取り入れて経路を単純化しないと、市電の二の舞は避けられないでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【LRT】新今電会が解散へ:

« 【阪急】6300系本線運用おなごり乗車(その1) | トップページ | 【阪急】6300系おなごり乗車(その2) »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ