« 【叡電】「ゆる鉄」を体験(^^)v 三宅八幡駅付近 | トップページ | 【叡電】今日の修学院車庫 »

2010.06.10

【叡電】初夏の花シリーズ(その8)宝ヶ池付近

三宅八幡駅をでて、数分も歩くと宝ヶ池駅の構内が見えてきます。
*
813_31
ここも、定点撮影地のひとつですが、今年は線路際のところが畑になり田んぼが少し狭くなって印象が変わってます。それでも線路が少し高いところにあるので、きれいな水鏡が出来ます。
夏らしい雲もでて、よい仕上がりになりました。真四角にフレーミングすると、昔のブロニーフィルムで写したみたいな感じもしますね。
*
732_13
宝ヶ池駅の構内にはダイキンケイギクの群生があります。今年は横の民家が取り壊されて空き地になり、花をクローズアップできる好条件に恵まれました。
さっそく、フレーミングの教科書で勉強した、花のアップを実践です。屈んで、いわゆる「虫の目」で写してみました。
昨年までの柵越しの「鳥の目」とは、ぜんぜん違う印象の写真が撮れました。
*
815_45
花ぼけで、邪魔なビルや架線柱を隠してみました。
*
802_41
こちらは、花ぴんで「ゆる鉄」風です。
花だけを撮るのなら、真ん中の曲がった茎などは、外してフレーミングするべきかもしれませんが、電車を入れるには、これが限界です(^^ゞ
*
903_61
フレーミングが気に食わなくて、この黄色い花の前で、一時間くらい粘った年もありますが、今年は15分ほどでサッと切り上げて、修学院5号踏み切りへまた移動です。ここも線路脇に花壇があるのですが、こっちはしっかりとフェンスが立て回されているので、背の高いバラの花を一枚。
でも電車と花が左右に離れすぎて、バランスが悪くて失敗です(笑)
*
811_50
散歩の締めくくりは、定点ポイントの田んぼです。畦道におちた影の形が面白かったので写して見ました。今までなら、こんなところにまで目が行かなかったですけど、ほんの少しは敏感になったのかな(^_^;)

(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】「ゆる鉄」を体験(^^)v 三宅八幡駅付近 | トップページ | 【叡電】今日の修学院車庫 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】初夏の花シリーズ(その8)宝ヶ池付近:

« 【叡電】「ゆる鉄」を体験(^^)v 三宅八幡駅付近 | トップページ | 【叡電】今日の修学院車庫 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ