« 【叡電】秋の花シリーズ(その2)稲刈り | トップページ | 【京阪】京女も百年、京阪百年記念講座を聴いてきました。 »

2010.09.30

【京都市電】なんと三十三回忌(^^ゞ

今日、9月30日は、京都市電が西の方へ旅立って行った日です。
縁起ではありませんが(笑)なんと、三十三回忌(満32年)です。

朝一番に、高野橋から下鴨付近で撮影を開始し、外周線を一周、日暮れ時に京都駅前でタワーとともに写して、いったん家に帰って食事。それから今頃の時間(10:00p.m)に、自転車で烏丸車庫へ終電車を見送りに行きました。

日付が変わってから、また下鴨付近を通ると、すでに安全地帯を壊したり、線路をふさぐ工事が始まってました。あまりに手回しが良くて、呆気ないような、情けないような、残念な気分になったのを覚えてます。

それでも、電車の一部は、西方浄土(^^)ではなく、わずか数十キロから数百キロばかり西の大阪、広島、松山に安住の地を見つけられて良かったです。

*
1931_01
洛北高校前を発車する1931号
現在は広島電鉄の1915号として活躍中
すでに京都(21年)より広島(30年)の方がはるかに長くなっています。
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】秋の花シリーズ(その2)稲刈り | トップページ | 【京阪】京女も百年、京阪百年記念講座を聴いてきました。 »

コメント

なるほど、33回忌で所によっては弔い上げになって完全に過去帳入りしてしまうわけですね。
でも未だ西方でDNAが元気で頑張っているのは嬉しい限りですね。
当時近くの神戸にいたにもかかわらず趣味から離れていたためお通夜にも式当日にも参列しておりません。なーむー。

(*゚ー゚*)懐かし!
22番の花電車 丸太町ですけど ワタクシ乗ってましたよ~

>> 亜熱帯気候さんへ
各地へ散っていった電車が何時まで現役でいられるかわかりませんが、阪堺の161のことを考えると、まだ10は20年は走り続けるかもしれませんね。

梅小路に「鉄道博物館」を作る構想もあるので、倉庫へ仕舞いっぱなしとされる京都市電の保存車も復活する日が来るかもしれませんね。

>> 華子さんへ
晩年の22番の電車は、外周をぐるぐる回るだけでしたが、狭い丸太町通りや今出川通りを走っていた頃の方が記憶に残ってます。
西陣のおばあちゃんの家へ行くのに、出町から千本まで良く乗りました。

当時の小六では行くことは不可能でした。
夜中に「近畿放送」の特番は見ていましたが。

背景のビルには後年お世話になる吉野家はまだ無かったのでしょうね。

吉野家は、まだ無かったような気がしますけど。
いつ出来たかは覚えてません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【京都市電】なんと三十三回忌(^^ゞ:

« 【叡電】秋の花シリーズ(その2)稲刈り | トップページ | 【京阪】京女も百年、京阪百年記念講座を聴いてきました。 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ