« 【京阪】京女も百年、京阪百年記念講座を聴いてきました。 | トップページ | 【叡電】秋の花シリーズ(その3)ヒガンバナ »

2010.10.03

嵯峨野から保津峡をハイキングしてきました。

話は前後しますが、先月の敬老の日の三連休に、おじさん3人組+愚息のグループで、またハイキングに出かけてきました。こんどはメンバーのひとりの地元、嵯峨野から保津峡への川沿いコースです。

Sagano_01 阪急嵐山駅に集合して、渡月橋を渡って亀山公園に登ります。まだ10時前の早い時間帯ですが、さすがに天下の名勝「嵐山」ですから、すでに多くの観光客が歩き始めています。

管理人のお願いを聞いてもらって、山頂の展望台から朝一番のトロッコ列車をぱちり。

反対側に降りて、嵯峨野の竹林を抜けて野宮神社へ。ここは、「縁結び」の神様として有名なので、若い女の子やカップルが目立ちます。この神社の鳥居は「黒木鳥居」といって、生木の皮をはがさずにそのまま立てる変わった鳥居で有名なのですが、いつのまにか樹脂で固められて(?)偽木のようになっていてガッカリ(^_^;)

Sagano_05 山陰線の踏切を渡って北嵯峨へ、住宅地の中を抜けると落柿舎の前にでます。ここはいちばん嵯峨野らしい風景が残っていて、心が和みます。さらに清滝街道をぶらぶらと上っていきます。いつのころからか、清掃車が沿道のゴミ箱を片付けていくのと道連れになったのですが、向こうの作業ペースとこっちの歩く速さが一致してて、追いつ追われつで進むのには閉口しました(^^ゞ

二尊院、滝口寺、祇王寺、おもちゃの家、人形の家、オルゴール館、茶店にレストランに土産物屋と一軒一軒のぞいてみたいところが出でくるのですが、いちいち寄っていると時間とお金がいくらあっても足らないので(笑)パスして、あだし野念仏寺まで進みます。

「化し野の露消ゆる時なく、鳥部野の烟立ちさらで云々・・・・」と、徒然草にしるされた野仏のお寺は阿弥陀経が流れ、いつ訪れても諸行無常を感じさせてくれます。本堂に奉られた阿弥陀様は、湛慶作と伝えられ、鎌倉彫刻の優美さを今に伝えています。ちょうど彼岸の法要中で、間近で拝見できなかったのがちょっと残念でした。

Sagano_06 鳥居元の町並み保存地区をぬけると、旧愛宕山鉄道の清滝トンネル前に出ます。今までは試峠を歩いて越えてばかりいましたが、今回は同行者が多いので、トンネル内を歩いて抜けることにしました。元鉄道トンネルだけにかなり狭く、バスがやってきたときはヒヤヒヤしました(^^)

清滝橋の下ですこし休憩してから、清滝川に沿ってトロッコ保津峡駅までハイキングコースを歩きます。3連休にもかかわらずハイキングコースを歩く人は意外と少なくて、たまにしかハイカーと行き会いません。お昼になったので河原でお弁当にしました。この辺の河原は洛北地区の川とちがって、非常に大きな岩がゴロゴロしています。水は冷たかったですけど、足をひたすと気持ちよいです。

Sagano_07 落合で、ふたたび車道に戻って、すこし保津川をさかのぼるとトロッコ保津峡駅です。かつての名撮影地であった河原に下りてみました。DD54のひく貨物列車やキハ82の「あさしお」を写した頃がなつかしいです。
保津川下りの和船にまじって、ラフティングのゴムボートもやってきます。激流を乗り越えた歓声が、狭い渓谷にこだましています。こちらも「頑張ってねぇ~~!」と声を張り上げました(^^)v

嵯峨野線の保津峡駅に着くと、「ラフティグをされた方は、ぬれたウエアでの乗車をお断りします(駅長)」と書かれてました。どうやら帰りは電車で亀岡まで戻るようですが、「水着お断り」のポスターをこんな山の中の無人駅で見かけるなんてちょっと(@_@)です。

Sagano_04 嵐電の嵐山駅までもどって、駅構内のヱビスビールのビアガーデンで反省会(笑)をして解散しました。ちょうど紫の新塗装車二両がホームに並んでいるところが見られましたが、ほろ酔い気分でカメラが構えられず撮り逃がしてしまいました。

次回は、11月頃に、どこか紅葉狩りに出かけようと相談しております。
*
Hozukyo02_2
Dd54_01
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【京阪】京女も百年、京阪百年記念講座を聴いてきました。 | トップページ | 【叡電】秋の花シリーズ(その3)ヒガンバナ »

コメント

やはりといっては失礼ですが、モノクロ写真のほうに目が行ってしまいます^^。
当時は決して特別でない風景が、今となっては貴重なものとなっていますよね。

どちらの撮影地も、線路切替で消滅してしまいました(泣)。保津峡のほうは、トロッコ列車が走ってますが、下の花園駅付近は、電化→高架→複線化、周辺の都市化と今昔を並べても判別不能なほどに変わってます。

母の田舎へ行くのに二条駅から亀岡まで乗りました。
「トンネルや! はよ!窓閉めや!」
「トンネルが何個あるか 数えるんやで」

車窓からの景色が思い出と共によみがえります。。

思いっきりムラサキの嵐電 私も宇多野のお墓参りの帰りに見かけました~。

>> 華子さんへ
大阪万博の頃まで、山陰線には、SLの引く汽車が残ってましたね。
西陣のおばあちゃんのところへ行くと、二条駅を発車するSLの汽笛が響いてきました。今と違って車も少なく、高い建物もなかったので、駅から2キロくらいのところでも、間近に汽車が走っているように感じました。

子供の頃、保津川下りの船と、河原を走る汽車の窓から手を振り合ったのが懐かしい思い出です。

清滝~保津峡のコースは京都市内から手頃なハイキングコースなので、わりとよく行きましたね。清滝で飯ごう炊さんしたり、川で泳いだり、吊り橋渡ってC57牽引の客車で帰ってきました。保津峡→清滝の逆回りもありです。
トロッコ列車の写真に写っているのは、船で行くという料理旅館ですね。

ラストの一枚、花園ですか。歩道橋で思い出しました。
ということは162号線から写したのでしょうか。
ここも例のアニメで出てきたようです。

>> ヤマさんへ
ちょっとのことで、C57の客レは乗り損ねました。
アルバムに残っているのは、DF50とDD54ばかり
です。

料理旅館(嵐峡閣)は、改装が終わってきれいになってます。ちょうど泊り客が帰られる時間帯で、船着場で番頭さんが船が見えなくなるまで見送っておられるのが印象的でした。

>> なにわさんへ

DD54の写真は、花園駅の嵯峨よりです。
嵐電を写しに行った帰りに、黒橋の陸橋まで来ると
たまたま貨物列車が来たので写したと思います。
この頃はすでに休止中だったかもしれませんが、
花園駅の構内にも貨物側線が残ってました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嵯峨野から保津峡をハイキングしてきました。:

« 【京阪】京女も百年、京阪百年記念講座を聴いてきました。 | トップページ | 【叡電】秋の花シリーズ(その3)ヒガンバナ »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ