« 嵯峨野から保津峡をハイキングしてきました。 | トップページ | 相国寺から出町の寺町を散歩してきました。 »

2010.10.05

【叡電】秋の花シリーズ(その3)ヒガンバナ

先週の土曜日は、子供の運動会でした。さすがに暑くはなくなりましたが、日差しはきつくて、応援&カメラマンで一日、運動場にいるとかなりに日焼けしました(^^ゞ

さて、競技の合間をぬって、見ごろになったヒガンバナを写してきました。今年は猛暑の影響で花期が遅く、しかも急に寒くなったためか株数は少なく色つきも悪くて残念です。
*
903_69
例年は、あぜ道が真っ赤に染まるくらい咲くのですが、ことしは大豆の緑の方が勝っています(^^ゞ
デオ903+904 宝ヶ池~八幡前間
*
801_37
電車をぼかすと、小田急の5000形にも見えますね(^^)
デオ801+851 宝ヶ池~八幡前間
*
815_52
最初は、花ピンで狙ったんですが、電車にフォーカスしてしまいました。でも結果オーライな感じに撮れたのでよかったです(笑)
デオ815+816 修学院~宝ヶ池間
*
901_79
真っ赤な電車に、真っ赤な花では暑苦しい(^_^;)ので、少し引いて撮ってます。
デオ901+902 宝ヶ池~八幡前間
あと1編成が鞍馬線の運用に入っているはずなのですが、なぜかこの4編成ばかり見かけました?
*
901_80_2
(おまけ) 移動中に見つけた赤紫のタワシ(笑)のような花。ウモウケイトウ(羽毛鶏頭)の一種でしょうか?
電車はデオ901(宝ヶ池駅付近)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 嵯峨野から保津峡をハイキングしてきました。 | トップページ | 相国寺から出町の寺町を散歩してきました。 »

コメント

運動会、二人いると休み時間がありません(><)。なんせ狭い校庭ですから、撮影場所の確保に必死です(笑)。
花と個性的な車両群のコラボで味が出ていますね^^。

こんにちは。うちの方はなんせ田舎でしたから、
校庭はたっぷり取ってあって(笑)、一周200m
のトラックを作っても、応援席のスペースは
それなりにあります。

今年は、ビデオ撮影しているお父さんは少なかった
でが、カメラ片手のお母さんは多かったです。

をを~♪彼岸花、イイですね~♪
秋の田んぼの脇役。
信濃国では平年並みに咲いたように感じます。
観光地ではわざわざ街道沿いに植えているところもあります。

きらら、いつ見ても四季の風景にピッタリの電車ですね(^^)

ウモウケイトウというんですが、あの赤いネコジャラシは…(^^;
見ているだけで、くすぐったくなります~(^^;

お百姓さんは、彼岸花の根には毒があって、モグラや虫が畦に穴を開けるのを防げるので、植えていると聞いたことがあります。

本物の猫じゃらし(エノコログサ)も線路脇にたくさん生えてドラ猫を誘ってます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】秋の花シリーズ(その3)ヒガンバナ:

« 嵯峨野から保津峡をハイキングしてきました。 | トップページ | 相国寺から出町の寺町を散歩してきました。 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ