« 【叡電】えいでんまつりのイベント列車をネットで中継 | トップページ | 【叡電】第6回えいでんまつり「会場の様子」 »

2010.10.30

【叡電】第6回えいでんまつり「イベント列車」

台風接近で、気をもみましたが、今年の叡電祭りも無事に終了しました。

今年は、コンサートやひと箱古本市などの新しいイベントもあって、鉄道会社の施設公開というより、町内会のバザーのような雰囲気で家族連れで大賑わいでした。

Titterやインターネット中継など、ネット時代らしい試みもあって、うまくすると、若い世代の集客にもなりそうな気配がします。
*
Eiden_maturi2010_02
その反面、「鉄」なひとの訪問は年々少なくなっているようで、デオ900になったイベント列車を写真に撮っていることは、小雨という悪条件もありますが、非常に少なかったです。私の見た範囲では、延べ10人程度といったところでしょうか。

普段は、きららの入線しない八瀬方面でもわたしの行った三宅八幡駅付近はひとりもカメラマンがおりませんでした。むしろイベントへ行く家族連れの見送りが目立ってました(^^)
*
Eiden_maturi2010_04
傘を差しながらの撮影は、ちょっと不便でしたが、それでもしっとりとした秋雨の風情は写し取れたと喜んでます。
*
Eiden_maturi2010_08
10月も末、木枯らし1号が吹いた後というのに、修学院車庫の回りでは、まだ元気に朝顔が咲いています。
ここ2、3年は真夏には咲かずに、9月から11月上旬くらいまで咲きます。なかば野生化した朝顔ですが、なんか変ですね
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】えいでんまつりのイベント列車をネットで中継 | トップページ | 【叡電】第6回えいでんまつり「会場の様子」 »

コメント

 雨の日の撮影は、なかなか大変でしょう。それゆえ、意図する写真が撮れると喜びも大きいでしょうね^^。
 台風一過で晴れないのは、ちょっと残念な日曜日ですが、体がなまらないように散歩してこようかな。

今日は、朝のうちは良い天気だったのですが、昼からまたになりました。

この朝顔はヘブンリーブルーという園芸名の宿根性の西洋朝顔です。昼過ぎまでしおれず、霜が降りるまで咲き続けます。花壇用に便利ですが、季節感が無いので私としてはランクが低い品種です。日本の朝顔と交雑しないので別品種という事でしょうか。最近雑草化しているようでゾッとします。

へぇ~、この朝顔は外来植物のだったのですか。知りませんでした。かなり繁殖力が強いようで、夏場に刈り取られても、秋口にまた伸びてきて、一乗寺から修学院にかけての線路脇の柵のいたるところに真っ青な花を咲かせています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】第6回えいでんまつり「イベント列車」:

» 今は「秋」…なのか? [更新する気のないブログ]
もう直ぐ、11月になろうかって云う時期に台風。。。 外は大雨。部屋の中は冬のような寒さ。。。で、庭の [続きを読む]

« 【叡電】えいでんまつりのイベント列車をネットで中継 | トップページ | 【叡電】第6回えいでんまつり「会場の様子」 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ