« 【叡電】紅葉休日ダイヤも今日まで | トップページ | 【京阪&叡電】12月はやっぱりクリスマス(^^♪ »

2010.12.01

【紅葉日記2010】(その7)京都御所の紅葉

勤労感謝の日は、大原へリベンジしようとまたハイキングの用意までしてバス停にいったのですが、晴れの天気予報とはウラハラに、一転黒雲が広がって時雨てきました。この時期の北山では、街中が晴れてても、急に曇ったり降ってきたりの「北山時雨」によく泣かされます(+_+)

それで、行き先を南に変えて、京都駅前のヨドバシカメラのウィンドウショッピングからまんがミュージアムでの読書(?)と、天候に関わりなく遊べるところを回って、帰りは京都御所を横切って戻ってきました。
*
1123_gosyo01
間之町門を入るとすぐ右手に拾翠亭と厳島神社が建つ九条池があります。(写真は九条池) 御所は子供のころから何度も来ているのにこの池もお宮さんもまったく知らずに、「へぇ~、こんな大きな池が御苑のなかにあったんや!」と驚いたしだい(^^ゞ
まだまだ、京都には、知らない世界が一杯です。
*
1123_gosyo02
勾玉池(九条池)のほとりに建つ拾翠亭
*
1123_gosyo03
手前の葉を落とした木はサルスベリ(百日紅)です。この池の周りは百日紅の名所だそうです。盛夏の花の頃にまた涼みに来て見たいです。
*
1123_gosyo04
京都迎賓館の借景のもみじとイチョウ
誰も拾わないのか銀杏がいっぱい落ちていました。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】紅葉休日ダイヤも今日まで | トップページ | 【京阪&叡電】12月はやっぱりクリスマス(^^♪ »

コメント

華子はんがご幼少のみぎり
今もやけど
その池のカメさんとコイさんに よう
会いに行きましたんえ~
あそこの鳥居は京都三珍鳥居の一つですよ~

私はいっぺん仙洞御所に入ってみたいんです。

マンガミュージアムの前身はマイ母校。
ああいう状態でも壊されるよりは良かったと思うように
してますねん。

京都を歩く場合、路地裏を歩くと新しい発見がありますね。
旧塗装のデオ722が検査入場しました。

>> 華子さんへ

中京・上京の子には、御所は「大きな裏庭」ですね。
おおっぴらに野球やサッカーは出来ないけど、走り回るのにはサイコーですよね。

龍池校が母校なんですか、子供の頃は街中の「てっきんこんくりーと」の学校がカッコよく見えました。片田舎のがっこはまだ木造ばかりだったもんで

>> 関西鉄道倶楽部さんへ

いよいよ722号も入場ですか。赤か青の帯をまとって出てくるんでしょうね。残るは1台だけに。

お久しぶりです。
残る旧色は724、でしたっけ?

そうですね。
だいだい工場には2ヶ月くらい入ってるので、来年3月頃には、すべて塗り変わってるかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【紅葉日記2010】(その7)京都御所の紅葉:

« 【叡電】紅葉休日ダイヤも今日まで | トップページ | 【京阪&叡電】12月はやっぱりクリスマス(^^♪ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ