« 北白川を散策してきました(その2) | トップページ | 【叡電】今日の叡電 市原~岩倉間を歩く »

2011.02.26

【京都市バス】3月26日市バスダイヤ改正

京都交通局のサイトの発表によれば、3月26日に京都市バスのダイヤ改正が予定されています。

我が洛北地区の市バス路線図にも少し変更があります。
5月に、左京区役所が松ヶ崎地区に移転し、来訪者輸送のため、65系統のコースが、

(現行)岩倉操車場~修学院離宮道~上終町~田中大久保町~四条烏丸
         から
(改正)岩倉操車場~修学院離宮道~修学院駅前~松ヶ崎海尻町~左京総合長庁舎前(現:松ヶ崎泉川町)~高木町~高野~田中大久保町~四条烏丸
    に、変わります。

この内、修学院駅前は新設扱いですが、西行きは昨年まで北8系統が止まっていた停留所の復活、東行きは、現在休止中の京都バスの停留所の復活と思われます。

松ヶ崎泉川町~高木町間は現在定期の路線は無く、京都バスの55系統の高野車庫との回送車が通ったりしてますが、初の営業路線開設です。

運行ダイヤまでは、発表になってませんが、今の一時間に一本程度の閑散ダイヤは少しは増発されるかもしれません。また並行して走る京都バスの55系統にも、何らかの変化が予想されます。こちらは今のところ何も発表がありませんが。

白川通りを岩倉から松ヶ崎方面に走るバスは、35系統が10年以上前に廃止になって以来、久しぶりの復活です。ただ通しで乗ると迂回コースとなるため、10分程度は所要時間が増えると思われ、果たして乗りとおす人があるかどうか(笑)

このほかの変更は、交通局のお知らせをご覧下さい
http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000094324.html 

*

Bus_5_01
Bus_5_02
Bus_5_03
2月28日まで、「四条通社会実験」 http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000093605.html
のため、5系統のコースが変更になってます。わざわざ行き先表示も専用のものを作ってます。かなりの入れ込み様ですね(^^ゞ

まあ、これで公共交通機関をうまく使った都市交通基盤が確立できれば、安いものですが。税金を使っただけで、報告書一冊作って終わり(^^) に、ならないように願いたいですね。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 北白川を散策してきました(その2) | トップページ | 【叡電】今日の叡電 市原~岩倉間を歩く »

コメント

かつて京都バスの31系統が通ってた通りですね。よく乗りましたが、修学院道経由のほうが増えてきて、やがては廃止に。
戦前の市バスが松ケ崎へ行っていたのは、高木町からの旧道でした。

そういえば、京工大の角をよく大型車が曲がってたものです。

そういえば、修学院駅前から松ヶ崎海尻町へ向かう京都バスがありましたね。すっかり忘れてました。

今、松ヶ崎地区の旧道を歩くと、よくこんな道をバスが走っていたものだと驚きます。

こんばんは。

社会実験は5系統を四条通ではなく五条通経由にする、というものでしたね。

確かに、2月中はバスの遅延がなく、定時に来ました。
3月に戻ってからは又少し遅延が出ていますので、迂回は効果あったものなのかもしれませんね。
とはいえ、五条通も国道ですし渋滞する時はしますから、どうなのでしょうねぇ・・・

写真に関してですが、上の2094号車は5系統受け持ちの西賀茂(京都バス)の最新車、下の6086号車は最古のバスですね。
西賀茂最古の6086号も今年で16歳ですが、いつまで活躍してくれるか・・・

65新設区間の高木町~泉川町の間にもバス停があっても便利かもしれませんね。

>> 5系統さんへ

五条通は、四条通に比べて広いので、バス専用レーンなどが確保できればそれなりにスムーズに運行は出来るでしょうね。
御池通へ迂回した32系統とあわせて、全体の報告を待ちたいところです。

5系統は、バスの車体にも詳しいんですね。私には判別がつきません(^^ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【京都市バス】3月26日市バスダイヤ改正:

« 北白川を散策してきました(その2) | トップページ | 【叡電】今日の叡電 市原~岩倉間を歩く »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ