« 【叡電】小ネタ2題 | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2011)その9 (名残の桜) »

2011.04.28

【叡電】春の花シリーズ(2011)その8 (名残の桜)

16日は、「ちょっと山間の鞍馬なら、まだ桜が満開かも?」と思って、行って見ましたが、やはりもうすでに見ごろ過ぎでした(^^ゞ
*
813_44
鞍馬駅構内の桜です。ちょっと見ごろは過ぎてましたが、まだまだ綺麗です。
デオ813+814
*
903_85
叡電のHPでも、「沿線でもいちばん見事」とたたえられた桜並木です。ヤマザクラなので、すでに赤紫の葉っぱが混じっています。
*
903_86
上の写真の電車のいる位置まで近づいて、戻って行くのを後追いしました。風が吹くとハラハラと散って風情があります。 (貴船口~鞍馬間) デオ903+904
*
815_67
貴船口のお立ち台です。ここは楓の木ばかりかと思ってましたが、一本だけ桜が植わってました。この電車が来る少し前に急に時雨れてきて、強風が吹き、一面の桜吹雪になりました。でも電車が来た時は止んで、普通の風景にガッカリ(^_^;)
(二ノ瀬~貴船口間) デオ815+816
*
811_63
カーブを梶取社の境内側から見たところです。谷川のふちに白っぽい桜が咲いてました。 デオ811+812
*
801_54
貴船口から二ノ瀬へ移動して、二ノ瀬ユリ登山口の民家の庭に咲く桜を撮影。このお庭は四季の草木が次々に咲いて、一年中被写体に困ることが無いうれしいポイントです(^^♪  (二ノ瀬~貴船口間)  デオ801+851

(三宅八幡へ続く)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】小ネタ2題 | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2011)その9 (名残の桜) »

コメント

新緑の楓と散りゆく桜、雲錦模様ですなぁ…。

この季節は、「日本人でよかったなぁ
って、思いますよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】春の花シリーズ(2011)その8 (名残の桜):

« 【叡電】小ネタ2題 | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2011)その9 (名残の桜) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ