« 比叡山延暦寺に登ってきました。(その2) | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2011)その6 (出町柳と茶山の桜) »

2011.04.20

【叡電】春の花シリーズ(2011)その5 (桃とコブシ)

精華大前駅の回りも、桃や桜が花盛りです。
いつもはサクラにばかり目が行って、気がついたときには散ってしまっている桃の花にカメラを向けてみました。

*
903_81
駅の鞍馬寄りに、桃の並木があります。叡電のHPの説明によれば、玄武の会の活動の一環として植えられたそうです。
*
Seikadai03
大学の駐輪場から見下ろすと、こんな感じです。駅前にはまだ畑や空き地が広がってて、のどかな雰囲気です。
*
811_61
桃源郷をデオ811+812が通り過ぎていきます。
*
901_0098

赤やオレンジは、ピンクに埋もれてしまうので、ブルーやグリーン系の車体色の電車の方が、見栄えが良いみたいですね。
*

Seikadai02
木野駅との中間の通称「こぶし街道」の踏み切りへ移動しました。この都市計画道路には、1キロほどに渡って、コブシが街路樹として植えられています。
*
801_52
次の電車は、デオ801+851でした。白い花には、真っ赤なきららが似合うところですが、中々思うように電車がやってきませんね(笑)

(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 比叡山延暦寺に登ってきました。(その2) | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2011)その6 (出町柳と茶山の桜) »

コメント

を~♪
モモちゃん、キレイですね~♪
桜はなかなか良い色に写りませんけど、モモは色がハッキリしているので写真映えしますね(^^)
信濃国でもモモがパッカンパッカン咲いています(^^)
このところ天気が悪く、しかも寒い日々が続いているので花が長持ちしています(^^;
桜は咲くのを休んでいる感じです(^^;

コブシ、これも季節感バッチリですね♪
隠密にはコブシとハクレンの違いがわかりませんが…(;^_^A

関西はいいですね。カラフルな車両が多くて、だけど待っているときには来なくて、待っていないときは次々とうってつけの車両が来るのは私だけではなかったのがよく解りました。(*_*)

>> 隠密さんへ

コブシとハクモクレンはなかなか見分けが付きませんよね。
「花のすぐ下に一枚の葉が出ているがコブシ」でモクレンにはこれが無いのだそうです。

この写真を撮ったお庭には、となりにもう花は終わりかけでしたけど、ムラサキのモクレンが植わってたので、この白い花もハクレンだとばかり思ってました。

帰ってから、写真を拡大して「コブシ」と判りました。

>> 西町小さんへ

叡電は、わずか20数両の小世帯なのに、観光客の目
を引くために、1編成毎に塗り分けが違ってて、面白
いです。

待ってると中々来なくて、移動中はいくらでも来るの
は、いずこも同じですね(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】春の花シリーズ(2011)その5 (桃とコブシ):

« 比叡山延暦寺に登ってきました。(その2) | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2011)その6 (出町柳と茶山の桜) »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ