« Studio it Kyoto 展 染め&縫い | トップページ | 【叡電】小ネタ2題 »

2011.04.26

【叡電】春の花シリーズ(2011)その7 (椿と桃)

16日は、「ちょっと山間の鞍馬なら、まだ桜が満開かも?」と思って、行って見ましたが、やはりもうすでに見ごろ過ぎでした。でも鞍馬街道を歩いていると、今まで気がつかなかったけど、山椿が真っ赤な花を咲かしているのにあちこちで出会えました。
*
801_53
鞍馬の火祭りの出発点、由岐神社のお旅所裏のヤブ椿。横手の信号と比べてもかなりの樹高に育っています。  (貴船口~鞍馬間) デオ801+851
*
813_45
こちらは、お馴染みの二ノ瀬ユリ登山口のヤブ椿です。足場が悪くてアングルに苦労しているうちに、電車が来てしまいました(笑)。  (二ノ瀬~貴船口間) デオ813+814
*
901_0100
二ノ瀬から八幡前に移動して、駅前のお宅の庭からはみ出して咲いている桃の枝と赤きららのツーショットを一枚。毎春、白っぽいのから、濃い赤まで、ピンクのグラデーションで楽しませてくれます。 (八幡前~岩倉間) デオ901+902
* で
903_87
同じ場所ですが、駅のホームに上がって、すこし引いて撮影してみました。
デオ903+904

(名残の桜へ続く)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« Studio it Kyoto 展 染め&縫い | トップページ | 【叡電】小ネタ2題 »

コメント

こんばんは
なかっちょさんは、電車だけじゃなく、
にも詳しいですね~
その点ありんこは、からっきしです。
椿は判っても、「ヤブ椿」となると、
「そんな椿、あったんやぁ~」ってなってしまいます。

こんにちは。

わたしもお花(植物)のことは全然知らなかったんです
けど、写真を撮っては、ネットの植物図鑑と照らし合
わせているうちに、だんだん分かるようになってきま
した。

ツバキは、園芸品種はいっぱいありますけど、野生や
田舎の庭先に植わってて、真っ赤な花を咲かすは、
原種に近いヤブツバキです。

子供の頃は、落ちた花を紐でつないで、首飾りを作っ
たりしませんでしたか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】春の花シリーズ(2011)その7 (椿と桃):

« Studio it Kyoto 展 染め&縫い | トップページ | 【叡電】小ネタ2題 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ