« 【阪急】河原町行きになった、「京とれいん」1号に初乗り | トップページ | 【京阪】地上線の淀駅の最後を記録してきました。 »

2011.05.16

下鴨神社の境外摂社、赤の宮神社

昨日は、葵祭りでした。晴天に恵まれ日曜ということもあって、大勢の見物客で賑わったようです。私の読ませてもらっているプログや掲示版にも、たくさん投稿がでています。

さて、私はというと、阪急の京とれいんから京阪四条駅に乗り換えると、出町柳行きは下鴨神社へ行く人でチョー満員。見物はあきらめて、家に帰ることにしました。
*
Akanomiya01
出町柳から大原街道を歩いて、高野の図書館で本を借りたところで、下鴨神社のお旅所の「赤の宮神社」を思い出して、「今日は本社がお祭りだから、なにかやってるかも?」と、回ってみました。

でも、拍子抜けするほど何も無し(笑) いつもと一緒です。賀茂御祖(かもおみや)神社境外摂社賀茂波爾(かもはに)神社が正式名だそうですけど、地元では「下鴨神社のお旅の赤の宮」で通ってます。
*
  Akanomiya02

葵祭りに先立つ、5月12日に、比叡山の麓(叡電八瀬駅の手前の山の中)の御蔭神社から、神様を下鴨神社へお迎えする御蔭祭りの中継点として旧大原街道に面して奉られています。

この神社のある高野地区は、となりの田中地区・下鴨地区とあわせて戦前の京都市の都市計画で市電外周線の経路に指定され、鐘紡の工場が誘致され、早くから都市化が進みました。

そのため、昭和40年代に入って、やっと都市化されてきた修学院・一乗寺・松ヶ崎といった隣町とは違ったイメージで、今でも「高野までは京の内」といったところです。現実に高野地区までは市バスの市内均一区間、そこを過ぎると近郊区間で運賃が高くなります
*

Mikage03_1

修学院地区を通り抜ける御蔭祭りの様子です。先頭に雅楽を奏する先導車、続いて「荒魂」を載せた車、そのあとに神主さんや信者の方の車が続きます。

天下られた神様を八瀬から旧街道を下って、旧高野村の村外れにあたる高野泉町でお迎えし、このお社でしばらく休憩していただきます。
:
  Mikage11
それから、下鴨地区を徒歩で巡行して、下鴨神社へお渡りいただきます。(今年は残念ながら雨で徒歩列は中止になりました。写真は、2007年の撮影です。)
*
Akanomiya03
お祭りの当日は、この神社の境内にも屋台がならび、神事を見物に来るひとでいっぱいになります。境内にご神水が湧いています。ちかくの人がよく汲みに来るそうです。

最近この付近は、「一乗寺ラーメン街道」として喧伝されてますが、あるいはこの湧き水もラーメンの味に一役買ってるかもしれませんね。
ちなみにわたしは、「高安」か「珍遊」の味がお好みです(笑)
 
pinboke_entry

« 【阪急】河原町行きになった、「京とれいん」1号に初乗り | トップページ | 【京阪】地上線の淀駅の最後を記録してきました。 »

コメント

なかっちょさん
私も、葵祭に行きたかったんですが
野暮用で行けず、残念な思いをしてたんですが
楽しみ方は、他でも味わえること知り
次の機会に、訪れてみます!

ナンシーおばさん、おはようございます。

葵祭り行かれなくて残念でしたね。
でも、お祭りのときじゃなくても、
出町から下鴨・植物園・上賀茂と加茂川の
遊歩道を歩くと、すがすがしい気分になれます。

大田の沢の杜若も見ごろとのこと、お出かけあれ。
帰りは、やきもちのお土産を忘れずに

泉町で道幅が狭くなるのは、かつてここで市バスが折り返していた名残だと信じております。
戦後、北白川経由に付け替えられたのが現在の5系統の祖先です。

信者ときいて某アニメが頭をよぎってしまいました。
この時期の京都バスの車庫あたり、若葉がいいですね。
(あの作品では高野橋が存在してませんでしたが)

なにわさんへ

高野泉町付近には、鐘紡社宅や陸軍病院などがあり
叡電のコースとも直接競合しないので、京都バス
(当時は鞍馬バス)とともに乗り入れてたんで
しょうね。

某アニメは、最初はマイナーだったのに、いつの間に
かメジャーになりましたね。

前も書きましたが、信者が聖地巡礼に来るのに、
隣の県と違って、地元があまり騒がないのが
不思議で

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下鴨神社の境外摂社、赤の宮神社:

« 【阪急】河原町行きになった、「京とれいん」1号に初乗り | トップページ | 【京阪】地上線の淀駅の最後を記録してきました。 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ