« 法然上人二十五霊場巡拝記(その5)須磨寺から4番如來院へ | トップページ | 【叡電・京阪】今日のピンぼけスナップ »

2011.06.04

法然上人二十五霊場巡拝記(その6) 6番四天王寺と7番一心寺

巡拝記の続きです。今回は大阪の四天王寺と一心寺を回ります。
*
Hounen_jyunpai2_11

尼崎駅に戻るともう3時半をまわっています。「へたすると門限で朱印はいただけないかもしれないけど、とりあえず行ける所まで行ってみよう。」というわけで、阪神なんば線の近鉄奈良直通の快速急行に乗ります。

上本町で地下鉄に乗換えて、四天王寺に着いたのが4時10分、受付終了の10分前。無事に朱印をいただいて、西門を飛び出してすぐそこの一心寺へ急ぎます。でもこちらは4時に受付終了で、既にタイムアウトでした。

朱印の受付は終わりですが、お寺は日没まで開門しているので、骨仏さまを拝み、法然さまが四天王寺西門前に庵を作られた跡と伝えられる開山堂の法然像に「今日は間に合いませんでしたが、毎日近くまでは来ておりますので、また寄らせていただきます。」
と報告し、残ったお菓子をハトにやり、最後に西日にそまる超モダンな山門(建築家でもある住職の設計なのだそうです。)の仁王像を写真に収めました。
*

Hounen_jyunpai2_12

ふたたび四天王寺にもどって、こちらも諸堂の扉が閉められて急に人影の少なくなった境内を犬を連れた近所のひとたちに混じって散策します。じつは四天王寺は30数年ぶり、一心寺にいたっては、初めてのお参りになります。

西日に照らされたお堂はなかなかフォトジェニックです。特にこの西門は極楽の入口とされ、昔は上町の高台にある門から海に沈む夕日を見て極楽往生を願ったと云われます。もちろん今は高層ビルに阻まれて大阪湾はまったく見えませんが(笑)

ノラネコなのか数匹のまだ若いネコがお盛り物をねらってちょろちょろしたりしてます。亀の池は、何十、何百匹のかめさんが泳いだり日向ぼっこしたりと思い思いに過ごしてます。夕方のお寺は近所の子供達にはおおきな公園みたいなもので、お地蔵様の影で鬼ごっこしたり、石段を登ったり下りたりしてはしゃいでました。目に余らない限りお坊さんも黙認なんでしょうね。
*

Hounen_jyunpai2_13Hounen_jyunpai2_15
もう5時を回りましたが、まだまだあたりは明るいです、天満橋まで熊野街道を歩いて帰ることにします。しばらくは上町の寺町を通ります。ここもお寺さんばかりです。谷町六丁目駅と九丁目駅の間くらいの道の真ん中に、枯れかけた杉の木が立っており根元には祠まであります。末広大明神と石碑には彫られています。道の真ん中の神社は話には聞いたことがあるのですが、実際に見るのは初めてで(@_@;)です。
*
Hounen_jyunpai2_14
道は空掘商店街に入ります。この付近は奇跡的に戦災をまぬかれたそうで、大阪市内中心部とは思えない、古い民家が残ってたりします。
空堀というだけあって、大阪城の外堀の跡なのか台地の真ん中に急に窪地があったり急坂になったりと平地の多い大阪市内には珍しい変化に富んだ地形を楽しめます。

中央大通りを越えて、谷町四丁目からやっと天満橋に着きました。くたびれたので京阪モールの休憩コーナーで一休みして、今日一日を振り返りました。万歩計は付けてませんが、一万歩以上歩いたのは間違いないでしょう(笑)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 法然上人二十五霊場巡拝記(その5)須磨寺から4番如來院へ | トップページ | 【叡電・京阪】今日のピンぼけスナップ »

コメント

なかっちょさん、こんにちは。
明日まで梅雨の中休みが続くようで明日は久しぶりにどこか出かけようかと思案しています。

4時に四天王寺は強行軍ですね。四天王寺も参道の高野槙屋や釣鐘饅頭屋などおもしろい地区ですね。一心寺の骨仏さんは初めてお参りしたときびっくりしました。
寺や神社の境内で子供が遊んでいるのは日本らしくていい光景です。

>> 亜熱帯気候さんへ

こんにちは。上町筋は地形的には山手なのに、雰囲気的には下町のような面白い町ですね。
普段は地下鉄か車で通過するだけなので、ゆっくり歩けて良かったです。

近々もっと強行軍で回る計画を立てて、いつ決行するか天気予報と相談中です

なかっちょさん
今日、私も四天王寺さんと一心寺さんに行ってきました。
大阪育ちの私には、お庭のようなもので
一心寺には、伯母のお墓があります。

>> ナンシーさんへ

そうですかぁ。私は船場の会社へ電話番(笑)で休日出勤してました。
でも2時にはあがったので、「朱印帖を持ってきてれば、
一心寺か京阪沿線のお寺に回れたのにぃ。」と、
思いながら京都へ帰ってきました。

今度、お参りしたときには、伯母さんのお墓に礼拝しておきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法然上人二十五霊場巡拝記(その6) 6番四天王寺と7番一心寺:

« 法然上人二十五霊場巡拝記(その5)須磨寺から4番如來院へ | トップページ | 【叡電・京阪】今日のピンぼけスナップ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ