« 【叡電】けいおん!! x えいでん!! の記念切符&HM付列車 | トップページ | 法然上人二十五霊場巡拝記(その8) 9番当麻寺から10番法然寺へ »

2011.06.14

法然上人二十五霊場巡拝記(その7) 7番一心寺から9番当麻寺へ

法然上人の足跡をたどる巡拝の第3回目を回ってきました。今回は近鉄南大阪線・橿原線・奈良線の沿線です。
*
Hounen_jyunpai3_01

朝早くから、西院で嵐電の「宅急便」電車を写した後、阪急・地下鉄と乗りついて前回の終点の四天王寺前夕陽丘駅にふたたびやってきました。

受付は9時からですがお寺はすでに開かれているので前回見れなかったお堂をいくつか参らせてもらいます。おみくじの元祖「比叡山の元三大師堂」の前には茅の輪くぐりが仕立ててありました。前回に須磨寺で見たときは、「まだ5月なのに気の早い。」と思いましたが、6月に入るといよいよ一年も半分終わろうとする実感がありますね。

隣の大黒堂にも比叡山東塔とおなじ「三面大黒天」がお祭りしてありました。ご本尊の三面大黒さまは秘仏で非公開のようですが、脇に信者の方の奉納された等身大の大きな大黒様が鎮座されておられるのに「商売繁盛」と「巡拝の交通安全」をお祈りしておきました。

9時前になったので、西門をでて一心寺に向かいます。門の周辺では、社会見学の小学生がお寺のひとから聖徳太子のお話などを聞いてました。門をでてすぐ南側に「布袋堂」があります。大きなおなかを出して福々しい顔をされてます。福の神様にご挨拶できて、今日一日の巡拝は成果がありそうです(笑)
*

Hounen_jyunpai3_02

9時ちょうどに一心寺に行くと「朝のお勤めがありますから、ぜひどうぞ。」ということで本堂に上げていただきます。邪魔にならないように隅のほうでお念仏を上げてきましたが、こんな時間にお寺にいくことは滅多にないので、よい仏縁になりました。このブログの読者の方の親戚のお墓があると聞いてきたので、お墓のほうにも一礼させていただきました。
前回は逆光で見えにくかった仁王さまもこの朝はゆっくりと見れました。

谷町筋を天王寺駅に向かう途中の動物園の裏手に「堀越神社」があります。由緒書をみると、「聖徳太子が四天王寺の守り神様として建立された。」とあるので、さっそくお参りします。なんでも「一生に一度の願いを聞き届けて下さる。」とのことで、「心願成就」を願ってきました。一生に一度なので、具体的なお願いは内緒(笑)
*

Hounen_jyunpai3_03

当麻寺に向かうため、阿部野橋駅に着くとちょうど準急は出たところ次のは20分待ちです。うまい具合に特急乗り場にリニューアルした方の「さくらライナー」が止まってたので、特急券を買って尺土まで初乗りしてみることにしました。

阿部野橋をでた電車は、やがて羽曳野・古市の古墳群に差し掛かります。電車の窓からも古墳らしき緑の小山が見え隠れします。特急は大阪府下の駅は素通りですが、いつかは古墳めぐりもしてみたいと思ってます。もし準急に乗ったなら、後先を考えずに道明寺か古市で途中下車したかもしれないのでむしろ特急の方が良かったかも(笑)

石川を渡り、回りにぶどう畑が目立つようになると、電車は山間の竹之内越えに差し掛かります。この付近は聖徳太子や蘇我氏に縁の場所です。府県境のトンネルをぬけると線路は下り坂となり、ニ上山が見えてくると当麻駅です。でも特急は通過なので尺土で各停に乗換えて2駅ほど戻って下車です。

(当麻寺から橿原へに続く)
*

110608_2「さくらライナー」のロゴ入りの特急券
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】けいおん!! x えいでん!! の記念切符&HM付列車 | トップページ | 法然上人二十五霊場巡拝記(その8) 9番当麻寺から10番法然寺へ »

コメント

なかっちょさん
一心寺で墓地にお参りしていただき、
ありがとうございました。
また、奈良へのお参りの事、楽しみにして
参考にさせていただきます。

はじめまして。
いつもブログ楽しく読んでいます。
羽曳野出身で出身高校が四天王寺前、出町柳近辺に住んでたこともあるので、
初めて書き込みします。
古墳は内部に入ることができませんから、
外から眺めて「ああでかいなあ」と思うことしかできません(笑)
埴輪などを展示してあるアイセル・シュラホールに行かれるとよいかもしれません。
(私は行ったことがないのですが…汗)

>> ナンシーさんへ

京阪奈というくらいで、奈良盆地は近いですね。
そんなに時間を気にすることも無くゆっくりと
回れました。

今週末に第四回目を計画してますが、天気が

>> satorudate さん

はじめまして、いつも読んでいただいてるとのこと、有難うございます。

近鉄南大阪線の沿線は京都から近いんですが、何となく回り道に感じられて
今まで、一度くらいしか探索したことがありません。

「アイセル・シュラホール」のHPへ回ってみました。古墳に劣らず、すごい建物ですね。

ぜひ一度は行かなくては

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法然上人二十五霊場巡拝記(その7) 7番一心寺から9番当麻寺へ:

» グリーン車な気分で世界遺産・吉野へ 近鉄特急さくらライナー デラックスカー [グリーン車 アッパークラス体験記]
 大阪阿部野橋から橿原神宮を通り吉野へ向う近鉄南大阪線・吉野線にも特急が走っております。その中でも、白い車体にピンク色がアクセントである「さくらライナー」は、この春に ... [続きを読む]

« 【叡電】けいおん!! x えいでん!! の記念切符&HM付列車 | トップページ | 法然上人二十五霊場巡拝記(その8) 9番当麻寺から10番法然寺へ »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ