« 法然上人二十五霊場巡拝記(その9) 藤原京と大和三山めぐり | トップページ | 【叡電】初夏の花シリーズ(2011)その3 »

2011.06.18

法然上人二十五霊場巡拝記(その10) 11番東大寺指図堂

巡拝の最後は、東大寺の境内を散策します。
*
Hounen_jyunpai3_14
奈良交通バスは2Dayキップが使えないので、歩いて大仏殿に向かいます。県庁前まで来るとさっそく鹿が草を食んでいるのが見られます。官庁街に野生動物がウロウロしてるのは、おそらく奈良市だけでしょうね。東大寺の参道まで来ると、もう修学旅行の学生さんの団体でいっぱい。行列を除けながら大仏殿に入ります。

実は「大仏さんなんて子供の見せ物だ。」との思いが強くて、大人になってからこのかた大仏殿には入ったことがないのですが、久しぶりに入ってびっくり、「ここはお寺というよりテーマパークだ!」

もちろん盧舎那仏(大仏さま)も金堂(大仏殿)も宗教施設に違いありませんが、写真は撮り放題、柱や壁や仏像の台座までも触るくらいならOK、柱くぐりは遊園地の穴抜けそっくりで、鹿にハトに鯉に亀のエサまであるし・・・・・子供も大人もはしゃぎまくってます。「お寺=静かなところ」という公式は当てはまらないようです。今度は子供を連れて一緒に騒ぎましょう(お坊さんゴメンナサイ)
(写真は、大仏様の背中の様子、さすがにデカイ)
*
Hounen_jyunpai3_15
受付で、「指図堂のご朱印はどこでいただけますか?」と聞くと、「お堂は土日しか公開してないので、寺務所へ回ってください。」とのこと。参道を離れて一転して静かな寺務所の受付へお願いに行きます。東大寺ほどの大寺院になるとひっきりなしに問い合わせの電話がかかってきたりして、受付は大忙しです。

これで今日の予定のところはすべて回りましたが、まだ日は高いので、修学旅行生の来なさそうなところを選んで境内を一周します。大仏から二月堂・三月堂→若草山のメインルートを外れると「大仏様のお寺にもこんな静かなところがあったんや。」と思うような修行の場が続きます。大仏殿の裏手なんか初めて見ましたし(↑)、指図堂、阿弥陀堂、戒壇堂、千手堂から中門、転害門へ抜けるあたりは「知る人ぞ知る。」といった散歩道でした。下の写真は、戒壇堂の北門です。いかにも奈良らしいスナップでしょ
**
Hounen_jyunpai3_16

小腹が空いたのでコンビニでパンをかって、猿沢の池のほとりで鹿やハトやワンちゃんにも分けてあげながら、デジカメのモニタを見て今日一日を振り返りました。今日もよく乗り歩き撮りました。

次回は、/の週末なので近場の京都市内を回ります。
*

pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 法然上人二十五霊場巡拝記(その9) 藤原京と大和三山めぐり | トップページ | 【叡電】初夏の花シリーズ(2011)その3 »

コメント

テーマパークという表現に、妙に納得!
布教するために仏教を”テーマ”にした空間を作ったと考えるとぴったり^^。

>> りばてぃさんへ

逆にテーマパークは「アミューズメント教」の布教所(笑)ともいえますね。

結局、人間はなにかしら日常生活をリセットできるところを求めてんですよね。

東大寺って、写真撮ってもよくなったんですね?自分が昔東大寺に行ったときは撮影は駄目ということで、千円も取るのにケチだなあ~と残念がってたんですけれど(^^;でも、たしかに楽しいですね、大仏を見ていると。

>> slowmotionさんへ

こんにちは。前庭はもちろん、大仏殿の中で写真を撮っても、ぜんぜん何も云われませんでしたよ。

修学旅行生はケータイやコンデジで、外国人観光客なんかは、小型ビデオカメラで、
日本人のお参りする光景を珍しそうに写してました。
わたしも正面から堂々と(笑)大仏サマのポートレートを写してきました。
あらためて写真をじっくり拝見すると、大仏さまは美男子ですね(^^♪

拝観料は500円になってました。

ふっふっふ、南大門に軟式テニスボールを投げ上げて遊んでいた私に比べればそんなもの・・・。

>> なにわさんへ

恐れ入りました

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法然上人二十五霊場巡拝記(その10) 11番東大寺指図堂:

« 法然上人二十五霊場巡拝記(その9) 藤原京と大和三山めぐり | トップページ | 【叡電】初夏の花シリーズ(2011)その3 »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ