« 【叡電】真夏の花シリーズ(2011)その3 | トップページ | 【阪堺】夕暮れ撮影会の下見にまた行ってきました。 »

2011.07.26

【京阪】旧3000系特急車(現8030番台) 40周年

いささか旧聞の感もありますが、旧3000系(現8030番台)特急車が登場40周年を迎えて、HMを付けて運転しています。
*
8031_03
1971(S46)年7月1日から運行開始したそうですが、管理人が意識して実車を見たのは、その年の秋の遠足にいった枚方パークからの帰り道の枚方市駅だったと思います。

当時は、特急は七条~京橋間はノンストップですから、すれ違ったか、追い越して行った特急を「あっ!! 新型だぁ~」とか、叫びながら見送ったのでしょう。

当時の枚方市駅は、まだ地上駅で、狭いカーブしたホームが並んでいました。その京都よりの端から見た記憶があります。
*
8031_04
それから10年ほどして社会人となり、毎朝晩この電車に揺られて大阪に通う日々が始まりました。東京と大阪の社宅にいた通算15年を除いて、おそらく今までの人生で、一番お世話になった電車でしょう。(回数は叡電のほうが多いかもしれませんが、京阪のほうが乗車距離がダントツに長いので)
*
8031_05
1980年代頃は、夜10時台以降の特急は、3両に減車され長い京橋駅のホームの真ん中辺に、チョコンと止まっていたのを思い出します。

80年代の終わりには、鴨東線開業にともなう増結に8000系の中間車が組み込まれて編成美をみだしましたが、乗り心地は良いので(笑)、好んで乗ってました。

90年代に入り、8000系の増備と引替えに廃車が進みましたが、いよいよあと一編成かという土壇場に、延命が打ち出され、ダブルデッキの車まで作られてしまいました。

その時「3000系は(当時の)京阪の社長が車両部門の責任者の時に開発した思い出の車なので、生き残った。」というようなウワサを聞きました。(真偽のほどは不明?)

先々代の特急車の1900系は、一般車に格下げながらも50年以上生き延びました。過酷な(最近は停車駅が増えてややゆとり)特急運用をいつまで続けられるのでしょう。

2012年か13年に予定される、新塗装への塗替え完了の時期に40周年を花道として新3000系の2次車に道を譲のでしょうか?
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】真夏の花シリーズ(2011)その3 | トップページ | 【阪堺】夕暮れ撮影会の下見にまた行ってきました。 »

コメント

こんにちは。

旧3000系も40周年ということは、私より1つ年下ですえ。

テレビは今もあるのでしょうか。

関西私鉄各社は塗装が新しくなってきていますが、昔のカラーがよかったと思う今日この頃です。

なかっちょさん
電車には全然疎くて、知らなかったんですが、
3000系って言うのは、希少な電車なんですね。
8000系のはよく見ますが・・・。
毎日、特急電車に乗っていても
ちゃんと見てなかったです。
明日からは、しっかり確認して
乗ってみたいと思います。。。

>> kaz_eg6 さんへ

京阪特急の代名詞が「はと」のマークと「テレビカー」でしたが、8000系の
リニューアルの進行によって、あと2・3編成しかテレビの付いた電車は
残っていません。

今の塗装にもだいぶん馴れて(笑)きましたが、やはり昔馴染みの色がいいですね。

>> ナンシーさんへ

普通の人が電車に乗るときに考えるのは、「座れるかなぁ。」とか
「エアコン効いてるかなぁ。」なんかでしょうけど、

鉄道ファンが、列車が近づいてきた時にまず見るのは、「何番の電車かなぁ?」
と、いうところなのです。

ひとによって、お気に入りの番号の車があって、運良くそれに乗れると、
一日がだったりします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【京阪】旧3000系特急車(現8030番台) 40周年:

« 【叡電】真夏の花シリーズ(2011)その3 | トップページ | 【阪堺】夕暮れ撮影会の下見にまた行ってきました。 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ