« 【叡電】真夏の花シリーズ(2011)その1 | トップページ | 【阪堺】住吉灯籠 »

2011.07.04

法然院の鹿踊り展と相国寺の浮世絵展に行ってきました。

こんにちは。

昨日も今日も、晴れたり曇ったりちょっとパラついたりと、ハッキリしない天気でしたね。

鹿ケ谷の法然院でやってる「鹿踊りの写真展」と相国寺の「浮世絵展」を見に行ってきました。
*

Hounen_syokoku01
法然院は、たまたま新聞で「いしはらとも写真展-東北∞しか」という記事を見つけて、昨日までだったのであわてて行って来たのです。

「鹿踊り・獅子踊り」というのは、東北各地に伝わる民族芸能なのだそうですけど、私は不勉強でまったく知りませんでした。でも記事の「踊りに使う衣装も、鹿の角の飾りもみんな流されたり、壊れたりした。そのため鹿の角を集めて、東北へ送る準備をしている。」という内容に突き動かされました。

会場には、いしはらさんご本人がおられ、「新聞を見てきた。」というといろいろと説明をしていただきました。
「鹿の角もなんでも良いわけではなく、長さや角の数、角度まで厳しく決まっている。また、暖かいところより寒いところ、関西なら奈良とか京都の北山ではなく、丹後や若狭や但馬の山奥の野生の鹿の角のほうが堅く締まってより良い。」

との話を聞いて、「伝統芸能を守るとは、こんなに手間(当然お金も)の掛かるものなのか。」
と、感動いたしました。すくないですが義捐金をカンパして、会場を後にしました。

境内のはずれに、上の写真のような石塔?がありました。日時計?曼荼羅?魔方陣? いったいなんでしょう?
*
Hounen_syokoku02
帰りの銀閣寺道の疏水端には、カモさんの親子が四羽ならんで歩道の草むらにたたずんでました。ひとが近寄っても逃げないけど、別にひとに餌をねだってるようでも、自分で餌を狙っているようでもなく、「よー判らん」水鳥さんの行動です。
*
Hounen_syokoku03
相国寺の浮世絵展は、ドイツのハンブルグ博物館から里帰りした江戸時代の名品を中心に展示されています。

やはり「浮世絵」の中心は、「江戸の町」だったようで、意外と京都市内で浮世絵を見る機会は少ないです。

「浮世絵なんて、たかが今のポスターか雑誌のグラビアじゃん。」とみなさんお考えでしょう。わたしもそうでした。でも、ちょっと勉強すると奥が深いんですよ。
美人絵ひとつとっても、ポーズ、着物の柄、持ち物、部屋の設え、背景にいたるまで、いろいろと古典や当時の世相があるいは露わに、ときには見立てでこっそりと織り込まれているんですね。

長屋の熊さん八っちゃんも、ご隠居さんに教わって、「この子かわいいじゃん。今度会いに行こうかな。」とつぶやきながらも、心のうちでは「う~ん、なかなかヒネってあるわい。」と、感心してたようですね。

個々の展示の感想は、まだ見てない人の興味を削ぐので(笑)やめときますが、特別展示の「祇園祭礼絵巻」は圧巻でした。江戸後期(天保年間か?)の絵師、横山崋山の筆で、祇園祭の山鉾巡行を前後2回に分けて、数十メートルの巻物に仕立てています。幕末の動乱で失われた山鉾もリアルに描かれています。この絵を元に最近、復活したり復活の話の持ち上がっている山鉾もあり、貴重な資料です。

このお寺の境内でも立ち入り禁止の蓮池にゴイサギ君がポツンと黙想してました(笑)
*

Hounen_syokoku04

お昼は、出町商店街の王将で。おなじみの「ただ飯」のポスターが貼ってあります。私の学生時代は、まだ「ビンボー学生君」も居たけど、いまでも、こんな子いるんかなぁ?
*
7月30日(土) 「住吉夏祭り阪堺線夕暮れ撮影会」参加者募集中!! ←詳しくは、ここをクリック
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】真夏の花シリーズ(2011)その1 | トップページ | 【阪堺】住吉灯籠 »

コメント

残念! 法然院さん 私も行きたかった~!

>> ナンシーさんへ

写真展は、またあるかも知れませんよ。アンテナを張っておきましょう。

どーも、お晩です。

お疲れ様です。相国寺の浮世絵展、関東にも廻ってこないんでしょうかねぇ。結構関東→関西や、関西→関東と巡回することがあるので。もし来たら行って見たいのです。

王将って入ったことがないのですが、「ただ飯ポスター」っていつも貼ってあるんですか

>> 栄太郎さんへ

こんばんは。
ハンブルグの浮世絵展は、去年の秋に原宿の太田美術館で東京展をやったみたいですよ。
それから、福岡とか行って京都へ回ってきたみたい。
9月11日まで京都でやってますから、もし都合がつけば、油照り(笑)の京都へお越しヤス。

餃子の王将は、さいたま市内にも何軒かあるみたいですね。東京勤務の頃は、
京都の味が楽しみたくて、大久保や高田馬場の店に良く通ってました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法然院の鹿踊り展と相国寺の浮世絵展に行ってきました。:

« 【叡電】真夏の花シリーズ(2011)その1 | トップページ | 【阪堺】住吉灯籠 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ