« 【JR西・阪急】吹田・正雀撮影会 (その1) | トップページ | 【阪堺】住吉祭り撮影会 (その1) »

2011.08.04

【JR西・阪急】吹田・正雀撮影会 (その2)

吹田工場の試運転線と、阪急正雀工場は、道一つ隔てて併走してます。
しかも工場の横手の小川が吹田市と摂津市の境になってて、駅の改札口は摂津市、ホームは吹田市側にあったりします。

こんな場合の固定資産税なんかは、面積割合で両市に納めるのだろうか? 何て、つまらないことを考えたりします(笑)
*
201107suita07

工場の裏手です。手前の線路は、かつて試運転線から伸びてた引込み線を通って、国鉄(当時)尼崎駅ちかくのアルナ工機の車両製造工場から新車を運び込んでいたなごりで3線軌道になっています。

ご同行いただいた500系こだまさんのお話では、「今でもアルナ車両が手がけている1067mm軌間の路面電車の試運転用に活用されている。」そうです。

ここでチョコレート色の阪急電車とならんで、かわいいチンチン電車(LRTの呼ぶのが正しいのでしょうけど)がゴトゴト走っているのを見てみたいです。
*

201107suita08
上の写真の左端にも小さく写ってますが、屋外の塗装職場では、5126号が色直しの最中でした。
*
201107suita09
なぜか「救援」の行き先幕を出しています。長期に営業運転から外れるときは、幕の日焼けを防ぐために、普段はあまり使わない表示を出すことが多いと聞きます。
*
201107suita10
工場の西北隅から保線基地を見たところ。管理人の立っている位置に、かつての引込み線がありました。いまでも線路を敷いていたとおぼしきところだけ、舗装の色が違っています。
*
201107suita11
2300系のトップナンバーが留置(放置)してあります。だいぶんサビや剥離が進んでおります。ナンバープレートのまわりのチョーク書きはなんでしょう? まさか切り取って阪急祭りのオークションで売り飛ばすんじゃないでしょうね
*
この後、正雀駅から地下鉄堺筋線経由で、恵美須町へ向かいました。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【JR西・阪急】吹田・正雀撮影会 (その1) | トップページ | 【阪堺】住吉祭り撮影会 (その1) »

コメント

こんばんは~
ありんこは一時吹田に住んでいた事があって、
正雀工場前の道路も車で何度も通ったことがありますが、
その頃はこの趣味をはじめていなかったので、
3線軌道にもアスファルトの色も、全く気づいていませんでした
2300系トップナンバーはどうなるんでしょうね?
また走ってくれへんかなぁ~

>> ありんこさんへ

こんばんは。
この辺も、ありんこさんのテリトリーだったんですね。
失礼しました

私は、学生時代に車庫の見学会に行って、実際に3線軌道が国鉄線と
つながってるのを見たことはあります。
でも、新車の搬入は無くて、やっばり夏草が覆ってました。
もう30年ほど前の話です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【JR西・阪急】吹田・正雀撮影会 (その2):

« 【JR西・阪急】吹田・正雀撮影会 (その1) | トップページ | 【阪堺】住吉祭り撮影会 (その1) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ