« 【叡電】真夏の花シリーズ(2011)その6 | トップページ | 法然霊場巡拝記(その18) 2番仏生山法然寺へ »

2011.08.11

【JR西・JR四国・琴電】讃岐と美作を巡回してきました。(その1)

今日から盆休みです。
さっそく、18きっぷを使って、法然巡礼と2番-讃岐国法然寺と1番-美作国誕生寺を巡拝してきました。今回は、遠隔地でもあり、それなりに「鉄」も意識したコースにしてみました。
*
Yamashina08
座席を確保するため、山科駅から乗車。新快速を待つ間に、EF210-153の牽く、5060レをゲット。幸先の良い(^^)vスタートです。

京都で、座席を確保してしばらくは、お休みタイム。三ノ宮を過ぎた頃に目覚めて、第二回目の巡拝で乗った、山陽電車と併走、西明石で下車。

*
Nishi_akashi01
ここから、新幹線で岡山までワープ。新幹線改札口には、明石名物のタコくんがお出迎え(^^♪

やはりウトウトするうちに、30分ほどで岡山着。やっぱり新幹線は速いわぁ
*
Seto_ohashi01
瀬戸大橋線のマリンライナーに乗換え。知らなかったんですけど(^^ゞ マリン号は、高松寄り3両がJR四国の5000系、岡山寄りの2両がJR西の223系5000番台の併結編成なんですね。
*
Seto_ohashi02
こんなところで、トップナンバー車と遭遇。しかもJR四国カラー。
でも、新製第1号ではなく、旧国鉄クハ111をJRになってから改番したものなのだそうです。 (児島駅)

児島を出た列車は鷲羽山トンネルをくぐり、瀬戸大橋を渡ります。四国に行くのは10年ぶりくらい。大きく変わっているのでしょう。回りも夏休みで帰省や四国観光に出かけるひとばかりで、備讃瀬戸の眺めを楽しんでいます。

無事に、四国へ渡り、予讃線を走ります。途中、撮影ポイントになりそうなカーブする築堤を何ヶ所か見つけました。鬼無駅を出たところで、「留置線かなぁ。」と思ってると、そこが移転した高松貨物駅でした。EF210とEF65が待機してました。高松運転所に止まるサンライズ瀬戸などを見ているうちに、これも移転した高松駅に10:25に到着。家をでて4時間の行程です。座りっぱなしで、ちょっと疲れました
*
Kotoden01
高松駅の周辺は、再開発で大きく変わってます。広い駅前広場を瀬戸内の太陽に照らされてテクテク横切っていくと、これまた移転を前提としてプレハブの仮駅舎(失礼)に変わった、琴電高松築港駅にでました。さっそくキップを買って乗り込みます。

琴電グループには、専用のICカードシステムがあるのですが、普通のキップは自働改札に対応してなくて、改札で鋏を入れてくれます。パチンと切り込みの入った切符を持つのは久しぶりです。3年前の近江鉄道乗車以来かも?
*
Kotoden02
駅は、高松城のお堀を埋め立てた後にあり、城跡の石垣が壁代わりになってます。やって来たのは、黄色の「こんぴら号」1205+1206、もと京急の600形ですが、先頭車を貫通型に改造して、湘南顔の原型の面影はありません。唯一アンチクライマーが名残でしょうか。  もと京急の700形です。塗装は変わってますが、ほぼ京急時代のスタイルのまま使用されています。
(注)説明文を訂正いただいたなにわさんに感謝 8/15追記
*
Kotoden03
さっそく乗り込み先頭のカブリツキ席を確保(^^♪ 対向列車を撮影します。
高松築港駅に到着した、長尾行きの1251+1252。
*
Kotoden04
1203+1204の「ことちゃんひゃく号」。側面はイラスト電車になっているのですが、真正面に写って残念 (瓦町~栗林公園間)
*
Kotoden05_2
1209+1210の「ヴィスポことひら」広告電車。 (太田駅)
ちなみに、この駅のひとつ手前の駅は三条駅と、どこかで聞いたような名前でした(笑)

仏生山駅から徒歩で、2番霊場法然寺へ向かいました。

(続く)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】真夏の花シリーズ(2011)その6 | トップページ | 法然霊場巡拝記(その18) 2番仏生山法然寺へ »

コメント

こんにちは。

今回はまた、見ごたえのある写真が多いですね!何だか新鮮な気持ちになります。

ところで、ことちゃんひゃく号は昼間でもヘッドライトがついているのでしょうか?これだけ明るいと電灯はいらないような気もしますね。

>> slowmotionさんへ

こんにちは。
やはり遠くへ行くと町並みも電車も人々の様子もみんな新鮮で、ついスナップ
写真の枚数も増えてしまいますね。

普段は、よく知ってるところを「出来るだけ個性的に写してやろう。アクセス数
より自分の好み優先だ。」と、意気込んでしまうので、やはり一般の方には
「面白くない(笑)」写真に見えるんでしょうね。

今回は、撮影禁止のところは別として、できるだけ素直に移した写真をUp
しますので、最後までお付き合い下さい。

もう20年以上、高松には行っておりません。
1205=1206は他の1200と同じく、もともと前面貫通の700の改造で、先頭車を貫通型に改造したのは1070じゃなかったですか。

>> なにわさんへ

資料を読み違ってました(^^ゞ

現車をみたときも、「東京時代に良く見た京急の電車そのままだなぁ。」
と、思ってだんですけど、京急の700系に初代と二代目があるのを
混同してました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【叡電】真夏の花シリーズ(2011)その6 | トップページ | 法然霊場巡拝記(その18) 2番仏生山法然寺へ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ