« 五山の送り火 2011 | トップページ | 【本】形見のハマチ  笠井一成 著 »

2011.08.18

海遊館と通天閣に行ってきました。

Kaiyoukan05 家族で、大阪の海遊館と通天閣に行ってきました。朝、家を出るときは小雨模様でしたが、大阪に向かううちに晴れてきて、大阪港に着いた時は、もうすっかり夏空でした。

しかも、朝方の雨で出足が遅いのか、ほとんど待ち時間もなく入場できてラッキー
*
Kaiyoukan01
芸をしてくれるオットセイ君。手をぐるぐる回して輪を描くと、まん丸くなって自分で自分の尾びれを咬むようなしぐさをしてくれます。
*
Kaiyoukan02
こちらは、海遊館名物のジンベイザメ君。 観覧コースから少し分かれた休憩コーナーで撮影。ここは人が少ないうえ、椅子もあって、ゆっくりと魚たちを観察できて、穴場かも。
*
Kaiyoukan03
海遊館をでて、遊覧船サンタマリア号に乗りました。
港内一周40分ほどのクルーズですが、潮風が心地よかったです。

でも、大阪港も埋め立てで狭くなりましたねぇ。私の小学生の頃の遠足で乗った港めぐりの遊覧船は、天保山をでるとすぐ外海で、瀬戸内航路のフェリーや外国航路の貨物船がいっぱい停泊してて、船員さんが気さくに手を振ってくれました。

いまは、南港・夢洲・咲洲と埋立地でぐるっと覆われて、フェリー乗り場は南港へ移転し、貨物線も機械化・コンテナ化が進んで船員さんの数も船長以下20名前後で済むのだとか。

海の世界も、合理化が進んでいるんですねぇ。
*
Kaiyoukan04

それでも、数万トンクラスの大型貨物が2隻も出航していくのに出会いました。1隻は韓国の船で、プサン行き、もう1隻は、写真のドイツの船でドイツ国旗を掲げ船籍「ハンブルク」と書かれています。

てっきり欧州航路の船で「何日かかって北海までたどり着くのだろう?」とロマンチックなことを考えていたのですが、帰って調べると、香港の船会社の傭船で、関西と中国大連・青島を結んでいるのだとか
*

Tutenkaku01
日が暮れてから、通天閣に登りました。2012年の新世界誕生100周年にあわせて外部を改装中で、ネオンサインは点灯せず、チョット残念です。

でも、内部の改装は終わっていて、以前のチープな(失礼)からレトロな雰囲気に生まれ変わっています。

展示室には、明治から昭和戦前くらいのイメージの新世界のジオラマが並んでいます。この阪堺電車の本社ビルの様子も、よく写真では見ますけど立体になるとリアルですね。
*
Tutenkaku02
こちらは、恵美須町駅の様子。駅の構内にはキップ売り場や売店も作られていて、ホームには、木造の電車が止まっています。
「浜寺海水浴場」や「平野線」の案内も懐かしいです。
*
Tutenkaku03
このあと、新世界で串カツの夕食を腹いっぱい食べて、大阪で一泊。翌日はスパワールドの温泉とプールとお好み焼きの昼食で、また大阪を満喫して帰ってきました。

楽しかったです。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 五山の送り火 2011 | トップページ | 【本】形見のハマチ  笠井一成 著 »

コメント

新世界で串カツはうらやましいです
通天閣はかなり揺れるそうですね。

お盆休みを目いっぱい楽しみましたね

お子さんと楽しい休みを過ごされたようですね。
趣味は鉄道から船に乗り換えられましたか?
通天閣は一度は行っていますが、内部の記憶が全く有りません

>> ナビさんへ

新世界は、おっさんのパラダイス(笑)から、家族連れでも、二人連れでも、
楽しめる街に変わりました。

でも、串カツの味は、昔と全然変わってません。「二度漬け禁止!」の
ソースを、キャベツにつけてほおばるのも、また楽し

こんばんは~
しばらく行かないうちに、通天閣が随分変わったようですね。
こりゃまた近いうちに行かなアキマセンナ~

>> 西町小さんへ

新世界は、東京ならアメ横か浅草仲見世か、といった庶民の街です。

船のほうは、まったくの素人で、船型の見分けもつきませんが、普段海に遠い
京都の町に住んでるので、潮風に当たるとウキウキとます。

来年は新世界100周年誕生だそうです。高さでは、スカイツリーに
かないませんが(笑)またキレイに生まれ変わった通天閣に登って
みてください。

>> ありんこさんへ

新世界は、ある意味大人しくなって、誰でも歩ける街にはなりましたが、
逆に、面白みも半減した感じです。もちろん裏通りに入ればまだまだ深い
所があるのでしょうが、あまりブログで紹介するわけにも行きませんしね

大阪の旅を満喫されたんですね。

通天閣には子供の頃に登ったきりです。

一度上から阪堺の走る姿を見たいのですが、待ち時間が億劫で足を運んでいません。

恵比寿町の模型の造りは凄いですね。

>> kaz_eg6 さん、こんにちは。

通天閣から見下ろす阪堺電車は、「あっ、ちんちん電車や。」とうれしがる
には良いのですが、写真を撮るには邪魔物が多くて、ぜんぜん絵になりません

恵美須町駅のジオラマは一見の価値ありですよ。

通いなれた大阪での一泊、有意義な時間を過ごされたようですね^^。通天閣に上ったのはもう20数年前ですが、飾り気のない古さに感動した覚えがあります。
海遊館も15年ほど前の出張の寄り道で訪問し、近代的な施設に感心しきり。当時は大きなジンベイザメが2匹いましたので圧巻でした。

>> りばてぃさんへ

通天閣は、リニューアルして、少し前の「失礼ながら、時代に取り残されたような
昭和30年代」のイメージは全然なくなってます。明治・大正期から昭和戦前の
今の若い人はもちろん、中年の(笑)おじさん、おばさん世代も知らない時代へ
焦点を当てたのが成功してるみたいです。

海遊館のほうは、大きなイメチェンはありませんが、いつも観光客で賑わってます。
大阪の名所では1番繁盛しているのかな?

「大阪1泊2日の旅」だったんですね^^
楽しくお過ごしだったようでなによりです

そうですねえ
ご家族で大阪観光の場合、目玉は
海遊館とUSJでしょうか?

USJ(通称ユニバ)は暑いので、
涼しくなったころに行かれることを
お薦めします

あ、でも今なら
水がかかって涼しくなるイベントたくさんやっていますよ

>> wisteria さんへ

大阪でも、港の方へはあまり行かないので、泊りがけでいっても一日あそべますね。

USJは、まだ行ったことが無いんです。今までは子供も小さいのでひらパーで
十分満足してましたから

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海遊館と通天閣に行ってきました。:

« 五山の送り火 2011 | トップページ | 【本】形見のハマチ  笠井一成 著 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ