« 法然霊場巡拝記(その18) 2番仏生山法然寺へ | トップページ | 【琴電・JR四国】讃岐と美作を巡回してきました。(その3) »

2011.08.13

【琴電】讃岐と美作を巡回してきました。(その2)

盆休みになりましたので、さっそく、18きっぷを使って、法然巡礼と2番-讃岐国法然寺と1番-美作国誕生寺を巡拝してきました。今回は、遠隔地でもあり、それなりに「鉄」も意識したコースにしてみました。
*
Kotoden06
仏生山法然寺の参拝を終えて、駅に戻ってくると、12:27の電車が到着するところでした。予定の12:42まで、あと15分しかありません  あせって車庫を見て回ります。

駅のすぐ横に、1000形120号が置いてあります。大正15年製造の琴電の開業当初からの生え抜きです。産業遺産にも登録されています。
*
Kotoden07
120号のイメージ。楕円形のナンバープレートは、ひと昔前の叡電・嵐電そっくりです。
*
Kotoden08
車庫の良く見えるところに、電動貨車デカ1が止まってました。無蓋貨車にガードマンボックスを載せたようなスタイルは、琴電のアイドル ですね。
*
Kotoden09
ホームからサイドを見たところ。後ろに電車が止まってないともっと良かったのですが(^_^;)
*
Kotoden10
その横に止まってる603+604です。もと名古屋市交250型地下鉄電車で、検査上がりなのか、ピカピカでした。
*
Kotoden11
改札を入ると、やはり保存車の3000形300号と20形23号が留置中でした。やってきた1087+1088と合わせて一枚。

1080形は、旧京急1000系を譲り受けたものです。1200形と同じく塗装こそ違いますが京急時代のイメージをよく残しています。

今の塗り分けがなんとなく都営5000系の旧塗装に似ており、ふどう色の琴電とあわせて、昭和末期の鶴見付近の再現のような感じがしました。
*
Kotoden12
23号とあわせて通電されており、ときおりコンプレッサーがウナリをあげます。ホームに横付けされてますが、柵が回されており、車体が隠れるのが残念です。
*
Kotoden13
300号のイメージ。車体外装にくらべて車内は、改装されているのか以外と古さを感じさせません。
*
Kotoden15
仏生山駅の自販機のきつぷは、ペラペラのレシート状でした。そよ風でもひらひらします

きっぷの時間からみてわかるようにお昼なのですが、時間の都合で名物のさぬきうどんを食す間もなく、次の電車で高松へ戻ることになります。
*
(高松の戻り道と高松駅撮りへ続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 法然霊場巡拝記(その18) 2番仏生山法然寺へ | トップページ | 【琴電・JR四国】讃岐と美作を巡回してきました。(その3) »

コメント

こんばんは~
3000形300号のチョコレート色を見て、
「阪和貨物線を走ってた機関車と同じ色や~!」
って、勝手に懐かしんでおります。

>> ありんこさんへ

懐かしいでしょ

阪和線には、EF15とEF52の2種類の茶色の電気機関車が頑張ってましたね。

私は、わざわざ竜華機関区へ手紙を出して貨物列車の時間を教えてもらって、
大和川や山中渓に撮影に行きました。もう30数年も前の話です。

この頃は、茶色の電車や客車がいくらでも走ってましたね。

こんにちは。
レトロな電車、デザインもカラーもいいですね。今でも時折走っているのが、何よりも貴重です。
止まっているのを見かけたら、思わず乗りたくなってしまいますね。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

>> 風旅記 さんへ

こんにちは。はじめまして。

ちょうど一年前の夏の写真にコメントをいただきまして
ありがとうございます。

琴電も経営がなかなか苦しいのに、レトロ電車の運行を
頑張って続けてますね。

もうすこし近ければ、運転日ごとにでも行きたいところですが
高松までは、なかなか足を伸ばせません。

つたない写真ばかりですが、またお立ち寄り下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【琴電】讃岐と美作を巡回してきました。(その2):

« 法然霊場巡拝記(その18) 2番仏生山法然寺へ | トップページ | 【琴電・JR四国】讃岐と美作を巡回してきました。(その3) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ