« 忘れえぬ、夏の想いで (文月の頃) | トップページ | 【叡電】秋の花シリーズ(2011)その1 »

2011.09.11

初秋の比叡山に登ってきました。

やっと涼しくなってきたので、また比叡山に登ってきました。
*
201109hiei01
秋晴れの叡電修学院駅前に集まったのは、大人7人、こども3人の計10人のグループ。9時20分に、出発です。

住宅地を抜けて、15分ほどできらら坂登山口に到着。さっそく尾根筋までの急な上りにアタックです。

歩き出して、10分ほどで早くもおじさん隊員から「ちょっと休ませてくれ。」の声が

それで、グループを先遣隊(こどもたちと管理人の4名)と、おじさんおばさん(失礼)6名の本隊に分離、先遣隊は、勝手知ったる道をどんどん進みます。

水飲対陣跡、千種之碑のポイントを通過して、途中のケーブル駅分岐のポイントも通過して、「このまま行くと山頂に行っちゃうよ。」と声を掛けられて、ふたたび数百メートル逆戻り
と、いうアクシデントもありましたが、無事、11時45分にケーブル駅に到着しました。ちょうど2時間半の標準コースタイムです。20分ほど遅れて本隊も到着、ロープウェイ前の広場で昼食にしました。
*
201109hiei04
駅前(?)広場には、屋台もあってナマビールやソーセージが楽しめるようになってます。

「こんなところにビアガーデンがあるのがわかっとれば重いのに下から缶ビールを担いでくるんぢゃなかった」 とのぼやきが幹事連中から。近場とあなどらずに下調べは大事ですね

ほかに、かわらけ投げや、写真のような古いロープウェイの運転装置も展示してあります。
*
201109hiei02
食事のあとは、さらに大比叡の三角点をめざす予定でしたが、「もう疲れた」という意見が多いので、スキー場跡からショートカットして延暦寺に向かいます。ピークのつつじヶ丘で、八瀬・大原を見下ろし北山をバックに写したのが、一番上の記念写真です。

下り坂になると急にみんな気分が楽になって、雑談しながらコースを進みます。西塔との分岐付近は、ヤマザクラがすでに晩秋のような状態で、ススキの穂が揺れています。 すこし雲がかかって比良山や琵琶湖がはっきり望めなかったのが残念です。
*
201109hiei03
延暦寺の境内までくると、さすがに大勢のお参りです。大講堂の脇では、夏のムクゲと秋のサクラ紅葉が同居してました。

根本中堂まで来たところで、またまたアクシデント発生!!
息子が「お堂にストックを忘れた。取って来る。」と駆け出していきました。
その間に、皆さんは休憩したり、中堂を拝観したりして自由行動。

14時30分のケーブルで坂本へ降り、また街中の残暑に「汗はかいても、やっぱり山の上は涼しいなぁ。」と、ぼやきながらJR比叡山坂本駅へ。

湖西線で京都駅に戻って解散となりました。
みなさんお疲れ&子供が騒いでご迷惑をおかけしました<m(__)m>
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 忘れえぬ、夏の想いで (文月の頃) | トップページ | 【叡電】秋の花シリーズ(2011)その1 »

コメント

こんばんは~
お疲れ様でした~
引率責任者のなかっちょさんが、一番お疲れじゃないですか~?
今夜はゆっくり休んで、明日からの一週間に備えてくださいね。

なかっちょさん
お疲れ様でしたぁ~。。。
おうちから歩いて比叡山まで登るなんて
すごいですね!!!
私も、足腰鍛えなければ。。。ι(´Д`υ)アセアセ

われわれの時代は、「適応遠足」と称して赤山禅院方面から登りましたね。途中で先生方が配って下さった氷砂糖のおいしかったこと! 
西フケ町の子どもだった私は、父親と、日曜のたびに赤山の方からよく散歩に行きました。
途中でモグラの死骸を見つけたり。あともうちょっとで、当時存在した「比叡山・お化け屋敷」に辿りつくところで引き返したり。
帰りの山道で走りながら土を蹴飛ばしたら、それが崩れて、ベンジョコオロギ(カマドウマ)が数百匹も冬眠しいるのが現われて…。
さすがに滋賀県側まではいけませんでした。
きらら坂登山口は知りませんでした。

>> ありんこさんへ

体はそんなに疲れませんでしたが、やはり子供の面倒を見たり、遅れてる人を
気遣ったりと、精神的に(笑)疲れました。

>> ナンシーさんへ

家から登山口までは15分ほどなので、アプローチに手間が掛からないのがありがたいです。

少し涼しくなってきたので、歩いて上る人はたくさんいました。おばちゃん(失礼)
ばかりの山ガールズのグループとも一緒になりました。

10月になったら愛宕山の月輪寺へ法然巡拝の朱印を貰いにいきます。
こちらは、比叡山以上の難所なので、心配です(^^ゞ

>> 笠井君へ

「適応遠足」に「氷砂糖」か。懐かしいなあ。
どちらも時代(1960~70年代)を感じますね(笑)

お化け屋敷の跡は、長いこと廃墟になってましたが、ハイキングコースに整備されて、
道もきれいに手直しされて、千種の碑からケーブル駅を通らずに、直接に
山頂遊園地の真下まで行ける様になってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の比叡山に登ってきました。:

« 忘れえぬ、夏の想いで (文月の頃) | トップページ | 【叡電】秋の花シリーズ(2011)その1 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ