« 愛宕山登山&法然霊場巡拝記(その22)18番月輪寺 (続き) | トップページ | 【京都バス】の記念切符と【阪堺】の絵はがき »

2011.10.11

【叡電】秋の花シリーズ(2011)その6

10月1日の続きです。
*
711_55
三宅八幡駅の出町柳側で、ススキの群れと赤い駅舎を入れて一枚。ススキが半逆光に光って、きれいでした。
*
723_46
八瀬行きの電車で、もう一枚。おなじ構図なので、こちらはススキにピントを当てた方が違いが出て良かったかもしれませんね。
*
711_54
近くの小学校では、運動会の真っ最中でした。ちょうど競技の途切れたところに、電車が通過して行きました。
*
903_0111
学校をでて、宝ヶ池駅の構内までくると、ちょうどオレンジきららがやってきました。バックのマンションが煩いので、大胆に全面どアップで。
*
721_50
最後は、修学院~宝ヶ池間の田んぼで、ヒガンバナを撮影。
ことしは裏年なのか、花の本数が少ないです。ここ数年で、いちばん見劣りがします。
*
813_51
例年は、ここだけで一日分の記事が埋まるくらいの写真が撮れるのですが、今年はまともなのは、この2枚だけ。ちょっと残念gawk
*
(続く)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 愛宕山登山&法然霊場巡拝記(その22)18番月輪寺 (続き) | トップページ | 【京都バス】の記念切符と【阪堺】の絵はがき »

コメント

おはようございます。

自然豊かな沿線風景がいいですね。

しかし、彼岸花が少なかったのは残念ですね。
その年によって花の数も違うのは、気候によって変わるのでしょうね。

これからは紅葉ですね。

>> kaz_eg6 さんへ

こんばんは。いつもコメントいただきましてありがとうございます。

今年は、早く秋風が吹いた割には、彼岸花はパッとしませんでした。
やっぱり、異常気象の影響がだんだんと現れているのでしょうか?

ぼちぼち紅葉の季節ですね。これも去年がみごとだったので、
ことしは、「・・・・・・」ではないかと、危惧してますcoldsweats01

我が家の近所の街路樹区画。道路沿いに点々と、毎年ヒガンバナが咲き溢れます。
一つ貰って帰って庭に植えようと、葉だけになるのを待って、袋とスコップを手に掘りに行きました。
でも失敗。
掘るのを人にとがめられたからではありません。
ヒガンバナの根は深-いところにある球根なんですね。
全然知らなかった。
で、とてもじゃないけど掘れなかった、という次第です。

>> 笠井君へ

おはようございます。
ヒガンバナは、花のときは、花だけ。葉っぱの時は、葉っぱだけの変わった
草花ですね。

ヒガンバナの根っこて、そんなにそんなに深かったっけ?
自分も、子供の頃はいざ知らず、最近は掘り起こしたことがなりので知らなかった(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/52882622

この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】秋の花シリーズ(2011)その6:

« 愛宕山登山&法然霊場巡拝記(その22)18番月輪寺 (続き) | トップページ | 【京都バス】の記念切符と【阪堺】の絵はがき »

フォト

ススキ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ