« HP更新のお知らせ (東京出張時の釣り物をUP) | トップページ | 愛宕山登山&法然霊場巡拝記(その22)18番月輪寺 (続き) »

2011.10.09

愛宕山登山&法然霊場巡拝記(その22)18番月輪寺

法然上人25霊場巡拝は、いよいよ最後にして最大の山場(笑)、愛宕登山になりました。表参道から登って、愛宕神社で、火の用心のお札を、月輪(つきのわ)寺でご朱印を受けてまいりました。

いつもは、やや印象的な写真ばかり載せてますが、今回の京都市内最高峰登山(^^ゞでしたので、記録写真を載せさせていただきます。
*
Atago_honen9_01
10時過ぎに京都バス清滝バス停から、歩き始めます。バス停の看板には、愛宕神社まで2時間、月輪寺まで1.5時間 になってます。
*
Atago_honen9_02
一旦、清滝川にかかる猿渡橋(とえんきょう)を渡り、登山道に取り付きます。(10:13)

表参道には、化野鳥居本の一の鳥居から試峠を越して山頂の神社まで50丁(約5.5キロ)を刻む、町石地蔵様が立っておられます。今は、猿渡橋の二の鳥居からのスタートなので、実質4.5キロほどを2時間~2時間半で登ります。
*
Atago_honen9_03
登り出してすぐに、旧愛宕山鉄道鋼索線のケーブル跡が見えます。かなり荒れてますが、説明版が立っているのにはびっくりしました。ただ、内容は読まなくてもほぼ知ってるのでパス (10:15)
*
Atago_honen9_04
しばらく急な山道や石段にぜーぜー云いながら登っていくと、やがて二十五丁目なか屋跡につきます。一の鳥居からちょうど半分、昔の人はここの茶店で、ちょっと休憩したんでしょうね。今もちょっとした休憩小屋があって、ひと休み出来ます。 (10:47)
*
Atago_honen9_05_2
さらに登ると、大杉大神の祠にでます。清滝からここまでで、ちょうど半分くらいの道のりです。なんでも、この祠のうしろに散らばる杉の葉を取って帰ると、パワーグッズになるそうです。

でも、私がこの話を聞いたのは帰り道のことで、集め損ねました 

ここで、登り初めからほぼ一時間経過、順調な標準タイム(笑)です。 (10:08)
*
Atago_honen9_06
ようやく7合目の見晴台まで登ってきました。ここまでくるとコースはかなりゆるくなり、快適に歩けます。すこし早いですがお弁当にする人達も見られます。

写真の中央の光っているのが広沢池その後ろが双ケ丘、さらに霞んでますが京都市内から東山連峰が望めます。一番左のちょっと高いのが大文字山(如意岳)でしょうか? (11:22)
:
Atago_honen9_07_2
柚子の里で有名な、水尾からの登山口の合流をすぎて、また急な坂になったところに、大杉がまるで結界を造る様に横たわっている下をくぐり抜けます。

この辺から最後の難関の心臓破りの石段がはじまります。すこしゆるい道で楽だった体が、また悲鳴を上げ始めます。 (11:44)
*
Atago_honen9_08
とうとう神社の入り口の黒門に到着しました。本殿はあと少し、もうひと頑張りです。 (11:51)
*
Atago_honen9_09
境内の広場を抜けて、石段を登りきると、本殿に到着です。 ちょうど12時に拝殿前に着きました。登り始めて1時間50分ほど、意外にも標準タイム内で到達して、自分でも不思議なくらい です。

やはり、道が良いのと、多くのひとが登っておりペースがつかみ易いのが、理由でしょうねぇ。

火迺要慎 (火の用心)」と、刷られたお札をいただきました。これを台所など火を使う場所に貼っておくと、火事にならないのだそうです。
*
Atago_honen9_00
(月輪寺を経て下山に続く)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« HP更新のお知らせ (東京出張時の釣り物をUP) | トップページ | 愛宕山登山&法然霊場巡拝記(その22)18番月輪寺 (続き) »

コメント

愛宕登山お疲れ様でした
最高のお天気でしたね。
愛宕山は中学で3回、冬に体育授業の一つとして登りました。
一年当時バレー部だった私は8位でゴールしました。
マンモス校で一学年の女子は200名以上いたと思うので結構頑張りましたね
その後は子供たちが3歳までに登ると良いそうなので2回、あと何回か登りましたが、もう今はダメでしょうね~

なかっちょさん
お疲れさまでした!
よくわかる説明付きで、私にも挑戦できそう? かな・・・。

愛宕山は、東山区域・左京区から見ると日没の西の空に聳えており、山頂がちょうど怪獣のレッドキングの頭の形にそっくりで、「レッドキングがおる!」とか言っていたのを思い出しました。(私も一回だけ登ったことあるよ。そらやっぱりしんどかった)

>> ナビさんへ

おぉ~、一学年200人中で8位入賞ですか。すごいですねぇ

「子供が3歳までに連れて行くと良い。」とは、よく云いますね。ちっちゃなお子さん
を背負ったり、抱っこしながら登っとられる、おとうさんをたくさん見かけました。
幼稚園の年少組くらいの女の子が、ひとりでスタスタと登っているのには、びっくり

>> 投稿者名忘れ(笑)さんへ

はい、緊張して登り始めましたが(笑)、「案ずるより生むが易し。」と、
云う感じで、意外に気楽に登れました。やっぱり有名な神社・お寺なので、
たくさんひとが歩いているので、あとを付いて行くと、いつの間にか(^^)
山頂にででました。

都合がついたときに、また声を掛けてください。

>> 笠井君へ

怪獣「レッドキング」かぁ
ウルトラシリーズも、長いこと続いているねぇ。

前に東京へ電車を写しに行った時、祖師ケ谷大蔵の駅で
円谷プロの広告を見て、懐かしかったよ。

なかっちょさん
おはようございます!
名無しのゴンベエは、私でした・・・。 トホホ!!!
確認よ~しってしなくちゃね。 ごめんなさい!

>> 読者各位へ

タマに、名前を忘れられる方がおられるので、投稿者を必須にしました。

また、セキュリティの観点からメアドも必須(ただしメアドは公開されません)にし、
スパム防止用の暗唱番号入力も必須とさせていただきます。

お手数ですが、よろしくお願いします。

(管理人)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕山登山&法然霊場巡拝記(その22)18番月輪寺:

« HP更新のお知らせ (東京出張時の釣り物をUP) | トップページ | 愛宕山登山&法然霊場巡拝記(その22)18番月輪寺 (続き) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ