« 【京都バス】の記念切符と【阪堺】の絵はがき | トップページ | 【南海】汐見橋線・多奈川線、撮り歩き(その2) »

2011.10.14

【南海】汐見橋線・多奈川線、撮り歩き(その1)

7日の法然霊場参拝の前後は、当然のことながら(笑)、南海電車の乗り歩き・撮り歩きを楽しんできました。
*
Shiomibashi04_2
朝の地下鉄桜川駅前は、バス通りも阪神高速も地下鉄も阪神なんば線も、みんな人と車で活気に溢れているのに、汐見橋駅の構内だけは、まったく人影も無く、閑散としています。まあ、終日30分毎の運転では仕方ないですけど(^^ゞ
*
  Shiomibashi05
それでも発車10分ほど前になると、数人の乗客が集まってきます。いつも会社帰りの薄暗い駅とかしか見たことが無いのですが、朝の光で見ると、古びてはいますが、花壇があったりしてなかなか手入れは行き届いています。
*
Shiomibashi06
やがて2両編成のワンマンカーがやって来て、バス一台分くらいの乗客を吐き出して、10数人のお客を吸い込みました。当然ながらほとんどが定期客のようです。
*
Shiomibashi07  

ごとごと走って、環状線の下をくぐったところに芦原町駅、その次が木津川駅です。ここで降りてみます。降りたのはわたし1人で(笑)、乗ったのは2人ほど。

次の電車まで15分は空くので、ゆっくりと構内を見て回ります。雑草は伸び放題で、なかば野生化した、カンナやアメリカ朝顔などの夏の花もまだ萎れずに咲いてます。お約束の花と電車で一枚。
**

Shiomibashi08
この駅は島式ホームへの構内踏切があるので、近づいてくる電車をこんな大胆(笑)な構図で撮影できました。
*
  Shiomibashi09
次の下り電車も、降りた人は無く、乗ったのは私とおばあさんの二人。やはりお年寄りには本数が少なくとも電車が使い良いみたいですね。車掌代わりの各駅巡回の駅員さんがお年寄りに手を貸したり、乗客と世間話してるのを見ると、「ほんまにここは、大阪市内やろか? どこかのローカル私鉄とちゃうやろぅなぁ?」と、思ってしまいます。

やがて、電車は2ヶ月ほど前に歩いた見覚えのある町並みをとおって、岸里玉出駅に着きました。本線を轟音をあげて通過していく特急・急行をみると、「やっぱり大阪やった(笑)」と、現実に戻ってしまいましたとさ。
*
pinboke_entry

« 【京都バス】の記念切符と【阪堺】の絵はがき | トップページ | 【南海】汐見橋線・多奈川線、撮り歩き(その2) »

コメント

こんにちは。

ホントに大阪市内というのを忘れてしまいそうな風景ですね難波から目と鼻なのに。野生化した花も、これだけ頑張っていたら、惚れ惚れしてしまいます

こんばんは。
木津川駅の、Carnegie社製の古レールを使用した
ホームの屋根も、相変わらずのようですね。
コチラは暫く心配なさそうで・・・。(^^)

>> slowmotion さんへ

おはようございます。

明るいときにゆっくり見たのは初めてなんですけど、
この電車の駅のまわり
だけスポッと異空間←ちょっとおおげさになってるみたいです。
せめて、15分毎に運転すれば、もうすこし活性化しそうな気もするんだけど?

>> ありんこさんへ

おはようございます。

へぇ~、駅の屋根の柱に転用されてる古レールは、アメリカからの輸入品だったん
ですね。知らなかった。時間はいくらでもあったのに、もうすこしじっくり
見ときゃよかったです。

さすが、ありんこさん、いろいろとご存知ですね。また教えてください。

おはようございます。

汐見橋線はまるで結界でも張られたかのように、周りから取り残されているような感じがします。

利用されている方にとっても、鉄ちゃんにとっても貴重な存在です。

>> kaz_eg6 さんへ

本当に、汐見橋線の沿線は、バリアーが張られたみたいに、回りから浮き上がって
(あるいは、沈んで)ますね。なにわ筋線が具体化するのは、まだ先で
しょうけど、ルート決定の時が、汐見橋線の再出発(あるいは、さよなら(T_T)/~~~
の、時でしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【南海】汐見橋線・多奈川線、撮り歩き(その1):

« 【京都バス】の記念切符と【阪堺】の絵はがき | トップページ | 【南海】汐見橋線・多奈川線、撮り歩き(その2) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ