« 京都洛北 もみじ散歩 その2-修学院離宮付近 | トップページ | 【叡電】京福色のデオ724、撮り納め(八瀬~修学院) »

2011.11.25

京都洛北 もみじ散歩 その3-赤山禅院境内

2・3日前あたりから、急に寒さが強くなってきて、遅れている紅葉も里山でもだいぶんと色付いてきています。

勤労感謝の日の赤山禅院の「数珠供養」のお祭りにあわせて、一乗寺から修学院・上高野へと比叡山のふもとを散歩してきました。
*
4sekizan01_2
時間をつぶしているうちに、お祭りの時間が近づいてきたので、山門をくぐります。このお寺でも門前には、真っ赤なもみじがお出迎えです。
*
4sekizan02_2
参道のもみじはこんな感じ。この小道は太陽のあたり具合の加減か、毎年真っ赤のから、まだ緑のまで、いろいろな色合いのもみじ葉が楽しめます。
*
4sekizan03
境内も、やはり見頃になってるのもあれば、
*
4sekizan04
ぜぇ~んぜん、なのもあります。
*
4sekizan05
このブログでは、何度か取り上げてる寒桜と紅葉のコラボです。
サクラはピンク色に染まってますが、バックの楓樹がイマイチですねぇ(^^ゞ
*
4sekizan06
今週末から来週にかけてが、本当の見頃みたいです。でも「もみじ祭り」は11月いっぱいなので、念のため。
*
4sekizan07
水の上にも織る錦.♪ と、唄う童謡がありますが、池の金魚は、散りもみじが命を得たみたいです。
*
4sekizan09
叡南大阿闍梨さまの護摩供養を見守るひとびと。このあと阿闍梨さまの御加持、三宝筵住職の栢木寛照師の説法、お数珠の接待、ふるい数珠のお焚き上げと行事は続きますが、宗教行事につき、撮影は遠慮しています。
*
4sekizan10_2
赤山とは叡山をはさんで反対側の坂本にある三宝筵で、青少年育成に力を注がれている栢木住職の説法の概要を記したパンフレットです。

テレビやラジオの番組や新聞の人生相談なのでもお馴染みですが、ナマでお説教を聴いたのははじめてです。

なかなかユーモアもあって、面白くでもためになるお話でした。画面構成の都合でクリック拡大してもあまり大きな活字にはなりませんが、ご一読してみてください。
*
(上高野の比叡山のふもとに続く)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京都洛北 もみじ散歩 その2-修学院離宮付近 | トップページ | 【叡電】京福色のデオ724、撮り納め(八瀬~修学院) »

コメント

前回紅葉が今一との文面が有りましたが、どうしてどうして、なかなかの紅葉ですよ。真っ赤のもみじもいいけど色変わり中のもみじは風情が有りますね。
結構な秋を有難う御座います。

>> 西町小さんへ

こんにちは。
べつに紅葉は、真っ赤でないといけないわけでもないんでしょうけど
例年の真っ赤な境内が刷り込まれているので、11月下旬に、まだ
黄色やみどりの葉が残っていると、気になっちゃうんです。

明日は、鞍馬・貴船方面に出かけてみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都洛北 もみじ散歩 その3-赤山禅院境内:

« 京都洛北 もみじ散歩 その2-修学院離宮付近 | トップページ | 【叡電】京福色のデオ724、撮り納め(八瀬~修学院) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ