« 京都洛北 もみじ散歩 その1-曼殊院門跡付近 | トップページ | 京都洛北 もみじ散歩 その3-赤山禅院境内 »

2011.11.24

京都洛北 もみじ散歩 その2-修学院離宮付近

2・3日前あたりから、急に寒さが強くなってきて、遅れている紅葉も里山でもだいぶんと色付いてきています。

勤労感謝の日の赤山禅院の「数珠供養」のお祭りにあわせて、一乗寺から修学院・上高野へと比叡山のふもとを散歩してきました。
*
3syugaku01
曼殊院をでて、関西セミナーハウスの前を通り、音羽川に沿ってきらら坂を下ると、修学院離宮の前にでます。

離宮の近くに、禅華院という禅寺があります。ここは小さいながらも紅葉を愛でるハイカーには知られたところです。

お庭を掃除されてる住職さんと「ことしは色付きが悪いですねぇ」とお話しながら、何枚か写真を撮らせてもらいます。
*
3syugaku02_2
ここの石仏さまは、初夏の新緑の頃と晩秋のもみじの頃の毎年2回は、モデルになっていただいているのですが、いつもちがった表情をされるのが不思議です。

今年は、怒っておられるのか、嘆いておられるのか、厳しい表情にお見受けしました。本当は、撮影者自身の心の中が、石の鏡を通して、カメラに跳ね返って来るんでしょうね。現に、となりで撮影されてた方は、「今年は良いお顔をされている。」と、おっしゃってますから・・・・・・
*
3syugaku03
葉っぱが落ちて、実だけが残った柿の木と鮮やかな紅葉。これでバックが抜けるような青空ならサイコー!! なんですけど(^^)
*
3syugaku04
逆に、ちょっとハゲかけた土壁には、曇り空が合うみたいですね。
*
3syugaku05
禅華院をでて、赤山へ向かいます。途中の民家のお庭でハナミズキの実を見つけて一枚。 やはりこの木も葉っぱの色付きは良くないですね。
*
3syugaku06
赤ばかり続いたので(笑)、ちょっと趣向を変えて清楚な黄色のツワブキの花をどうぞ。
*
3syugaku07
すこし回り道して、比叡山にのぼる行者道を少しだけ歩きます。
*
3syugaku08

桧峠の登山口付近に、ビンクのサザンカが咲いてました。バックのもみじはもう少しはっきり写した方が良かったかな(笑)

(赤山禅院に続く)
*

pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京都洛北 もみじ散歩 その1-曼殊院門跡付近 | トップページ | 京都洛北 もみじ散歩 その3-赤山禅院境内 »

コメント

綺麗ですね~

身近でこんなに紅葉を堪能できる場所があるなんて
うらやましいです

こちらは桜の木と銀杏の木が多いかな・・・
あとはイルミネーションで人工的に光る木

>> wisteria さんへ

この季節だけは、京都の片田舎に住んでて良かったと思います。

これからは底冷えと北山オロシで寒いし、夏は盆地で蒸し暑いし、
仕事するには(特に外勤のひとは)、大阪や神戸の方が良いみたいですね。

サクラもみじもイチョウの黄色い落ち葉もまた秋らしくていいですよ。

イルミネーションは、節電で規模縮小なのが

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都洛北 もみじ散歩 その2-修学院離宮付近:

« 京都洛北 もみじ散歩 その1-曼殊院門跡付近 | トップページ | 京都洛北 もみじ散歩 その3-赤山禅院境内 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ