« 京都洛北 もみじ散歩  岩倉の里 | トップページ | 京都洛北 もみじ散歩  松ヶ崎山に沿って »

2011.12.08

京都洛北 もみじ散歩  宝ヶ池公園

3日の紅葉散歩は、岩倉から宝ヶ池公園に進みます。
*
2takaraike01
叡電の岩倉駅前で、2・3枚「花とエーデン」の写真を撮った後、地下鉄の国際会館前駅を通って、国際会館の通路に入ります。

しばらく行くと、プリンスホテルの前庭に差し掛かります。造られた美しさではありますが、調った景色が旅人を寛がせてくれます。
*
2takaraike02_2
望遠レンズの圧縮効果を使って、歩道一杯に「落ち葉の絨緞」を敷き詰めてみました

雨上がりで、落ち葉が乾いてなくて、あまり「カサッコソッ」と音を立てないのが残念でしたが。
*
2takaraike03
ホテルから公園に下りる通路は、真っ赤な落ち葉で彩られています。この樹はドウダンツツジでしたっけ?
*
2takaraike04
菖蒲池へと続く通路です。ここも落ち葉で埋まっています。

緑色→黄色→朱色→紅色→茶色→枯枝と、紅葉の段階が一辺に観察できて、風景画を見てるようです。
*
2takaraike05
この公園は、あまりカエデ紅葉は少なくて、カシノキやナラノキなどのドングリの生る広葉樹の黄茶葉が主です。

近くにいながら、この時期は、あまりこの池のほとりに来ないので、この景色をじっくりと写真に撮るのは初めてかもしれません。

行ったことはありませんが、晩秋のみちのくの湖畔の風景にも見えますね
*
2takaraike06
比叡山が雲で隠れているのが残念ですが、水の中にも、水の上にも錦が輝いています。
*
2takaraike07
すこし、松ヶ崎山に分け入ってみました。クヌギの葉がブラウンのグラデーションを作っています。
*
2takaraike08
駐車場で、こんな機械のデザインを見つけました。

ちょっとイタズラしてみました
*
Linemomiji3_2

(松ヶ崎大黒天へ続く)
*

pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京都洛北 もみじ散歩  岩倉の里 | トップページ | 京都洛北 もみじ散歩  松ヶ崎山に沿って »

コメント

先回の帰省時に、やっぱり「宝が池方面は?」と、自転車で回ってみましたよ。
「子どもの楽園」が健在で嬉しかったのですが、子ども連れでないと写真撮影ができないようで。
まあ、事情は分かります。それで知らない道を自転車で行くと、なんと大黒天へ出た!
お参りしたあとは西へ。車の教習所から「妙法」が見えて感激!
それから上賀茂神社へ出、賀茂川沿いの河川敷をゆっくりと下鴨まで戻りました。
ショックだったのは、御薗橋近くのお土居がなくなっていたこと。
堀川通りと川端通りの合流点にあったお土居が、普通の家になっていましたよ。

落ち葉の絨毯はやっぱり「ガサ、ガサ」と音が聞こえた方がいいね、ピチャ、ピチャは梅雨になるよね。
イタズラ、センスがいいですね。(^_^)v

>> 笠井君へ

こんにちは。返事が遅れてごめん。

子供の楽園は、3年ほど前にリニューアルして、競輪場の名残のスタンドが
プールが無くなって、夢の山のすべり台も少しかたちが変わっちゃいました。

でも、子供達の歓声は、昔のままです。

上賀茂の御土居は、学生時代はよく見ましたけど、最近は近くを通っても
あまり気にしないので、無くなったのは知りませんでした。
文化財も知らないうちに、破壊されちゃうことがあって残念ですね。

>> 西町小さんへ

電気の配電盤みたいな装置は、駐車場の植え込みの後ろの、ちょっと
裏山に踏み込まないとわからない所に、こっそりと置いてあります。

写真を撮ったときは、「あっ!今の時期にぴったり」と思っただけ
でしたが、帰って写真を編集してる時に「ぬり絵にしちゃおう
と考え付きました。

それにしても、最初にこのデザインにした京都市の担当者のひとは
あそび心がありますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都洛北 もみじ散歩  宝ヶ池公園:

« 京都洛北 もみじ散歩  岩倉の里 | トップページ | 京都洛北 もみじ散歩  松ヶ崎山に沿って »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ