« 昭和63年の熊本旅行(その1) 博多駅~熊本駅 | トップページ | 昭和63年の熊本旅行(その3) 阿蘇外輪山を登るSLあそBOY  »

2012.01.27

昭和63年の熊本旅行(その2) 熊本市電

昭和63年秋の熊本撮影旅行の続きです。

三里木駅から引き上げて、水前寺駅前の宿にチェックインしてから市電に乗って市内中心部へ向かいました。
*
S6311kumamoto08
時間は、まだ午後7時前くらいで宵の口ですが、11月中頃とあってもう真っ暗です。お城の見える市役所前で降りて、お堀にそって歩きました。

3系統(今のB系統)の上熊本発健軍行きの1083号が来ました。「月桂冠」の広告を載せてますね。九州のお酒といえば焼酎のように思いますが、月桂冠や黄桜などの伏見の銘酒は全国区なんですね
*
S6311kumamoto09
こちらは、2系統(今のA系統)田崎橋発健軍行きの1354号です。バックの櫓がライトアップされてきれいです。

この電車は、「祝!熊本農業高校90周年」の広告をだしてますね。この写真の時から24年経っていますから、今年は創立113周年(@_@;) すごい伝統校だなぁ。
*
S6311kumamoto10
次の信号で、8502号が回ってきました。古い電車の車体を当時の最新型スタイルに載せ変えた車で、まだ出来て2・3年目の新車でした。

この頃は、やっと路面電車も見直される機運が出てきて、広島・長崎・熊本・鹿児島などの先進都市では、どんどん新車が作られて活気づいていました。

でも福岡や北九州など波に乗れずに廃止されていった路線もあり悲喜コモゴモです。
*
S6311kumamoto11
角を曲がって、通町筋の電停からライトアップされたお城を眺めています。
熊本の観光ポスターでも良く見る構図ですね
*
S6311kumamoto12
ガス燈を模したような街灯に、足元のタイルも洒落た敷きかたになって、観光都市らしいデザインで決めた停留所です。

ちんちん電車の乗り場というよりは、どこかの公園のテラスみたいですね
*
S6311kumamoto13
バックのショッピングビルのまだクリスマスには早いのに派手な電飾 が
当時のバブルな世相を反映してるみたいですね

電車の広告の「リベラ・マイルド」も当時流行ったタバコの銘柄なんですけど、YouTubeでその頃のCMを見てもらうと、バブルを知らない若い人にも当時がどんな時代だったか、何となくわかると思いますよ

リペラ マイルドCM http://www.youtube.com/watch?v=DtPoQ3InyoY
*でんしゃ*
S6311kumamoto14

Rokuchoushi

このあと、宿のひとに紹介してもらったお店に行って、球磨焼酎と辛子蓮根と馬刺しを味わいました。

お酒は六調子という銘柄でした。酒も肴も関西人にはキツかったです 

でも、美味しかったです。

京阪沿線でも置いてる店ないかなぁ(笑)

翌朝は、二日酔い(笑)の頭をかきむしって、阿蘇の外輪山へ向かいました。

(続く)
*

pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 昭和63年の熊本旅行(その1) 博多駅~熊本駅 | トップページ | 昭和63年の熊本旅行(その3) 阿蘇外輪山を登るSLあそBOY  »

コメント

こんばんわ。

昭和の終わり頃と言っても既に四半世紀前の出来事なんですよね。何処となく写りこんでいる自動車もレトロ感漂う車ばかりです。
アッシー・メッシー・キープにドレイドンって奴ですか(笑)

こんばんは^^
まさに、今、私が街へ出かけるといえば、このあたりを
ウロウロしているのですが、こうして見ると、とても
不思議な感覚です。通り町から見る熊本城も、本丸御殿が
出来たので、今は違う見え方になったし、熊本駅と、この
周辺は、タイルから芝へと変化していますよ
球磨焼酎は、一番キツイんですよ
私は、勿論。。飲めません

>> IRIYAさんへ

こんばんは。IRIYAさんには、バブル時代なんてまだ生まれる前のお話で、
ピンとこないでしょう(笑)

おじさんには、まだ若かった頃の想い出です(^^♪

>> くまモンママさんへ

こんばんは。
「写真はタイムカプセル」今昔を並べてみると、「そうそう。」と納得したり、
「へぇ~!」と感心したり、不思議な感じになりますね。

80年代後半は第一次焼酎ブームで、全国からいろんな焼酎が
大都市に送られてきました。芋・麦・米はもちろん、コーヒー
とか柑橘類で作った焼酎もありました。

でも好きなのは麦のお湯割りですね。パパモンさんは、何が
お好みですか?

昭和63年。この頃は添乗員目指して旅行専門学校に通っておりました。
方向音痴だったのでダメダメでしたが…(^_^;)
今回見せて頂いた写真は私がよく見る夢の情景とそっくりです。
宮島に何回か行ってるので、広島市内の路面電車の記憶だとは思いますが、毎回路面電車が出て来るのは夜の街中です。
この写真たちを見ると、とてもとても不思議な感じがします。

>> エミュウさんへ

エミュウさんは、添乗員を目指されてたんですか

今は制度が変わったみたいですけど、旅行主任者の試験は、
結構むつかしかったそうですね。

夢の中に出てくる広島(?)の夜のちんちん電車。広島の電車の
写真も、何枚か撮ってるので(昼間ですが(笑))また、アップしますね。

インスピレーションが湧いたら、まえにお願いしてたちんちん電車の
切り絵を仕上げてくださいね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和63年の熊本旅行(その2) 熊本市電:

« 昭和63年の熊本旅行(その1) 博多駅~熊本駅 | トップページ | 昭和63年の熊本旅行(その3) 阿蘇外輪山を登るSLあそBOY  »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ