« 昭和63年の熊本旅行(その2) 熊本市電 | トップページ | 昭和63年の熊本旅行(その4) SLあそBOYに乗れた(^^♪ »

2012.01.29

昭和63年の熊本旅行(その3) 阿蘇外輪山を登るSLあそBOY 

昭和63年11月の熊本撮影旅行は、いよいよメインの阿蘇外輪山をスイッチバックでよじ登る、SLあそBOYの撮影です。
*
S6311kumamoto17
水前寺駅から急行「火の山1号」に乗って、立野まで向かいます。車内は阿蘇山やさらに豊後竹田や別府方面へむかう観光客でいっぱいでした。

駅をでると段々畑が広がって、その中を英字のZ形に三段になって外輪山を登っていく線路が引かれています。

急なたんぼの畦道を登っていくと一番上のスイッチバックを上りきった線路際にでます。ここからは立野駅と折り返しの信号所が一望できました。

ここでSL列車がくるまで待機です。写真は、キハ31+キハ47+キハ58という混色です。この頃(今でも?)ローカル線では、このような凸凹列車がみられて楽しかったです。
*
S6311kumamoto18
続いて、あそBOYの前座(失礼)として、欧風列車のサルーンエクスプレスを使った、「超魅力熊本キャンペーン」号がやってきました。

この「超魅力熊本キャンペーン」というのは、JR九州と熊本県が当時やっていたイベントで、SLの運転もこの一環です。

わたしもこのイベントのことを雑誌で知って、わざわざ阿蘇地方の列車とバスが乗り降り自由のフリー切符を買い込んで、阿蘇まで来ています
*
S6311kumamoto20
いよいよはるか下の線路をSLがやってきました。風に乗ってシュッシュホッポというドラフト音が伝わってきます。
*
S6311kumamoto21
一旦、立野駅に停車した列車は、バック運転で坂を登っていきます。わずか3両といいえ、当時でも製造後60数年たっているハチロク形機関車には荷が重そうに感じます。
*
S6311kumamoto22
列車は、山影の折り返しの信号所に引きこまれていきます。
*
S6311kumamoto23
2・3回、合図の汽笛が山並みに響いてから、またドラフト音とともに、SLが山影から顔を出して、こちらに向かってきます。
*
S6311kumamoto24
段々畑のあいだを縫って、近づいてきます。煙も山のうえを越えるほどまで立ち上がって、迫力満点です。

晩年は、SLもくたびれたのか(笑)ディーゼル機関車の後押しを頼んでましたが、この頃は、自力で坂に挑んでます。

自転車で走るくらいのゆっくりしたスピードでじりじりと上ってくるので、待ち構えているカメラマンも、みんな何枚もシャッターを切ってました。
*
S6311kumamoto25
いよいよ間近にやってきました。一番絵になる(と、思った)構図で渾身のシャッターを切りました。

煙が真上に上がってたのが今、見返してみると残念ですが、前日の惰力で走っている列車とは迫力が違いますね。

写真をクリックすると、大画面になります。ぜひSLの雄姿を堪能してください。
*
S6311kumamoto26
目の前を走る抜けるSLの運転台では、機関助士さんが、石炭をくべているのがわかります。

この33パーミルの急勾配を越えるのに、どのくらいの石炭をボイラーに投げ込む必要があったのでしょうか? 考えるだけでも大変な重労働なのがわかりますね。ご苦労様です。

列車が行ってしまうと、大急ぎで駅に戻って、次の列車で阿蘇・宮地駅に追っかけです。

(続く)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 昭和63年の熊本旅行(その2) 熊本市電 | トップページ | 昭和63年の熊本旅行(その4) SLあそBOYに乗れた(^^♪ »

コメント

こんにちは^^
立野駅周辺の景色は今もこのままですよ
私はここから高森側にひとつ先の駅、長陽で、生まれ育ち
小学校は、長陽小卒業です。そのあと、熊本市内に
引っ越しました。当時は汽車と呼んでいて、高森線も
当たり前のようにSLが走り、友達のお父さんは、「釜たき」
でした。そのうち、だんだんと電車に変わってしまい
淋しい思いをしたものです。
しかしながら、よくぞこんな写真を撮っていて下さいましたね~
感激で、胸がいっぱいになりました

>> くまモンママさんへ

くまモンママさんは、高森線の沿線のご出身でしたか。
立野~長陽間の白川鉄橋は、SL撮影のメッカだったようですね。

調べると昭和50/1975年までSLが残っていたそうです。
この年は、山陽新幹線が博多まで延びて、私の高校の修学旅行も
新幹線で九州でした。初めて阿蘇山に登って、水前寺公園を見て、
天草からフェリーで島原へ渡りました。

くまモンママさんとすれ違ってたのは、阪急梅田かなと思ってましたが、
もしかしたら、熊本市内のバスの中で見かけてたのかもしれませんね
不思議なご縁です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 昭和63年の熊本旅行(その2) 熊本市電 | トップページ | 昭和63年の熊本旅行(その4) SLあそBOYに乗れた(^^♪ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ