« 【京阪】お気軽駅撮り in 大和田 | トップページ | 昭和63年の熊本旅行(その2) 熊本市電 »

2012.01.26

昭和63年の熊本旅行(その1) 博多駅~熊本駅

昭和63年の秋、新生JR九州の観光列車の目玉のひとつとして復活した、SL「あそBOY」を写しに、はるばる当時すんでいた東京から、福岡経由で、熊本県に向かいました。

この年は、ちょうど2廻り前の辰年で、実質の昭和最後の年でもあります。昭和天皇のご不例で、自粛ムードもありましたが、世はまさにバブルの真っ最中

めちゃくちゃ忙しかったけど、それなりにフィードバックもあり、プロジェクトが一段落すると、長期休暇も取れて、あちこちと遊び歩いておりました。

今考えると、人生で一番面白かった時期ですね(笑)

さて、手元の航空券を見ると、10時半に羽田をでて昼過ぎに福岡空港に着いています。それから地下鉄で博多駅に行って、午後1時頃に、ホームで駅弁を買いました。
*
Tobiume_bentou

「博多飛梅弁当」幕の内べんとうですね。包み紙は大宰府で「東風吹かば・・・・」と詠まれている天神さまでしょうか。

なんと、この博多駅構内のお弁当屋さん(寿軒)は昨年末で廃業されたようです。新幹線が鹿児島まで直通して、博多が乗換駅でなくなったのも原因のひとつなんでしょうか?

最近は、新幹線や特急の食堂車もなくなり、駅弁の販売も少なくなり、だんだん旅情がなくなっていきますね。
*

S6311kumamoto03
博多から熊本までは、このJR九州ご自慢の新車、ハイパーサルーン「有明」に乗りました。車体の真ん中に出入り口があって、左右に客室が分かれているという変わった電車です。

まだ、出来て半年しか経たないピカピカの新車ですから、もちろん乗り心地は上々でした。

今に至るまで、JR九州の電車は、エクステリア・インテリアともJR各社の中で最高クラスで、いまだに国鉄時代につくられた電車が巾を利かせている関西圏とは大違いです(^^ゞ

写真では、電車の前にディーゼル機関車がくっ付いてますが、これはまだ電化されてなかった豊肥線に乗り入れて水前寺駅まで直通するためです。

「架線がなければ機関車でひっぱれば良いさ。」という発想は、国鉄時代でも前例がありますが、わざわざ専用の機関車や電源車を用意するのは、「さすがに民間企業になったJRだけのことはあるわい。」と感心した記憶があります。
*
S6311kumamoto05
もちろん民営化されても一気に電車が新しくなるわけもありませんから、大半の列車は国鉄時代のものにJRマークをつけてそのまま走らせています。

これは、肥薩線経由の宮崎行き「えびの」号です。今なら観光列車は別としてわざわざ人吉・都城まわりで宮崎まで移動する人は少ないでしょうけど、この頃はまだ列車の利用者はそれなりにあったんでしょうね。
*
S6311kumamoto06
さて乗ってきた特急は水前寺止まりなので、この各停に乗換えて三里木駅まで行きました。

事前に調べたSL列車の撮影地のガイドブックでは、「線路の両脇に並木道が併走して絵に成りそうだ。」 と、書いてあったからです。

今の三里木駅付近をグーグルのストリートビューなどで見てみると、新しい駅が出来たりニュータウンが開かれたりしてだいぶん都市化が進んでますが、昭和の終わり頃はまだのどかな郊外の駅だったように思います。
*
S6311kumamoto07
待つことしばしで、夕日を真正面に受けてSL列車は阿蘇山から下って来ました。
でも、せっかくのナンバープレートが光ってしまって番号「58654」がまったく見えません

しかも下り坂で惰力で走ってるのかぜんぜん煙も出さないし・・・・・・

それでも、久しぶりに生きてるSLに出会えて満足でした。

この後、水前寺駅前の宿に落ち着いて、夕食を食べがてら市電を写しに繁華街に向かいました。

(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【京阪】お気軽駅撮り in 大和田 | トップページ | 昭和63年の熊本旅行(その2) 熊本市電 »

コメント

こんにちは^^
熊本に住む私でさえ、なつかしい写真の数々。。。
初代のあそBOYのSLは、今人吉号となって活躍しています。
勿論、ご存じでしょうが。。。
熊本駅から出る、3大観光特急に、全部乗って、
テツコさんとしての、ランクがアップしたと
勝手に自分で思っております

あそBOYの86を撮るために東京から熊本まで出かけるとは筋金の程度が違いますね。
JR九州の車両は他のJRと違って個性を持ったものが多いですね。これにマイテが付いていれば編成として最高ーー。

>> くまモンママさんへ

干支がふた廻りもすると、どこの町もぜんぜん変わってしまいますよね。
この頃は九州新幹線なんて工事に取り掛かってもいなかったですから。

熊本発着の3大観光特急は、あそぼーい!、A列車で行こう、SL人吉号ですか?
全部乗られたとはすごいですねぇ。三角線なんか、短いから乗ったと思ったら
もう終点(笑)なのに、特急が走るんですねぇ。

三角屋根の駅舎とフェリー乗り場の磯風の匂いを思い出します。

>> 西町小さんへ

西町小さんは、ご存知でしょうけど、80年代末は、世の中全体がバブル
真っ盛りでしたね。

独身サラリーマンにもそれなりに恩恵が回ってきて(笑)、
この年は、GWにのと鉄道、夏休みに北海道のSLニセコ、そして晩秋に
熊本へ行きました。足は飛行機かブルトレ&新幹線という豪華版です。

バブルが弾けてからはもう大名旅行は出来なくなりました(^^ゞ 
昔は、良かったですねぇ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和63年の熊本旅行(その1) 博多駅~熊本駅:

« 【京阪】お気軽駅撮り in 大和田 | トップページ | 昭和63年の熊本旅行(その2) 熊本市電 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ