« 【叡電】冬枯れの叡山線 (その2) | トップページ | 矢田丘陵をハイキングしてきました。(後編) »

2012.02.04

矢田丘陵をハイキングしてきました。(前編)

もう一週間たってしまいましたが、先週の土曜日に、寒風の中、奈良県の矢田丘陵に耐寒ハイキングに行ってきました。
*
201201yata01
京都から近鉄で近鉄郡山まで行き、ここからJR関西線に乗換えてひと駅の大和小泉駅が集合地です。

参加者は、13名。寒い中にもかかわらず思ったよりたくさん集まりました。
*
201201yata02
駅をでて、まずは松尾寺に向かいます。しばらくは住宅地の狭い道をあるき、富雄川を渡ります。途中「小泉城跡」や「石州流茶道宗家高林庵」など、気になる案内板が目に付くのですが、団体行動では寄り道もままならず(^_^;) Passして、どんどん山ぎわに向かいます。

やがて、道は矢田丘陵に取り付き、歩道もある立派な車道ですが、ひじょうに急な参道を登っていきます。
*
201201yata03
歩きはじめて約1時間、矢田寺の門前に着きました。厄除けのお寺とあって、徒歩や自家用車でたくさんのお参りがあります。
*
201201yata05
境内には、護摩壇が作られ、生木や杉葉が積み重ねてありました。
ロウバイがきれいに咲いています。
*
201201yata06
一服したあとは、いよいよ山道をのぼります。10分ほど登ると尾根道にでて道は平坦になります。
*
201201yata07
こんな里山の雑木林が続きます。道はひろくて山仕事の軽トラなら通れそうです。マウンテンバイクを駆って山道を疾走しているグループや持久走の中学生の一団とすれ違いました。
*
201201yata08
国見台の展望台から見下ろした大和平野です。奈良市街の方をみてますが、曇って若草山などは見えませんでした。
*
201201yata09
標高200mほどの山中に、なぜか池があります。これも溜め池でしょうか?
一面に薄氷が張っています。でも風も無くてあまり寒さは感じません。むしろ山歩きで火照って暑いくらいです。
*
201201yata10
このまま尾根づたいに榁峠から生駒方面にぬける道もあるのですが、一旦急坂を降りて、麓の矢田寺にお参りしました。

このお寺はアジサイ寺として知られていますが、この季節のアジサイ苑はとうぜん枯れ木ばかりで(^^ゞ お参りの人もまばらです。
*
201201yata11t
有名な「味噌なめ地蔵」さまです。このお地蔵さまには、こんな話が伝えられています。

『むかし、なかなか良い味の味噌ができなくて困っている女の人がいたそうな。

ある晩、女の人の夢枕に矢田寺のお地蔵さまがでてこられて「その味噌を食べさせてくれたら良い味にしてやろう。」と告げられたそうな。

翌朝、お寺に行ってお地蔵さまに味噌をお供えして、口元にもたっぷりと塗りつけたそうな。

帰って、家の味噌を味見してみると、美味しい味噌になっとったそうな。

今でも、村の人は、美味しい味噌にしてもらおうと、お地蔵さまに味噌をお供えするのだそうな。』

矢田寺をでたところの日当たりの良い果樹園で、お弁当にしました。
小泉駅をでで約6キロ、休憩込みで3時間弱です。

(続く)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】冬枯れの叡山線 (その2) | トップページ | 矢田丘陵をハイキングしてきました。(後編) »

コメント

 昔、奈良県の田原本に勤めていたことがあって(京都から通っていましたが)、大和小泉に何度か立ち寄ってたことがあります。片桐且元ゆかりの土地で、歴史を感じさせる建物や、近くには、稗田阿礼の出身地の稗田環濠集落があったように記憶しています。矢田寺には、行ったことがありませんが、いつか、機会があれば立ち寄ってみたいと思います。
(o^-^o)

こんばんは。
さすがなかっちょさんですね~健脚でいらっしゃる(^^)
ありんこが矢田寺に行った時は、近鉄郡山~矢田寺間を
バスで往復しました。(^^ゞ
すごいなぁ、もっと鍛えなきゃ・・・。

>> のずちんさんへ

こんにちは。のずちんさんも近鉄京都線やJR奈良線で通勤されてたことが
あるのですか? ひとの繋がりって、広いようで狭いもんですね

私は、近い割には奈良盆地はあまり歩いたことがなくて、大和郡山周辺も
知らないところばかりです。

春めいて来た頃に、西ノ京や斑鳩の里をぼちぼちとカメラ片手に
歩いてみたいですね。

>> ありんこさんへ

こんにちは。この職場の歩こう会は、じつは平均年齢がかなり高くて
わたしのようなオジサンでも、まだまだ「なかっちょ君は若いなぁ。」
と、いわれるくらいです。

でもみなさんかなり外回りの仕事で脚力を鍛えられてて(笑)、
デスクワーク中心のわたしなんか、着いて行くのがやっとです(^^ゞ

昼からのコースは、まだ2つか3つほど、峠を上り下りします。
疲れました

先週、これを見て思ったんですけれど、矢田寺なら、近鉄郡山から駅前の道を西へ行けば、一本道なんですけれどね。
ありんこさんが書かれている路線バスは、途中まで少しでも広い道を求めて右に左に迂回してゆきますから。
途中にめぼしいものが何もないのが難点ですけれど。

稗田の環濠集落は、JR郡山からかなり歩く必要がありますし、ここ数年で道路の付け替えが行われてますから。

さっき、郡山から戻ってきたので。

>> なにわさんへ

矢田寺行きのバスは、わたしも一度あじさいの時期に乗りましたが、
あちこち大回りしてたような記憶がありますね。

郡山の城下町は、ざっと見て回ったくらいしかないので、お城の盆梅展
やってるうちに、また行ってみたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢田丘陵をハイキングしてきました。(前編):

« 【叡電】冬枯れの叡山線 (その2) | トップページ | 矢田丘陵をハイキングしてきました。(後編) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ