« 【JR西】ひさしぶりの城東貨物線(赤川鉄橋&野江) | トップページ | 【叡電】けいおん! ラッピングさよなら運転 (その1) »

2012.02.17

今日のお散歩は、狸谷不動尊から高野へ

今日は、先週末の休日出勤の振替でお休みです。

どこか行きたいところですが(^^)、寒いし粉雪は舞ってるし、昼からは家の用事があるしで、近くの狸谷不動尊へお参りしてきました。
*
Tanuridani01
家からぶらぶら15分ほど歩くと、一乗寺下り松に着きます。ここは、宮本武蔵の「一乗寺の決闘」で有名なところ。

一乗寺村の鎮守さまの八大神社の境内には、武蔵の銅像と当時の松の木の幹が展示(奥の小さな社の中) されています。

お正月に来た時は、初詣のひとや隣の詩仙堂を見学するひとでそれなりに賑わってましたが、いまはひっそりとしてます。
*
Tanuridani02t
詩仙堂の前から参道は急にキツイ坂道になり、途中からは250段におよぶ階段になって、寒いさなかなのに、体が火照ってきます。
*
Tanuridani03
途中には、こんな石碑も建ってます。吉田義男元監督は、京都市の生まれ(嵐電の白梅町駅の近く)なので、ここに記念碑を奉納されたんでしょうね。

それにしても、最近のタイガースは、しゃあないなぁ
この石段のぼって、トレーニングでもせぇ!
*
Tanuridani04
まあまあ、なかっちょさん、そんなに怒りいなぁ
勝負は、時の運でっせぇ。真弓さんばっかり責めてもあきまへんでぇ。

と、七福神さまのお取り成しで、気持ちを切り替えて(笑)、本堂へ
*
Tanuridani05
ようやく本堂に着きました。清水寺のようなりっぱな懸崖造りの建物です。
節分祭や毎月28日の不動さまの縁日には、大勢のお参りでにぎわいます。
*
Tanuridani06
今日のお参りの目的は、これ。 

幸いと私自身は、健康診断でもガンや成人病の診断を下されたことはありません。
*
Tanuridani07t
それでも、お話を聞かせていただいてる方の中には、病気で苦労されている方のお話も、耳にします。

わたし自身の今後の節制と、お知り合いの方の平癒を、お不動様にしっかりとお願いしてきました。
*
Tanuridani08
山を下りて、一乗寺の村里を歩きます。本願寺の北山別院までくると、親鸞さまゆかりの泉に、「ほーほけきょ」と、なんとウグイスの初音が聞けました。

あたりは薄曇で、粉雪もちらちらしてるのに、やっぱり春は、そこまで来てるんですね。
**
K_hanami3
春来ぬと たれうぐいすに 告げつらむ 竹の古巣は 春もしらじを

この歌は、たまたま図書館から借りてきて、読んでるところの「建礼門院右京大夫集」の第15段に載っている題詠歌です。

この時の気持ちをそっくり代弁してくれてるので、追記しました。
*
Tanuridani09
一乗寺街道ぞいの古い農家の建物もだんだんと減ってきました。保険会社の看板が不似合い(笑)ですけど、記録しときましょう。

わずか数ヶ月で取り壊されて、マンションやコンビニに変身 てなこともしょっちゅうですから。
*
Tanuridani10
こちらは、大原街道ぞいの古いお米屋さん。子供のころからここにあるので、もう50年は店されてるみたいです。
*
Tanuridani11
一乗寺から、高野地区にかけての名物(?)だった、染物工場も急速になくなっています。

その昔は、鐘紡の京都工場を中心に、この付近は一大繊維(紡績・染色)産業地帯でした。

大工場の社宅が並び、それを目当てに商店街が出来、映画館やパチンコ屋も並んでました。綿ほこりや染料のニオイが充満してて、小川は七色に染まってました。

でも安い外国製の繊維製品に押されて、急激に工場は廃業していきました。70年代後半から80年代にかけてのことです。
*
721_59
目的地の図書館で、本を借りて、帰りは叡電で戻りました。

いよいよ「けいおん!」の電車も今週末までです。明日・明後日は、この付近も鉄ヲタや萌えマニアで大騒ぎになるのでしょうか
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【JR西】ひさしぶりの城東貨物線(赤川鉄橋&野江) | トップページ | 【叡電】けいおん! ラッピングさよなら運転 (その1) »

コメント

こんばんは^^
大阪にいた頃、詩仙堂までは行ったことありますが、
この狸谷不動尊は、テレビ(ちちんぷいぷいだったかな)で観て、興味は持っていたところです。
なんだか、一緒にお参りさせてもらった気分です。
有難うございましたm(__)m

>> くまモンママさんへ

こんばんは。今日は寒いですねぇ。
熊本県地方も、山間部は雪みたいですね。

詩仙堂の裏山に、お不動様はまつってあります。
ここのご祈祷は、よく効くと評判です。

縁日に行くと、病い封じの青竹で沸かしたカッポ酒を
振舞ってもらえます。

学生時代に九州を旅行した時に、高千穂と阿蘇の
草千里でも、飲ましてもらいました。
体がカッカしたのを覚えてます(笑)

寒い中のお参りお疲れ様でした。
名前の通り狸が一杯並んでいますね、鶯に元気付けられての散歩もおつなもの。
街角の風景どんどん変わっていきますね、災害に強くなるのはいいですけど風情が無くなり無機質な感を受けます。いっぱい現状を撮っておいてください。

こんばんは。

清水寺そっくりのお寺が沿線にあるのですね。

付近の家屋も「ある間」に撮影しておく・・・。

これって、大事な事だと思いました。

明日の京都府は、雪が降るようです。

大阪府でも、けっこう降るようです。

明日はすごく寒くなりそうですが、お互い身体を壊さないよう、気をつけましょう。

実は、日本バプテスト病院から瓜生山へ登ると、山頂に狸谷不動尊の奥の院に着きます。
そこから、山道に居並ぶ石仏(番号付き)に案内され、無事に本堂へと下山できます。
そして、坂道を下りて八大神社・詩仙堂・決闘の松へ。
狸谷参道を逆にたどるというコースですね。

昨秋、約三十年ぶりに登ってみました。
すると、昔はなかった「白川砂採石場」の説明板が途中に立っていたり、奥の院には「瓜生山 海抜300何m」という案内板も下がっていました。

ところが。
そこから、狸谷へおりていく道がない!
つまり、人がそんなに通らないから「植物の力」で「道なき道」に!
仕方がないので山の急斜面を無理におりて、靴の中を土だらけにしながら柵を飛び越えました。
山中での修行者、というより不審者。
下から上がってきた老夫婦にヘンな目でみられました。…スミマセン。

故小林繁投手は、確か1981年のオフに、ここで山籠りトレーニングをされていますね。
吉田監督の隣にあるのが、小林投手の奉納碑です。

>> 西町小さんへ

こんにちは。今朝の京都市内は雪になりました。今シーズン初の積雪です。

うぐいすの鳴き声にはびっくりしました。初夏の頃には、うるさい
ほど鳴いてますが、真冬なので空耳かと思いましたが、2度・3度と
鳴いてくれたので、本物みたいですね。

京町家なんかは、保存に対象になってますが、その他のお家や工場
なんかも、せめて写真で記録しておこうと思ってます。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。今朝の叡電沿線は銀世界になってます。
はやくも、けいおん!!の電車を見に、車庫には鉄道ファンが集まってます。

最終日の特別運行が雪になるなんて、ラッキー!!!
ですね。

また機会があれば、洛北の名所をご案内しますよ。

>> 笠井君へ

東京も雪積もってますか?
子供たちは、「雪合戦するんだぁ!!」とはしゃいでます。

瓜生山から狸谷への道は、荒れてるみたいですねぇ。
去年の台風で、
比叡山への道も、きらら坂のメインコース以外は、土砂崩れ
なんかがあって歩けなくなったところがあると聞きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のお散歩は、狸谷不動尊から高野へ:

« 【JR西】ひさしぶりの城東貨物線(赤川鉄橋&野江) | トップページ | 【叡電】けいおん! ラッピングさよなら運転 (その1) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ