« 今日のお散歩は、大徳寺から西陣へ春を探しに (その2) | トップページ | 今日のお散歩は、大徳寺から西陣へ春を探しに (その4) »

2012.03.17

今日のお散歩は、大徳寺から西陣へ春を探しに (その3)

大徳寺の境内の南半分の塔頭を廻ります。この頃になると10時を回って、拝観の観光客が増えてきました。でもまだ観光シーズンには早いので、そんなに混雑してるわけではありません。
*
201203daitokuji13
興臨院の前庭です。ここも直線で構成された通路が印象的ですが、一本の紅梅が春を告げていますねぇ。

雲水のみなさんもやっと寒さが和らいでホッとされてるのでしょう。
*
201203daitokuji14
龍源院の茶室、参雨軒の軒端の梅です。この日撮った写真の中では、一番のお気に入り(笑)です。
*
201203daitokuji15
同じ梅ですが、角度を変えて撮って見ました。「参雨」と彫られた瓦が素敵ですね。
*
201203daitokuji16
瓦と梅の取り合わせが良かったので、龍源院の反対側に回ってみると、こちらは白梅と「龍」の文字が彫られた瓦でした。

ちょうど日がかげってしまって肝心の梅の花が目立たないのが残念です
*
201203daitokuji17
最後は、境内をでてバス通りの反対側にある、境外塔頭の雲林院に参りました。ここは、紫式部ゆかりのお寺として、源氏物語千年紀のときは、良く紹介されてました。

わたしも、秋の萩の時期にいちどブログに載せてますが、早春に来るのは初めてです。

ピンクの椿が満開です。やはり王朝文化の香るお寺は華やかですねぇ
*
201203daitokuji18
ここにも、梅は満開に咲き誇ってますが、根元に一株の福寿草。
心憎い演出ですねぇ。参りました(^^ゞ
*
201203daitokuji19
塀ぎわには、なんとムラサキシキブの花が。 ここだけは去年の秋のなごりを伝えてます(笑)
*
(西陣の街歩きにつづく)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 今日のお散歩は、大徳寺から西陣へ春を探しに (その2) | トップページ | 今日のお散歩は、大徳寺から西陣へ春を探しに (その4) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のお散歩は、大徳寺から西陣へ春を探しに (その3):

« 今日のお散歩は、大徳寺から西陣へ春を探しに (その2) | トップページ | 今日のお散歩は、大徳寺から西陣へ春を探しに (その4) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ