« 【叡電】春の花シリーズ(2012)その3 (さくら満開の岩倉川) | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2012)その5 (散り初めの出町柳付近) »

2012.04.17

【叡電】春の花シリーズ(2012)その4 (さくら満開の比叡山麓)

岩倉川の次は、先週に続いて(前回の記事です)三宅八幡駅に回りました。先週末はまだ3分咲きだったのに、はやくも散りはじめてます。サクラは慌しいですhappy01
*
722_76
まずは、超定番の「お花見写真」。

先週も書きましたが、枝が払われたのか? 花のボリュームが少ないような気がします。

電車の後ろに架かる鋼トラスの架線柱も、今年が最後の花見かも?
*
721_76
下りはホームに散った花びらと合わせて見ました。電車の止まらないホームの端にはタンポポも咲いてます。

一見のどかな風景ですが、ほぼ終日1両編成で間に合うこの駅の厳しい状況を現してもいます。

合理化の一環で、サクラも駅舎もろとも撤去されて、別な用途に転用されるなどと云うことは無いと思いますが・・・・・・・・
*
711_62
三宅八幡から宝ヶ池方面に戻ります。幼稚園の園庭にtulipcherryblossom のコラボがあったので、すかさず一枚。

この幼稚園前も季節に合わせてどんどん花が植え替えられていくので、今年も何回も通うことになるでしょう。
*
801_71
最後は、修学院~宝ヶ池間の音羽川鉄橋です。ここでは手前の鳥さんがアクセント役を務めてくれました。
*
(次回は、出町柳~茶山間を)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】春の花シリーズ(2012)その3 (さくら満開の岩倉川) | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2012)その5 (散り初めの出町柳付近) »

コメント

こんばんは。

一両編成の電車は大好きですが、裏を返せばそれだけ乗客が少ないということですよね。
桜の時期にしては寂しい気もします。

近くの嵐電は北野線でもいつもより増結して2両編成で走っていました。
同じ京都でも、桜の見どころは嵐電の方が多いのでしょうか?

こんばんは。

叡電は、秋のモミジの時期は、行楽客でにぎわいますが、サクラの時期は、
それほどでもありませんね。

八瀬駅のまわりには、むかしはたくさんの桜がありましたが、今はかなり
さみしくなってます。鞍馬山のサクラも、雲珠桜(うずざくら)と呼ばれて綺麗
ですが、やはりボリュームがありません。

その点、嵐電の沿線は嵐山・嵯峨野や御室・北野と桜の名所がめじろ押し
で、非常ににぎわいます。

今から桜を植えるといっても大変でしょうし(だいいち場所がない?)
叡電沿線に桜の名所をいちから作るのは、無理ですねhappy01

山があって、桜があって、電車が走って、
ホームには人影がない・・・

普段目にしない景色ですhappy02

そのうち、なかっちょさんのおうちのご近所に
観光&撮影に出かけたいですshine

>> wisteria さんへ

こんにちは。

電車は、15~20分毎にしか来ないので、発車時間の近くにならないと
ひとが来ないのです。乗るのは近所のひとがほとんどで、駅というより
バス停の感覚ですねbus

阪神間にお住まいならば、神戸電鉄にのって、粟生線(鈴蘭台から有馬
や三田へ行く線と別れる支線)に乗ってみてください。
結構ローカル線のたびの雰囲気が味わえますよtrain

京都の桜は、
この週末は、鞍馬山の雲珠桜(うずざくら)が見ごろ
続いて、御室の遅咲きの八重桜が見ごろになりますね。

そして5月4日・5日は、修学院地区のお祭りです。
もう新緑の季節ぜひ祭りを見にお出で下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/54470923

この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】春の花シリーズ(2012)その4 (さくら満開の比叡山麓):

« 【叡電】春の花シリーズ(2012)その3 (さくら満開の岩倉川) | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2012)その5 (散り初めの出町柳付近) »

フォト

ススキ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ