« お花見散歩(その2)京都御所の春の一般公開 | トップページ | お花見散歩(その4)御所の桜をめでながらの帰り道 »

2012.04.13

お花見散歩(その3)茶室 拾翠亭を見学

御所の一般公開のあとは、苑内の一番南端にある、旧九条家茶室の拾翠亭(しゅうすいてい)を見学しました。
*
201204gosyo_sakura07
このお茶室は、もと公家の九条家の別邸だったそうですが、今は貴重な公家の茶室の遺構として、週末に公開されています。

いつも、写真の九条池の橋の上や、その横の厳島神社の境内から眺めてばかりで、一度は入ってみたいと思ってましたが、やっと見せてもらうことが出来ました。
*
201204gosyo_sakura08
池をながめながら、縁先に座っていると、お公家さんになったようなゆったりした気持ちになりますね。

私は、不作法で、お茶席のことはほとんど知らないのですが(^^ゞ、素人目にも手間をかけた造作と見て取れます。
一階の広間の床の間には、千少庵(千利休の娘婿で千家の二代目)の書状が掛かっておりました。

二階から降りて、池のほとりに建てられた四阿(あずまや)に回ってみます。
*
201204gosyo_sakura09
四阿も小さいながらも、本殿に劣らないりっぱな造作です。
ここから池を望みながら花鳥風月の移り変わりを楽しまれたのでしょうね。

私も、一度そんな優雅な生活をしてみたです
*
201204gosyo_sakura10
ふたたび桜をめでながら出町方面に戻りましょう。
*
(次は苑内で目に付いた桜のスナップで締めくくります。)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« お花見散歩(その2)京都御所の春の一般公開 | トップページ | お花見散歩(その4)御所の桜をめでながらの帰り道 »

コメント

遅くなってしまいましたが・・・

息子さんの中学ご入学おめでとうございます

やっぱり入学式は桜の季節がいいですよね~

去年はちょうど桜が見頃のときに
私も京都の桜も観賞することができたのですが
今年はちょっと難しそうです・・・

でも、なかっちょさんの綺麗なお写真で
京都の春も楽しんだつもりになれそうです

>> wisteria さんへ

こんにちは。
お祝いメッセージありがとうございます。

息子も、だんだん学校になれて、「クラブは軟庭部に入ろうかなぁ。」
などと、言ってます。

京阪神の桜も、この週末で終わりそうですね。
明日の午後から日曜にかけては、好天が期待できそうなので、
できるだけを撮り歩きたいと思ってます。

たいした出来にはなりませんので、期待せずに(笑)待ってて
くださいね。

有職故実、繁文縟礼
という四文字熟語を思い出す景色ですね。

御所の建築物の中、私は入ったことがないので、貴重なものを見せて頂いた気分です。

大学生の頃、堺町御門を入ってすぐ辺りで、建物の壁にサッカーボールを友達とボーン、ボーンとやっていたら、拡声器で皇宮警察に怒られました。トホホ。

>> 笠井君へ

こんにちは。

さすがに、文士は、難しい単語を知ってるね

「パーキンソンの法則」っいう、やつだね(^^ゞ

御所の拡声器は、いまも、ときどき警報をならしてるよ(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お花見散歩(その3)茶室 拾翠亭を見学:

« お花見散歩(その2)京都御所の春の一般公開 | トップページ | お花見散歩(その4)御所の桜をめでながらの帰り道 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ