« 北白川の洋館、駒井邸を訪問 | トップページ | 【叡電】GWに宝ヶ池臨を運転 »

2012.04.28

【京阪】伏見の踏切4題

今日からGWですが、忙しくて今日も、月曜の振替休日も出勤です

ネタぎれで、またまたお蔵入りしていた写真の棚卸(笑)で、失礼します。

3月3日のひな祭りの日に、京阪宇治線と近鉄京都線の撮影を終えて、大手筋商店街にもどる途中に渡った踏切です。(その時の記事はこちら)

やはり伏見は古い歴史のある町並みだけに、どの踏切もなにかしら良い雰囲気があって、思わず電車が通るまで待ってしまいました(^^ゞ
*
Kangetukyo01

観月橋踏切

踏切自体は、国道24号の交差だけあって車の流れが絶えませんが、宇治川に向けて古い石柱が立ってます。向かって左は「淀川の基点を示すもの」、右は「明治天皇が観月橋で休憩された」と刻まれています。
<

Kangetukyo02
平戸橋踏切

観月橋からひとつ中書島よりの踏切です。宇治川派流にかかる橋の名を取っています。

写真のように、たもとにちいさな神社があり、澱川鉄橋の大アーチも見え、撮り方によっては、面白い写真が出来そうですが、真上の外環状線の高架橋がなんとも、目障りで・・・・・
*
Momoyama01
呂ノ図子踏切

平戸橋から近鉄の高架下をくぐって、京町通りを大手筋に向かう途中にあります。
ここも雰囲気が良かったので、電車を待っていると、本線では少なくなった旧塗装車が通りました。

図子とは表通りの間の家にはさまれた路地(京都では「ろーじ」と発音する)のことですが、「呂」の意味がわかりません?

ネットで調べると「背骨」とか「雅楽の音階」とか出てますが・・・・
*
Momoyama02
最後は、伏見桃山駅前の大手筋踏切

商店街の真っ只中にあるので、一日中人通りが絶えません。踏切が閉まりかけてもまだ渡っている人がいて、よくブザーがなってます(笑)

たまたま各停が通りましたが、特急の二階建てのところが通過するのを待てばよかった(^^ゞ
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 北白川の洋館、駒井邸を訪問 | トップページ | 【叡電】GWに宝ヶ池臨を運転 »

コメント

こんばんは
今日は暑かったですね。
どの写真もさすがなかっちょさん、タイミングがバッチリ決まってますね。
ありんこの場合、先頭部をはずしてやり直すこともしばしばです。(^^ゞ

こんばんは^^
お久しぶりです。
過去記事をまとめて拝見しました。
今日は、以外にもまだ桜を見ることができましたが、
桜は、桜でも、何処に咲いてるかがとても重要なポイントだと
つくづく思いました
東日本の桜を見る機会がまだありませんが、桜が似合う場所は
これまで見たなかでは、やはり、京都と熊本城でしょう

>> ありんこさんへ

おはようございます。
昨日は、暑かったですねぇ。テレビのニュースでは、京都市内は
早くも真夏日 になったとか。

ここにUpしてるのは、たまたま(笑)タイミングのあったやつ
ばかりで、この前後には何枚も失敗してるんですよ。
京阪は、本数が多くて助かります。
田舎のローカル線では、失敗がコワくて、なかなかこんな写真には
挑戦できませんね(^^ゞ

>> くまもんママさんへ

こんにちは。
もう落ち着かれましたか。

入院に続いて、引越しと大変な春になりましたねぇ。
お疲れのでないように、ほちぼちと

駄作ばかり載せてますが、わざわざ過去記事まで
見ていただいてありがとうございます。
今年は、桜の開花と休みが合わなくて、あまり
遠くまで行けませんでしたが、その代わり地元の
桜をじっくりと鑑賞できました。

東京も、広いので探すと花の名所はたくさん
有るみたいです。

5月は、サツキ・ツツジ・フジ・アイリスなんかが
順に見頃になりますね。

お江戸の花園を楽しんでください。

こんにちは。

踏切って待っている人を背後から撮影すると、その人のドラマが見えてくる、そんな感じがします。

>> kaz_eg6 さんへ

こんにちは。

線路の向こう側で、電車待ちをしてるひとの表情も
豊かで(笑) よいのですが、
最近は、個人情報がウルサクて、なかなかUPできません(^^ゞ

こんにちは。
観月橋の踏切にこんな石柱があるのは知りませんでした。呂ノ図子踏切は狭いのに先頭をキッチリ捉えていますね。一眼レフのなせるワザですね。コンデジではこの手の写真は難しいです。

>> ヤマさんへ

こんにちは。
観月橋の石柱は、歩道を車に注意しながら歩いているとちょっと
見つけにくいですね。

近鉄を写すために河原に下りる時に、目に付いて2600系の
すこしレトロな車体と合わせてみました。
13000系では、また違った印象になるのでしょうか。

呂ノ図子踏切付近は、電車は比較的ゆっくりと走ってくれるので
なんとかタイミングを合わすことができました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【京阪】伏見の踏切4題:

« 北白川の洋館、駒井邸を訪問 | トップページ | 【叡電】GWに宝ヶ池臨を運転 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ