« お花見散歩(その3)茶室 拾翠亭を見学 | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2012)その3 (さくら満開の岩倉川) »

2012.04.14

お花見散歩(その4)御所の桜をめでながらの帰り道

京都御所の散策は、さくらを写しながらの帰り道となりました。
*
201204gosyo_sakura11
拾翠亭をでて、仙洞御所の横を通って、さっき見学した御所の建春門の向こう側の学習院跡まで戻ります。ここで、倒れた松の木の幹を割って、山桜が生えているという「松桜」を見ました。

写真の手前から向こうに横たわっているのが枯れて倒れた松。その洞になったところを突き破って山桜が枝を伸ばし花を付けています。

息子の話では、「小学校2・3年生の頃、おばあちゃんと散歩に来た時は、まだ松も倒れた直後で、葉をつけていた。」そうです。
*
201204gosyo_sakura12
続いて、京都迎賓館前のこれも山桜のようです。花と葉が一緒にでて濃淡のコントラストが美しいです。
*
201204gosyo_sakura13
御所の北西にある、旧近衛邸跡の糸桜です。その名の通り、細い枝が何本もしだれかかっています。

この付近は、苑内でも一番さくらの多い一角とあって、芝生では花見の宴を張っているグループが多く見られました。
*
201204gosyo_sakura14_2
糸桜のアップ ここまで整ってると、逆に造り物に見えてきますね
*
201204gosyo_sakura15
最後は、石薬師門ちかくの桜の枝。すこし傾きだした西日に照らされて輝いてました。締めくくりにふさわしい一枚が撮れてよかったです。
*
この写真を撮ってからまだ一週間しかたたないのに、はやくも京都市内の桜は満開から散り初めに進んでいます。

今日は、また・・・・・・

でも、明日は、好天 が見込めそうなので、桜吹雪とえーでんの写真を撮りに出かけたいですね。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« お花見散歩(その3)茶室 拾翠亭を見学 | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2012)その3 (さくら満開の岩倉川) »

コメント

松桜・・・珍しいですね

桜の木の生命力の強さを感じます
華やかさ、潔さ、立ち直る力・・・

日本人が古来より桜を好む理由が
良く分かる気がします

こんにちは。

「松桜」って、珍しいでしょ。
最初は、「松葉みたいにトンガった花が咲くのかなぁ?」←まさか
「宿り木みたいに、松の樹に桜のタネが落ちて、芽吹いたのかなぁ?」←これは有り得る

って、息子の説明を聞いていろいろ考えてたんです。

実物は、桜の苗木が上に覆いかぶさった老い松を押し分けて、
生命力を感じますねぇ。

「松は千年の齢を保ち、桜は散り際が潔い」

どちらも、日本人の好みに合うんでしょうね。

ひさかたの 光のどけき 春の日に
    静心なく 花の散るらむ (紀友則)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お花見散歩(その4)御所の桜をめでながらの帰り道:

« お花見散歩(その3)茶室 拾翠亭を見学 | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2012)その3 (さくら満開の岩倉川) »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ