« 【京都バス】最近のダイヤ改正の話題から | トップページ | 【叡電】初夏の花シリーズ(2012)その5 水鏡と早苗 »

2012.06.01

【JR西】初夏の山科大カーブで貨物列車と寝台特急を撮る

五月晴れに誘われて、5月18、27日の2週に渡って、初夏の山科大カーブへ行ってきました。一回目は、疏水遊歩道から大阪方を望み、二回目は、東山トンネル出口から米原方を望んでいます。

プログは、ダイジェスト版ですので、続きを読みに
ぜひ本館へもお立ち寄りください。
*
201205jr_yamashina03_2 
試作機のEF210-901牽引の5072レ(鍋島発~東京タ行)です。横手に113系がへばり付いてますが(^^) ほとんど気になりませんね。 (11:32頃)
*
201205jr_yamashina22
27日は、日曜なのでEF66-121牽引の配給列車8865レが走りました。荷物はレール輸送用のチキ9両です。EF66では力を持て余し気味に見えます。DE10くらいがお似合いかも(笑)  (11:45頃)
*
201205jr_yamashina24
27日にもう一度出直してきたのは、この日は上りのトワイライトが走るからなのです(^^) (18日は、運休)
この日は、EF81-144の牽引でした。9両の編成もこの大カーブでは短く見えます。
*
201205jr_yamashina26
27日の5087レ。赤プレートのEF65-2070の牽引です。サンダーバード17号に混色の1818M近江今津行きと外野も賑やかです。

このところJR貨物機のEF81とEF65が次々と改番されてますね。調べると「高速で走行する列車には運転状況記録装置搭載義務化されたが、車齢の古い国鉄型機関車は、それを積まないため、識別のため改番している。」のだそうです。

安全のためには仕方ないとはいえ、高速貨物や旅客列車を引けなくなって、国鉄型機関車の出番は、ますます少なくなってきそうです。
*
201205jr_yamashina13
いよいよお待ちかねの下りのトワイライトExp.がEF81-44に引かれてカーブ上に姿を見せました。やっぱり寝台特急はいつ見ても良いですねぇ。ぼちぼち後継機種の話が出ても良い頃ですが、出来れば客車列車で続けて欲しいですね。 (12:31頃)

バックには、混色編成どうしの2828Mと1821Mがお見送りしてます。
*
プログは、ダイジェスト版ですので、続きを読みに
ぜひ本館へもお立ち寄りください。

(次回は、水鏡と早苗を行く叡電です)
**
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【京都バス】最近のダイヤ改正の話題から | トップページ | 【叡電】初夏の花シリーズ(2012)その5 水鏡と早苗 »

コメント

電車の見せ場って、カーブですよね。まっすぐの線路より、カーブは電車の全景が見れていいですね。
トワイライトは 乗ったことないけど、1度はのりたいです。そういえば、宮崎?に 寝台車をペンションにしてとこがありますよね。雑誌に出ていたけど ちょっと、いってみたいかも!

おはようございます。

さすがはなかっちょさん、JRも客荷同様、お詳しいですね。

貨物列車もこうして見ると、楽しいですね。(^^)

「トワイライト・・・」、自分にとって「あこがれの列車」です。

同列車もリニューアルはしているものの、そろそろ「後継の列車」を望みたいところですね。

113系の「抹茶」は、本当に気に食わないです。

おっしゃる通り、「ほかの案がある」かと思うのですが・・・。

EF-65・66もそろそろ見納めに近づいてきましたね。
動くホテルを牽引していた頃が懐かしく感じられます。
先月には私鉄の廃線も有って寂しい思いをしましたけども、こんな大きな機関車引き受け先も無いよね。

こんにちは

抹茶色の113系、青蛙みたいで、たしかに物足りないですね
どこもかしこも経費削減って風潮ですけど、こういうところにも影響あるとは・・・

湘南色の4連を見てると、なんとも懐かしさがこみ上げてくるので、失くすの止めて欲しいです。

こんばんは。

山科俯瞰のこの場所からは、迫力がありますね。
貨物列車を撮るのにはうってつけの場所ですね。

私も昨年、ここで日本海を撮影しました。

手前のポイントは工事中ということを聞いていましたが、やはりそうだったのですね。
ということは、こちらの奥のポイントは何かネタ列車が走ると、人が集まりすぎて危なそうな予感です。

次に日本海が走るのはお盆前後なので、ここで撮影される方も少ないから大丈夫でしょう。

東山トンネルのポイントも良さげな雰囲気ですね。
上りの日本海を狙ってみたくなります。

でも駅から遠くて、暑い中歩くのはキツそうですね

>> まぶちょんさんへ

こんにちは。

この山科大カーブを見下ろす疏水の遊歩道に立つと、
電車に興味のないひとでも思わず立ち止まって
電車がやってくるのを待ちたくなってしまいますよ。

トワイライトは、旅行好きなら一度は乗ってみたいですね。
これからの北海道は、スズランやラベンダーが満開に
なって、一年でいちばん良い季節だそうです。
金と時間が、あればなぁ

ブルトレの寝台車を使った列車ホテルは各地にありますが
最近では、熊本県のくま川鉄道の列車ホテルが新聞に
取り上げられてましたね。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

貨物列車もコンテナ化されて昔のような雑多な編成は
見られなくなりましたが、やはり何十両もつなげて
急勾配を登っていく姿は、力強く感動ものですね。

京阪快急3000さんも、ご自身のブログで紹介されてますが
JR九州が、水戸岡デザインの豪華寝台列車の運転を
発表しましたね。これを受けてJR西日本がどう動くかが
見物です。JR東日本やJR北海道ともよく協議して、
ぜひとも新型トワイライト二世の企画を実現して欲しい
ところです。

この企画にお金を回すのなら、抹茶電車での経費節減も
許しちゃいましょうね

>> 西町小さんへ

こんにちは。

EF65・EF66は、ひと頃は、「またこれかぁ」というくらい
平坦線のブルトレや貨物列車の先頭には、必ずこの機関車が
頑張ってたのに、新型機関車がどんどん開発されてかなり影が
薄くなってきました。

半日も線路脇で粘っても一台もお目にかかれないこともあります。

この先、数年のうちには鉄道博物館に保存される何台かを残して
帰らざる道へ旅立ってしまわないとも限りません。
他の国鉄型の車両とあわせて、できるだけ記録しておこうと
思ってます。

>> slowmotion さんへ

こんにちは。

一色塗りの電車は、どんな色に塗ってもなにかインパクトが
なくて面白みに欠けますね。

もちろん「色形よりも乗り心地やスピードの点で勝っておれば
スタイルにはこだわらない。」
と、いう考え方もあるでしょうが、私は、見てくれも重視したいです。

この夏も原発が再稼働しても電力事情は厳しいでしょうから
燃費の悪い古い電車は、まっさきに運転取りやめになるでしょう。
残念ですが、現実はお先真っ暗みたいです

>> kaz_eg6 さんへ

こんにちは。

実は、疏水の工事のことはまったく知らなくて、行ってから
「あぁ~~!」という感じでした。
第2ポイントは、定員3名、詰めても5人程度でしょうか?
一緒に撮影されてたひとの話では、「脚立か踏み台を持って
行かないと、ネタ車の撮影は無理ではないか?」
とのことでした。

私も、本音ではJR東の湘南新宿ライン用の二階建てグリーン
車の甲種回送を目当てで行ったのですが、ひとが増えてきて
トラブルを見るのがイヤで、そうそうに引き上げました。

もう普通の日以外は、来年の春まで行かないつもりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【JR西】初夏の山科大カーブで貨物列車と寝台特急を撮る:

« 【京都バス】最近のダイヤ改正の話題から | トップページ | 【叡電】初夏の花シリーズ(2012)その5 水鏡と早苗 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ