« 山背古道を歩いてきました。(その2) 玉川から寿宝寺へ | トップページ | 夜の下鴨神社の御手洗祭(足つけ)に行ってきました »

2012.07.27

山背古道を歩いてきました。(その3)竹取翁博物館を見学

7月15日に、南山城散策シリーズの第3弾で、山背古道・奈良街道・歌姫街道を散策してきました。
*
201107yamashiro20
寿宝寺をでて、三山木駅前の竹取翁博物館に入りました。ここは、「竹取物語の舞台は京田辺だった」という説に基づいて、竹取物語をはじめ、京田辺市、さらに全国・世界各地の民族・民芸品などが集められています。

まず入館すると、「どのていど竹取物語のことを知っていますか?」とたずねられました。

わたしは、「粗筋は知っている。その舞台は奈良か京都の乙訓かと思っていた。田辺が舞台とは知らなかった。」と答え、次に「お時間はありますか?」聞かれたので、「ぶらぶら歩いているので予定はない。」と答えました。

そうすると、「一時間程度かかりますが、ここの展示品について、説明させてください。」ということで、館長さんみずからが説明してくださることになりました。

ここからは、なかなか専門的な話や一般に言われる定説を離れた仮説も出てきます。興味のない方は、読み飛ばしてください(^^)
*
201107yamashiro23
最初に、竹取物語とはどんな話かとの解説があります。

源氏物語に「日本で最初の物語と紹介されている。」、「原本は伝わらず、成立の時期も、作者も不詳である。写本は古くて室町時代、完全なものだと安土桃山時代のものがある。」、「登場人物の五人の貴公子の名前が壬申の乱に活躍した人物らしき貴族に似ているので、時代背景は奈良時代初期ともいわれる。」

ここまでは、歴史や古典の時間で習って知っておられる方も多いでしょう。

ここから、だんだん専門的になります。

まず主人公のかぐや姫ですが、モデルは、古事記に垂仁天皇の妃としてでてくる迦具夜比売命(かぐやひめのみこと)ではないかとして、系図が掲げてあります。

姫の父は大筒木垂根王(おおつつきたりねのみこ)といって、筒状の木が竹の特性を表し、垂根も竹の根っこの様子に似ています。また筒木がこの付近の地名、綴喜(つづき)にも通じるとされています。

物語も単なるおとぎ話の粋を超えて、
・竹から生まれる異常生誕説話(外国にも竹からうまれる話はあるそうです。)、
・三ヶ月で大人になる急成長説話(これは、竹が竹の子から三月で親竹になるのをイメージしている。)、
・竹取の翁が金持ちになる致富長者説話、
・五人の貴公子に在りそうもない宝物を探しに行かせる求婚難題説話、(このエピソードが物語の見せ場でしょう.)
・天皇からも求婚も断る帝求婚説話、(玉の輿を断るなんてモッタイナイ(^^ゞ
・月の世界へ戻る昇天説話(羽衣伝説)、
・富士山名前の由来を説く地名起源説話

とあらゆる要素が揃っている、創作物語であることが展示品から説かれていきます。

ここまで読んで疲れた方は、遠慮なくエスケープしてくださいね(^^ゞ
*
201107yamashiro24
「かぐや姫の舞台が京田辺」というだけでも、かなり驚きますが、次の特設コーナーでは、「その作者はずばり弘法大師空海だ。」
として、空海の生い立ちから遣唐使として足取りなどが展示されています。

ここからは、わたしの個人的な見解ですが、五人の貴公子は天武天皇の朝廷のブレーン、つまり体制側の人間です。それを婚約の品を取りに行かせ、みな失敗して死んだり笑いものにされたりしている、つまり暗喩で体制批判を行っている藤原政権に批判的な人物の筆ではないかと思っています。

空海は、嵯峨天皇のブレーンですし、藤原氏ともそれほど粗略な関係とは思えません。筆のすさびにしろ昔物語を書くような人物には思え無いのですが・・・・・・

その他、いろいろな根拠をあげて竹取物語の舞台は京田辺説を説明していただけました。

もっとすごいのは、「邪馬台国は徳之島(鹿児島県奄美諸島)だ。」というコーナーです。

館長さんの説明では、「魏志倭人伝を読むとこういう結論になる。九州本島やまして畿内などでは決してない。」とのことです。

さらに秦の始皇帝の命令で徐福がやってきた仙人の島も徳之島だということです。

わたしは、邪馬台国については深く調べたことがないのでなんともいえませんが、なかなかユニークな説だと。感想を述べるにとどめておきます。

さらに一休寺や月読神社の大住隼人の舞など、京田辺の文化財をいろいろと説明していただきました。

この間一時間以上、ずっと立ったままの鑑賞です。最後に館長さんをはじめ学芸員さんの研究成果をまとめた本を勧められました。なかなか立派な本ですが、定価がかなり高くて(笑)、遠慮しときました。

わたしは、歴史も国文学も大好きですから、異論はあるにしても楽しく拝聴できましたが、普通の人ではちょっとお勧めしにくいようなディープな個人博物館の探訪記でした。
*
201107yamashiro21
帰りに、これから行くと面白い文化財の所在地なども教えていただきましたが、暑いので近鉄興戸駅付近の天井川だけ回りました。ここでは府道八幡木津線(歌姫街道)の前後の天井川を切り下げる工事をしてました。長い年月に高くなった堤防は、まるで小山です。水害防止の観点からは仕方ありませんが、この地方の地形の特色がまたひとつ消えていきます。
*
201107yamashiro22
天井川をくぐる電車の写真を数枚撮って、興戸駅から帰途につきました。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館

« 山背古道を歩いてきました。(その2) 玉川から寿宝寺へ | トップページ | 夜の下鴨神社の御手洗祭(足つけ)に行ってきました »

コメント

こんにちは~o(*^▽^*)o竹取の翁博物館と竹取物語について・・・面白かったです~happy01
なかっちょさんの 説明がとても分かりやすくて、楽しくさらっと文章が入ってきましたwink
この時代のお話は、とても好きなので、博物館に行って館長さんのお話を聞いてみたいところですが、たぶん、私では ちんぷんかんぷんでしょう( ´艸`)プププ
私の場合 好きなだけで 歴史に詳しいわけではないので・・・
たんに この時代を背景にした小説や漫画を読むことで楽しんでます。coldsweats01 ((w´ω`w))
また、なにかいいお話 ありましたら教えてくださいねhappy01

>> mik さんへ

こんにちは。

下手な解説を読んでいただきましてありがとうございます。
ここはなかなか骨があって、「かぐや姫」のおとぎ話を
聞きに行くつもりでいくと、えぇ~~~coldsweats02
になるかもしれません。

いまは、「あさきゆめみし」とか「からくれない」とか「おんみょうじ」
とか、アニメや劇画ドラマで、平安朝を取り上げた作品が
多いですね。

いきなり原作を読んでも、むつかしいので(笑) まずは
マンガから入っていくのは良いことだと思いますよ。

こんにちはhappy01
すごく興味深いお話でしたが、
竹取物語の舞台が京田辺とは、身近すぎて意外でした。
日差しのきつさ・・・と言うよりも、歴史の奥深さにクラクラと目眩が・・・(笑)

>> slowmotion さんへ

こんにちは。

すごいでしょ。よく個人の力でこれだけの資料を収集されたものだと
感心しました。しかも集めるだけでなく、分析されたもんです。

ここに紹介した以外にも、土蔵を改造した収蔵庫があって、
そこにもお宝がいっぱいでした。

もし行かれる時は、倒れないように気付け薬をもって
いきましょうhappy02

こんばんは。社会で習った天井川は、関東にないので、珍しい写真を見ることができました。
ありがとうございました。

>> キハ58さんへ

おはようございます。
ようこそ おいでくださいました。

天井川は、京都府の南部の木津川の流域と滋賀県の湖東地方
に特に多いです。

電車や車で通過しているだけでは、あまり気がつかないのですが、
こうやって教えてもらってからじっくりと見ると、その特徴がよく
わかりますね。

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

>> 職務経歴書さんへ

楽しんでいただけたようで、よかったです。
またお越しください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/55207939

この記事へのトラックバック一覧です: 山背古道を歩いてきました。(その3)竹取翁博物館を見学 :

« 山背古道を歩いてきました。(その2) 玉川から寿宝寺へ | トップページ | 夜の下鴨神社の御手洗祭(足つけ)に行ってきました »

フォト

アジサイ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ