« 大文字山へ登ってきました。 | トップページ | 真夏の比叡登山(その2)山の上も全然涼しく無かったです(^^ゞ »

2012.08.20

真夏の比叡登山(その1)山の上も全然涼しく無かったです(^^ゞ

8月17日は、大文字山に続いて、5月中旬以来、3ヶ月ぶりに比叡山に登ってきました。真夏にきらら坂を歩いて登ると、熱中症でぶっ倒れる のは、目に見えていそうなので、山頂まではケーブル・ロープウェイで上がり、山頂からゆるゆると下山してきました。
*
201208hiei09
比叡山観光マップ 坂本観光協会提供 http://turuya.jp/sakamoto/
*
201208hiei01
7月末の「加茂川まことちゃんを探せ」のクイズラリーから3週間。また八瀬ケーブル駅にやってきました。
http://nakkacho.cocolog-nifty.com/main/2012/08/post-1af3.html

駅に着くと、始発は9:05分。まだしばらく間があるので、駅前の八瀬公園を散策します。

駅前の池には、清流にしか生えないといわれる梅花藻が白い花を咲かせいてます。(写真左上)

盆休みも終わって、ホッと一息なのか、池のほとりの茶店も本日は休業のようです。(写真右上)

トラちゃんも、頑張ってます。いまのところ居候(笑)のようですが、駅の人にも馴れてるので、ぼちぼち制服制帽を新調して、「トラ駅長」で売り出しては、京福さん (写真左下)

発車時間が近づくにつれて、お客さんも集まりだしました。切符を買って、ホームに入ります。背景のイラストは、ケーブルのアイドルなんでしょうか? (写真右下)
*
201208hiei02

ケーブルは、約30人ほどを乗せて、山上へ向かいます。車内ではアテンダントさんの肉声で案内が入ります。離合所で1号車とすれ違います。

1号車の車内を山の自然(木や鳥など)が感じられる装飾にし、「山のケーブル」に改装する準備が行われていました。8月18日からお目見えだそうです。

知ってれば、もう1日遅く乗ればよかったです(^^ゞ (写真左上)

所要9分で、ケーブル比叡駅到着。ここでロープウェイに乗換えます。歩きだと修学院からここまで2時間半が標準タイムなので、30分経過後では、やっときらら坂の急坂を登り終えて、尾根に取り付いたぐらいでしょうから、便利なものです。 (写真右上)

ロープウェイは、3分で山頂へ運んでくれます。眼下には岩倉から鞍馬・大原方面のパノラマが広がります。 (写真左下、右下)
*

201208hiei03
まだ9時半で、ガーデンミュージアムの開園も、延暦寺行きのバスの発車も、あと30分ほどあります。お寺までバスで5分、遊歩道で30分ほどですが、今回は大比叡の三角点を通る直行コースを歩きます。 (写真左上)

山頂の駐車場から山道を数分歩くと、比叡山の大比叡の三角点(標高848.3m)に着きます。残念ながら木が茂って、展望はまったく利きません
三角点のまわりは整地されて、テレビ局や電話会社の中継所のパラボラアンテナが林立しています。麓から登ってくると、ここでお弁当という時間ですが、まだ10時にもならないので、下山開始です。 (写真右上)

しばらく杉林の中の急な道を下って行くと、智証大師円珍廟の分かれ道を過ぎ、道は九十九折れになって、やがて阿弥陀堂と法華総持院東塔の裏手へ降りてきます。ここには、お寺や信徒の方の墓地があり、縁者の方以外はあまりやってこられないので、森閑としています。 (写真左下)

延暦寺の境内に入ると、いつもながらに大勢のお参りです。「よく麓より5℃涼しい、比叡山」のキャッチフレーズを見ますが、麓が35℃の猛暑では、山上も30℃前後まで気温は上がる勘定で、日向は、ぜんぜん涼しくありません むしろお堂を巡るのに石段を上がったり降りたりしたり、エアコンの無い室のようなお堂に入って、お説教を聴いていると、汗が滝のように流れます。

写真右下は、この山道を徒歩で郵便を配って歩く郵便屋さんです。坂が急すぎたり石段だったりして、バイクや軽貨物も入れないのでしょう。ご苦労様です
:
201208hiei04
さて、本来の目的のお寺でのお盆の法要を済ませて、今日は無動寺谷を下ることにします。

ケーブル駅の展望台からの琵琶湖岸の眺めが素晴らしいです。びわ湖大橋や沖ノ島、長命寺山が見えています。でも麓まで600m以上の高低差を下るなんて、げっそりです (写真左上)

ケーブル延暦寺駅脇の無動寺参道を降り始めます。急な下りですが、道は軽自動車なら通れるほどの道幅です。 (写真右上)

10分ほど下ると弁天堂に着きます。ここは谷間なのでヒンヤリとしています。寺務所でちょっと休憩させてもらいました。事務室の窓からびわ湖の景色が見事でした。 (写真左下)

続いて、無動寺谷の本坊にあたる明王堂に参ります。ここは比叡山千日回峰行の本拠となるお堂です。

最近は、行者さんの巡拝はすこし途絶えていますが、3年ほど前まで光永(星野)大阿闍梨さまが、ここから京都市内を往復する京都大廻りの荒行に挑んでおられるのを、赤山禅院の境内でよくお見かけしました。

この日も、本堂では阿闍梨さまが護摩を焚き、信者の方が熱心に祈っておられました。比叡山東塔も、失礼ながら根本中堂の付近は、観光寺院化してますが、この無動寺谷はまだ純粋に修行の場であると感じられ、無信心な部外者がうろうろ歩いているだけで、仏罰が下りそうな気がします (写真右下)
*
201208hiei11
このお数珠は、赤山禅院でのご祈祷の際に、阿闍梨さまから頂いたものです。お寺参りには持参して、お祈りに使ってます。

次のご祈祷は、9月30日(日)の中秋の名月の日のへちま加持の予定です。
詳しくは、赤山禅院のHPへ 
http://www.sekizanzenin.com/index.html

(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 大文字山へ登ってきました。 | トップページ | 真夏の比叡登山(その2)山の上も全然涼しく無かったです(^^ゞ »

コメント

こんにちは

比叡山、いいですね!
自分もこの時季に出かけていったことありますが、
坂本ケーブルで上っても、上で歩いてるだけで汗だらけになりました。

しかも暑かったからか、根本中堂とその周辺しか覚えていません。
なかっちょさんの記事で、理解が深まりました

>> slowmotion さんへ

こんにちは。
無動寺谷は、比叡山でももっとも秘境(笑)で、山岳宗教の
面影を残しているところでしょう。

なにしろ、運よくお寺の車に便乗させてもらうのでなければ、
ケーブル駅から歩くしか交通手段がありませんから(^^ゞ

やっぱり、真夏のハイキングは体力ばかり消耗してダメ
ですねえ。涼しくなったころに今度は登りにChallengeしたいです。

  比叡山は、根本中堂が有名で、京阪電車の駅にポスター(『一隅を照らす』、のキャッチフレーズ)があったりして、何度か参詣しようと思ったのですが、自動車の料金所などがあり、そのうちと思っている間に行かずに終わってしまいました。滋賀県側の坂本とも関係が深いようですね。何度も、歴史に登場していて、いつか山頂から、京都市内と琵琶湖方面を展望したいという、あてのない希望ですが、持っています。

会社の慰安旅行で京都に 25日に 行きます
でも自由行動ないから いけないけど 比叡山行きたいです。
きっと子供のころ、いったくらいで 記憶ないんです
きれいだなぁ!心が洗われます~ ♪こういうとこ 大好きです!

坂本側の琵琶湖の展望、奥行きのある色彩感あいまってすばらしいです。7月に大津の湖畔行ったのですが、ちょうどこのなかっちょさんの風景を逆に見上げた感じですね。

おはようございます。

比叡山に登ると、いろいろな景色が楽しめるのですね。

すばらしい景色ですね。

暑い中、お疲れ様でした。

ところで、記事の文中に「ガーデンミュージアム」とありましたが、叡電の車内広告にあったものでしょうか?

>> のずちんさんへ

こんにちは。

最近は、また比叡山が見直されてきているのか、駅のポスターでも
よく見かけるようになってきました。

坂本は、比叡山の台所&居間といった位置づけで共に発展してきた
町です。石組みの外壁をもつお寺と、おソバが名物です。

やはり、春の桜の頃と秋の紅葉の頃が一番です。京都市内ほどは
混まないので、ぜひお出で下さい。

>> まぶちょんさんへ

こんにちは。

慰安旅行も間もなくですね。お昼を取られるであろうホテルも
なかなか良いお庭がありますよ。それに西陣織のアクセサリー
類も充実してます。

比叡山は、これからの秋の時期が空気も澄んできて、紅葉も
進んで行って、一番の見ごろになります。
また、折を見て出かけてみてください。

>> キハ58さんへ

こんにちは。
琵琶湖の展望は、肉眼のほうがもっときれいに見えたのですが、
写真にとると、もやが写りこんでしまって、あまりたいした絵には
なりませんでした

大津にも来られていたのですか。大津市街や三井寺の見える
展望台もあったのですが、見慣れた(笑)景色なので、写真を
撮りませんでした。

今度登った時は、鈴鹿山脈の方向を狙ってみたいですね。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

比叡山は、京阪神から手軽に行ける観光地の一つですから、
秋の涼しくなったころに、また出かけてみてください。

ガーデンミュージアムは、叡電や京阪の駅にもポスターの
貼られている「ガーデンミュージアム比叡」のことです。

おじさん世代には(笑)、比叡山頂遊園のほうがピンときます。
ここには、お化け屋敷やミニ遊技場もあって、家族連れで
賑わってました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の比叡登山(その1)山の上も全然涼しく無かったです(^^ゞ:

« 大文字山へ登ってきました。 | トップページ | 真夏の比叡登山(その2)山の上も全然涼しく無かったです(^^ゞ »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ