« 【叡電】真夏の花シリーズ(2012)その3 秋の訪れ | トップページ | 【叡電】秋の花シリーズ(2012)その1 夏と秋の同居する沿線 »

2012.09.17

【JR西・近鉄・京阪】宇治・伏見でみた電車

宇治の散策は、世界遺産の見て歩きがメインですが、もちろん(笑)電車も、目に付く都度写してます。
*
Uji10
宇治川の中の島からみた宇治橋と宇治川鉄橋。近接してるので遠くから見ると、電車と自動車が同じ橋を一緒に渡っているように見えます
*
Uji11
大吉山の山頂展望台からみた宇治橋と宇治川鉄橋。

夏場は、樹木が茂って下回りを隠すので、冬場の方がすっきりした写真が撮れるかも?
*
Uji12
鉄橋の左岸には、ユニチカの宇治工場が広がっています。かつては宇治駅から工場へ専用線が延びていました。
*
Uji13
さらに遠景を入れると巨椋池干拓地に京滋バイパスの高架がはしり西山が続いています。
*
Momoyama03
帰りは、JR奈良線を使いましたが、桃山駅の鄙びた(失礼)が気に入ったので途中下車しました。

モノクロのほうが、木造のホーム屋根や柱に似合いますね。103系も規格形の駅舎だけでなく意外とローカル線の駅にもマッチするようです。
*
Momoyama04
石組みの基礎と木造の柱は、明治の奈良鉄道時代まで遡る代物かもしれません。スレートの屋根も昔は板葺だったのかも。ホームのブロックで嵩上げされた部分は電化時に改築されたのでしょう。

歴史の古い駅ではよくみられる構造です。
*
Momoyama05
こんな記念碑がありました。

タブレット時代のこともうっすら覚えてます。京都駅にも奈良線ホームの木津方の端に事務室があって、通票閉塞器が置いてありました。DE10に引かれた貨物列車が着くと、助役さんが線路を渡ってタブレットを受け取ってました。

東福寺駅は京阪の上り線と共用ホームになってて、京阪の助役さんが国鉄の列車の発車も見送ってました。舗装されていない赤茶けたホームが印象に残ってます。

ここ桃山駅には、貨物ホームもあって伏見の清酒がタンクや瓶詰めで発送されてました。今は貨物駅のところはマンションになってます。

宇治駅の貨物ヤードは結構広くて、先端に止まっている機関車にタブレットを渡すために、助役さんが自転車で構内を走っているのを見たことがあります。腕木信号機も何本も立ってたように思います。
*
Momoyama02
夏草をかき分けるように発車していく103系。電車も背景もグリーン一色なので、回りだけ色を抜いてみました。

この駅は丘陵地にあるとはいえ、非常に静かで京都市内とは思えに無い、雰囲気の駅です。
*
Momoyama03_2
桃山丘陵を下りて、京阪観月橋から中書島へ歩きました。途中、宇治川派流運河を渡る近鉄線の下をくぐります。ちょうど京都市交の地下鉄電車が通り過ぎました。
*
Momoyama04_2
もうすこし線路に近づいたところで、ビスタカーと8000系のすれ違い風景が撮れました。
*
13001_02
近鉄線は、京阪宇治線を越えて、澱川鉄橋で宇治川を渡ります。うまくすると両線の上下の出会い風景が撮れるかも? 涼しくなったら一度挑戦してみます。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】真夏の花シリーズ(2012)その3 秋の訪れ | トップページ | 【叡電】秋の花シリーズ(2012)その1 夏と秋の同居する沿線 »

コメント

いつも楽しく拝見しています。
昨日、宇治界隈を嫁と散策しました。
嫁はんは小学校の遠足以来、自分は52年間で
初めての訪問でした。伏見界隈は酒を求めて
よく出かけますが、宇治は初めてでした。
まだまだ暑い一日でしたが帰りは「鳥せい」
で喉を潤して帰りました。
これからも楽しみにしています。

こんにちは~(o^-^o)
4枚目のお写真、好きです~
遠くの田んぼの緑と電車の緑が、
同じで、とてもきれいです。一瞬、大きな電車と小さな電車が
平行して走ってるのかと錯覚しました。

こんにちは。

1枚目のお写真ですが、最初見たとき「奈良の観光関連のラッピングの103系」に見えてしまいました。(笑)
よく見ると、電車の前に車が走っているのですね。

あと、JR桃山駅の事は、初耳でした。

それから、8枚目のお写真で、電車(103系)だけ、カラーになっていますが、何か特殊な画像加工ソフトを使用されたのでしょうか?

自分の場合、フォトショップは貯金しないと買えないのです・・・

スッゴク、素敵です。特に103系の緑色は、ユニチカや任天堂の工場・緑とマッチして堪えられません。色抜き、映画見たいですね。特殊ソフトか何かでしょうか。

>> tcw さんへ

こんにちは。いつもご覧いただいているとのこと。ありがとうございます。
たいした記事も載せてませんがこれからもよろしくお願いします。

tcwさんは、ご夫婦で散策ですか。良いですねぇ。
うちのは、嫁さんも子供も、「暑いからとか、お父さんは電車ばかり
写すからとか、クラブ活動で忙しいからから。」とかいって付いてきません

酒蔵の横を通った時は、わたしも焼き鳥で一杯とも思いましたが、
家に帰ってからのビールで我慢いたしました

>> mik さんへ

こんにちは。
そういえば、田んぼのグリーンのラインが電車に見えますね。
よく気がつきましたねぇ。

ここは、近鉄京都線が通っています。最後から3枚目と2枚目の
電車がやってきます。もし時間が合えば、手前の橋の上と、
向こうの田んぼの中の2本の電車が本当に見られるかもしれませんね。

>> 京阪快急3000さんへ

宇治橋と鉄橋の間は、数十m離れているのですが、撮影地と数百mの
距離があるので、圧縮され鉄道・道路併用橋みたいに見えてますね。

奈良観光のラッピング電車は、近鉄のは知ってますが、JRにも
あるのですね。関西線や桜井線を走っているのでしょうか?

>> キハ58さんへ

宇治線の103系は、4連なので郊外の景色に合わすのに
ちょうど良い長さですね。1・2両だと間が抜けた(笑)感じだし
10両も、15両もつないでいると、いわゆる鉛筆写真に
なってしまいますしね

画像ソフトは、フォトショップエレメントとJTrimを主に使ってます。
最初に全体をモノクロにして、後でカラー部分をかぶせて
います。

桃山駅、愛用しています。長距離の乗車券だとここまで乗れるので。
御香宮の段階で、結構丘の上にあるのではないですか。
それと桃山界隈の焼き鳥屋、10月に入りますと週末の夜は混んでしまいます。
観光客も、4枚目の写真の真ん中より少し上に写っているところで当てた人も、外した人も、みんな来るので。

>「奈良の観光関連のラッピングの103系」に見えてしまいました
見えるだけです。そんなものは存在しません。105系の「万葉の四季」なら走ってますが。
運用の関係で紀ノ川沿いをうろうろしていることもありますが。

>> なにわさんへ

JR・地下鉄にも六地蔵駅が出来ましたが、こちらはちょっとのことで
宇治市内にあるので、京都市内駅は桃山が南端ですね。

御香宮のほうから上がっていくと、それほど高いところに駅が
ある気がしないですが桃山南口側へ降りると、かなり急な坂で
標高差を実感しました。

なるほど、「畜生に他人を乗せて駆け比べ」の順位争い
の結果によっては、肴の品数が変わるわけですね

こんにちは。

俯瞰の宇治川鉄橋いいですね~

ジオラマのようにに見えます。

JR奈良線は中学生の頃大回り乗車でよく乗りましたw

その頃は105系の春日色ばかりでしたが、今は103系のうぐいす色や、221系の快速が走っているのですね。

時代の流れを感じます(といっても新型車両ではありませんがw)

桃山駅の木造の古い造りもたまりませんね。

5枚目のモノクロの中に赤いテールのお写真、素晴らしいですね。

>> kaz_eg6 さんへ

宇治川鉄橋の俯瞰いいでしょ。夏場は木の葉が生い茂って
手前を隠してしまうのが、ちょっとです。
冬場に、再訪を考えてます。

105系がいた頃の奈良線は、乗車率が一番の底でしたね。
それから、複線化や快速の増発もあって、急速に乗客が
増えてるみたいです。嵯峨野山陰線もそうですが、JRの
底力恐るべしです。

桃山の写真は、自分が一番感じたところだけをカラーに
してみました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【JR西・近鉄・京阪】宇治・伏見でみた電車:

« 【叡電】真夏の花シリーズ(2012)その3 秋の訪れ | トップページ | 【叡電】秋の花シリーズ(2012)その1 夏と秋の同居する沿線 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ